ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

浪人がつらいと思っている人に伝えたい事。

大学受験において浪人をする人って本当に多いわけなんですよね。私が通っていた高校でも浪人をする人って非常に多かったのですが、

 

浪人ってつらいんですよね。私自身も浪人をしていたのでわかるのですが、毎日がつまらなくて、毎日が闘いで、

 

どうしようもなく孤独なんですよね。だからこそ、私は浪人をした経験から浪人がつらいという人に伝えたい事があるのです。

 

 

努力は報われる

 

 

これは思う事なんですよね。努力って基本的には報われると思っているのです。浪人をしてつらい時って「今年も落ちたらどうしよう。もう精神的にも限界だし。」

 

と思ってしまう事があると思うんですよね。しかし、受験勉強ってやればやるほど、努力をすればする程、

 

合格率というものは上がります。私の経験から言って、きちんと努力をして第二志望未満になる事はほとんどないと思うんですよね。

 

だからこそ、浪人がつらいと思っても、今年がラストだと思って体力を1mmも残さずに頑張った方が良いと思うんですよね。

 

私自身、本当に浪人の時はつらい期間でした。遊んでみても、罪悪感があるし、常に時間に追われている感覚がありました。

 

そんな日々を送っていると、それだけで精神的に追い詰められてしまうんですよね。だからこそ、浪人がつらいという気持ちに関してはよくわかるのですが、

 

努力は報われるものです。社会人になれば、努力が報われてない事なんてたくさんありますが、受験勉強に関しては、

そんな事はありません。努力をした分だけ合格には確実に近づいていくのです。

関連記事:勉強が面白いと感じるためのコツは?

 

 

ストレスは勉強によってなくなる

 

 

これも思う事なんですよね。浪人がつらいと思っている時には、ストレスだってそれなりに溜まっていると思うんですよね。

 

だからこそ、浪人の時にボーリングに行ったりとか、遊びに走る人もいると思うのですが、結局はストレス解消って勉強によってでしか出来ないと思うんですよね。

 

浪人がつらいと思っている時こそ、実は勉強をした方が良かったりするのです。勉強をしないで遊んでいると、むしろそれがストレスになってしまい、

 

つらい状況から脱する事が出来なくなってしまうわけなんですよね。だからこそ、私は浪人がつらいと感じる時こそ、

 

勉強をしてストレスを解消した方が良いと思うのです。これって最初は理解出来ないと思うんですよね。勉強をする事によって、

 

つらい気持ちが強くなっていると思っている人が多いと思うのですが、そんな事はないんですよね。実際、私はつらい時に勉強をするという事を続けていると、

 

それでストレスがなくなっていくという事に気がついたのです。勉強をしているという自信があるだけで、

 

気持ちって変わってくるものなんですよね。

関連記事:浪人の時にやってはいけないこと。

 

 

大学に入ってからは楽しい事が多い

 

 

これも思っている事なんですよね。浪人の時はつらいので、「大学に行った時の自分」というものを想像出来ない人が多いと思うのですが、

大学に行った時の自分を想像する事はとても大切な事だと思うんですよね。

 

私も浪人の時にはつらかったし、大学に行った時の事なんて考える事が出来なかったのですが、浪人を経て大学に行った身として言えるのは、

 

大学生活はとても楽しいという事なんですよね。浪人をしているからといって、輪に入れないという事はありませんし、

 

大学生活程、自由なものってないんですよね。浪人の時にはつらい思いをしてしまうかもしれませんが、その先は、

 

人生でも最も自由で楽しい時間が待っているのです。遊ぶ人もいるだろうし、起業する人だっているでしょう。

 

私の友人も大学に入ってから起業して、会社を売却していました。つまり、浪人の時はつらいかもしれませんが、

 

それだけ楽しい事が待っているという事でもあるのです。

関連記事:大学受験に落ちたという人がやるべき事

 

 

やるだけやってダメなら仕方ない

 

これは思うんですよね。浪人はつらい時期なので、どうしても努力をしきれない部分がありますし、不安に感じる時だってあると思うのですが、

 

私はやるだけやってダメなのであれば、これはもうしょうがないと思うんですよね。やるだけやってダメなのであれば、

 

それは努力をしたという自信にもなりますし、結局は納得する事が出来ると思うのです。未来の事を考えたり、

 

受験で失敗した時の事を考えてしまうと、つらい気持ちになるのもわかります。しかし、大切な事は今、目の前の勉強をしっかりとやっていく事なのです。

 

やりだけやってダメならそれでしょうがないじゃないですか?努力をしてダメな事だってあります。

 

だからこそ、浪人が終わるその瞬間までは精一杯、自分が出来る努力を注ぎ込んでみたら良いと思うのです。

 

頑張った経験はその後の人生で絶対に役にたちます。私はその時のつらい気持ちが今の自分を支えているという実感を持っているのです。

関連記事:宅浪なんて成功しません。借金してでも予備校にいけ!

よく読まれている記事
関連記事だよ