就活の悩みを語る

内定先自慢?大事なのは何がやりたいか?ということ

内的先について就職活動の時期だと話す事が多いかと思います。すると、自分の内定先がどこか?ということで上下が出てくることもありますよね?

上場企業だと凄いとかってシンプルにあるとは思います。

 

でもそれって本当に正しいのでしょうか?

私はそうではないと思います。大切なのは自分が何をやりたいのか?ということなのです。

内定先を自慢しあうのなんてやめてしまいましょう。

 

 

大企業だから良いというわけではない

 

大企業に内定が決まると皆さんは嬉しいですか?たぶん嬉しいですよね?そして友人と内定先について話す時には少し得意になったりするものです。

でも、大企業だから良い!っていう考え方は古いです。

私もかつては大企業にいたわけですが、悪いところってやっぱりたくさんありましたよ!

 

・プライドが高い

 

大企業にいるひとってプライドが高いんですよ本当に!

 

電車の中でも社員証を胸ポケットに入れているひととか見た事ありませんか?あんなのはもう完全にプライドです笑

結構電車で社員証とかって目立つものでみんなが見るんです。でもそれってかっこいいですか?笑

私は全然かっこいいと思わないです。笑

大企業が一概に悪いとは言いませんよ。だって福利厚生とかを考えたら明らかに大企業の方がいいですからね。

でも、このプライドの高さはもう異常なほどでしたから、大企業にいこうとしているひとは気をつけましょう。

 

・思考が停止している

 

大企業だからというよりもこれはホワイト企業、独占的な企業に多いような気がします。

大企業というのはその名前だけでかなりの力を持っています。だからこそ、営業をするときも会社の名前がかなりきいてくるんですよ。

 

さらに独占的な企業であればなおさらですよね。だって、自分のところしかほぼやっていないものですから、営業してもどんどんとれるわけ。

私が以前所属していた会社もそうでした。独占的な企業だったので、それはそれはお金をたくさん持っていました。でもそうすると、社員ってだんだんと機械みたいになってくるんですよね。

どうすればもっとよくなるのだろう?とかそういうことを考えななってしまうのです。

 

このように大企業だからといって良いわけではありません。大企業ってこういう体質が根本にあるからこそ、機動性があまりないです。

だからこそ、色んな分野でベンチャーが活躍してきているのだと思いますよ。ネットテレビだってそうです。

 

本来はもっと早く迅速に、そして斬新に動かなければいけないテレビ局は動くのは本当に遅かったですよね。

こういう体質って将来的にはもっと大きな差になってきます。昔は大企業の代名詞だったシャープだっていまでは東証二部に格下げですよ?

そんなことが当たり前に起こってしまうのです。にも関わらず、ただ大きいというだけで誇りに思っていたらきっとその企業は潰れてしまいます。

 

就職人気ランキングの上位にいった企業はそのうち衰退していく企業って言われているのもなんとなくわかりますよね!

関連記事:就活をさっさと終わらせるコツ

 

 

 

内定先自慢をする人は実は臆病?

 

 

これは言える事だと思いますね。内定先を自慢する人って実は「就活が不安で不安で仕方なかった」という人なんですよね。

 

就活をしている時に不安であればあったほど、内定先を自慢自慢してしまうという特徴を持っているのです。

就活って不安なものですよね。

 

だからこそ、内定自慢をしてしまう人がいるのだと思います。そして、それに苛立ってしまう人だっているんですよね。

 

でも、内定を自慢したり、内定先を自慢する人って実は臆病な人だったりするのです。そこらへんをわかっていれば、

自慢してくる人に対して苛立つ事もなくなるでしょうし、大きな心で見る事ができるようになると思います。

関連記事:就活はなんとかなる、くらいの気持ちが大事

 

 

やりたい仕事ではないけど、給料は高い?

 

人間って自分が置かれている状況をどうにかして肯定的に捉えようとするものです。だから、もしもあまり入りたくもない企業に入ってしまった場合でも「給料が良いから!」とか言って正当化しようとします。

でも、そもそもそんなもの比べる必要なんてまったくないんですよ。自分のやりたいことって自分にしか理解出来ない事だと思います。

 

だからこそ、自分がする決断や選択というものも他人と比べるようなものではありません!

 

また、もしも自分が相手の立場(内定無し)だったらどう思いますか?きっととても辛いですよね?

内定をもらっていないときとか内定があってもあまり良い噂を聞かないような企業だった場合って本人はとても不安なんですよ。

 

 

そういうひとにそんな比較論を繰り広げてもなにも意味がありません。自分の決断は勝手に自分で自信を持つようにしましょう。

 

そんなこんなで今回は内定先を自慢するということについて書きました。ほんとに他人と自分の内定先を比較してしまうひとって多いです。

私の友人でも何人もいましたよ!でも、大事なところってそこではないと思うんですよね。

関連記事:就活をめんどくさいと思うのが普通だと思う。 

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。