仕事

息子が仕事を辞めた時に親が考えるべき事。

息子が仕事を辞めた親って結構多いと思うんですよね。親は息子がいつまでも心配なものなんですよね。

 

どれだけ年齢が上がっていっても、どれだけしっかりとした息子になっていても、心配なものですよね?

たとえそれが22歳の新卒だったとしても、40歳の中堅だったとしてもね。息子は息子なんですよ。

だからこそ、息子が仕事を辞めたとなれば、それだけで「この子の人生はどうなってしまうのだろうか?」と思ってしまう人もいると思うんですよね。

私も実際に仕事を辞めて、親に大きな心配をかけてしまったタイプの人間です。だからわかるんですよ。どっちの気持ちも。

だからこそ、「息子が仕事を辞めた」と悲観的になっている親御さんたちへ伝えたいことがあるんです。

 

息子は考えた末に決断している

 

息子が仕事を辞めたとなると、親としては「何で1つの仕事を最後までやり遂げないの?しっかり考えたの?」と思ってしまうものだと思うんですよね。

しかしながら、息子としてはしっかりと考えた上で仕事を辞めた場合が多いんですよね。

息子というものは親には本当に姿を見せないものです。親には心配をかけたくないものですし、親にはそれなりにしっかりとした息子だと思われたいわけです。

だってさ、私もそうだけど、「親に認められたい」という気持ちを持っているものだから。

 

だからこそ、親には考えているところとか、悩んでいるところを見せないんですよね。

しかし、親としては息子が仕事を辞めたとなると、心配になってしまうものなのです。

ただ、そこで考えるべき事は「息子はしっかりと考えた上で行動している」という点です。

 

息子なりに悩んで苦しんで、踠いて、そして決断をしているわけなんですよね。だからこそ、息子が仕事を辞めたからといって、責めるのではなく、

 

認めてあげる事が大切だと思うのです。

会社が終わって、外はもう暗くなっていた。当時の私も会社からの帰り道、「ああ、俺は何をやっているのだろうか」と鬱屈とした気持ちを持ちながら、歩いていました。

なんでこの会社に入ってしまったのだろうか」と、たった1つ夜道を照らしていた自動販売機の前で、ただただ自分を責めていた。でも、そんな私の行動や気持ちは、親には伝わっていなかったんじゃないかなあ、と思う。

だって、息子は親の前で「強い人間でいたい」と思っているから。でもね、本当はつらかったし、考えた末に決断しているんですよね。

そこを理解してあげて欲しい。

関連記事:社畜あるある。夢の社会人生活はこんなはずじゃなかった。

 

親が圧迫すると最悪の事になる場合もある

 

親は息子が仕事を辞めたとなると心配になってしまうものなので、「この先の生活はどうするの?うちにはお金はないよ?」等と言ってしまうものなんですよね。

まさかニートのまま生きていこうとしているんじゃないだろうね?」なんて心配になるのです。

しかしながら、それをやってしまうと、息子的には精神的にかなり追い詰められてしまうものなんですよね。

 

息子はどれだけ適当に生きているように見えても、親の意見はしっかりと心の中に残っているものなんですよね。

手についた魚の臭いみたいに、洗っても洗っても取れない。息子にとって、親の意見って大きなものなんですよ。

 

息子は仕事を辞めたとなると、そこに罪悪感を多少なりとも感じるものですし、それだけプレッシャーを感じるものなんですよね。

 

そんな時に、唯一無二の味方である親が圧力を加えると、どこにも居場所がなくなってしまい、最悪の事態になってしまう事だってあるんですよね。

私もあの時、「なんで会社辞めるの?人として恥ずかしくないの?」みたいなことを言われていたら、どうなっていたのだろう、と考えることがあります。

 

子供がプレッシャーの中で亡くなってしまったら、親としては一番悲しいと思うんですよね。親よりも子供が先に死ぬような事ほど、辛い事ってないわけですし、

 

もしもそういった事になってしまったら、後で後悔してしまうと思うんですよね。だからこそ、息子が仕事を辞めた時には、

 

しっかりと味方でいてあげる事が大切だと思うのです。

関連記事:承認欲求が強すぎると人生損をする

 

 

自分の得意な事を仕事にした方が良い

 

息子が仕事を辞めた時には不安を感じると思いますし、1度始めた仕事はしっかりとやるべきだと思っている人が多いのですが、

 

私はそんな事ないと思うんですよね。自分が得意な事を仕事をしていないって実は多いわけですし、実際、それでも我慢している人が多いのですが、

 

自分が得意な事を仕事にしないと、ストレスになってしまうと思うんですよね。上司から怒られた時にも、自分が得意な仕事であれば、

 

この上司は大嫌いだし、ぶん殴ってやりたい。でも、頑張ろう」という気持ちにもなりますし、実際そういった人が多かったんですよね。例えば、私の場合だと事務処理がとても苦手なんですよね。

 

反対に得意なのは新しいアイディアを出して実行していく事です。つまり、私が事務系の職種についてしまうと、

 

絶対に会社内では低い地位のままで終わってしまうのです。いや、もうね、たぶん1週間もしない内に病む。

こういった得意な事ってそれぞれにあるものです。

 

アニメが好きならばアニメ系の仕事をすれば良いと思うし、映像編集が好きなら映像編集の仕事をした方が良いのです。

 

息子が仕事を辞めたという事は、次の仕事では今回の退職から学んだ事を土台にして働く事が出来るという事。

 

だからこそ、息子が仕事を辞めた事をポジティブに捉えて欲しいのです。得意な事を探している過程に息子がいる時こそ、

 

家族が見守ってあげる必要があるのです。

関連記事:母親がしんどい人が影響されてしまう事

 

親の見えないところで苦しんでいる子供

 

息子が仕事を辞めた時には親だって不安になるものですよね。今考えると、うちの親も不安だったのかな。

でもね、息子は息子で考えている事があるんですよね。そして、それは親に言わない場合だってあるという事です。

 

親としては息子が仕事を辞めた事にショックを受けてしまい、不安になってしまう事もあるかもしれませんが、

 

本当に不安なのは、仕事を辞めた息子の方です。私も仕事を辞めた直後、独立したのですが、その時は「朝の7時」くらいかな。それくらいから「夜の12時」まで仕事をしていました。

3ヶ月くらい続けた時に吐き気がしたなあ……。

それくらい不安だったんでしょうね。命がけだったんでしょうね。何者でもない、無所属の自分と闘っていたような気がします。

だからこそ、暖かく見守る事が大切になってくると思うのです。

息子が仕事を辞めた時に、「辞められて良かったね」なんて優しい言葉をかけるのは難しい事なのかもしれない。

 

もしかしたら一生ニートになってしまうのかな?」と仕事を辞めた息子に対して不安を感じてしまう親だっているでしょうね。

 

でも、息子が仕事を辞めた時には、本当に色々な事を考えているものなんですよ。心の中がぐちゃぐちゃになっているんです。

不安な気持ちを少しでも解消してあげてください。

長期的に見れば、それが1番良いのですから。

関連記事:親の離婚が子供に与える影響について

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。