ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

ネットで中傷的なことを書き込む人の心理と対処法

最近はSNSを使っていない人の方が珍しいくらい、多くの人が日常的にSNSを使っていると思います。

 

スマートフォンの普及によっていつでもネットを持ち運びできるようになった私たちは

簡単に自分の意見をネット上で不特定多数の人に発信できるようになりました。

 

有名人でなくても、拡散力さえあれば、自分の意見が全世界に発信される、ということが可能になってきたわけです。

 

しかしそこで同時に生まれてしまったのが「ネット上における他人の誹謗中傷」というものです。

 

思ったことを簡単に発信できるようになってしまった。

これは良い側面がある反面悪い側面も持つようになってしまいました。

 

人間には負の感情も存在しますから、なんでも言えるような場で、マイナス表現が生まれてしまうのは必然的なことだったのでしょう。

 

しかし最近はこういった中傷的なコメントばかりをネット上で触れ回る人も増えてきています。

 

自分の意見を誰に向けて、というわけでなく楽しく発信していたのに、

そういった人たちの中傷的なコメントに傷ついた事がある人も少なくはないでしょう。

 

今回はネット上で中傷的なコメントを書き込む人の心理について書いてみたいと思います。

 

自分に自信がない

 

人に対して中傷的なコメントを書く人は、自分に自信がない人が多いです。

 

他人の意見を自分に言われたように勘違いしてしまう人も多いようです。

いつも自分が気にしていること、引け目に感じていることがあって、それを指摘されたかのように勘違いしてしまうんですね。

 

ネット上で意見を述べている人にはこういった自信のない人からの中傷的なコメントが届く確率がどうしても高くなります。

その意見に対して反論しないと、自分の名誉が傷つけられたかように感じてしまうからなのです。

 

自分に自信がある人なら

自分の考えとは異なる意見をネット上で見かけても、「きっとこの人はこの考え方なんだろうな」という思いは抱いても

わざわざ自分の大切な時間を割いて、言葉を考えてコメント書き込んだりしないはずなんんですね。

 

言ってみればネット上で意見をすることには何の意味もありませんし効果がありません。

 

発信することはフォロワーを増やしたり、自分の拡散力を上げるための行動と言えますが、

中傷的なコメントを書いたからといって、それはその人に対する個人的な発信にすぎないので

そこからフォロワーが増えたり、拡散力が飛躍的に上がったり、ということはあまりないわけです。

 

つまりわざわざ中傷的なコメントを書き込むというのは、完全なる自己顕示欲でしかないんですね。

それは自分に自信がないからこそ、やってしまうことなのだと思います。

関連記事:自分に自信が持てないときに試してみよう

 

自分の意見を押し付けたがる

 

中傷的なコメントをわざわざ書き込んでくる人は、自分の意見に共感してほしい

同じように感じてほしいという自己承認欲求からそういった行動をしてしまう人が多いです。

 

自分がいることを気づいてほしい

自分がもっと他の良い意見を持っているということを賞賛して欲しい

 

そういった気持ちから他のコメントより目立つために中傷的なコメントを書き込んでしまう人もいるのです。

 

こういった人は目立ちたがり屋であったり、自己承認欲求がとても高い人です。

関連記事:承認欲求が強すぎると人生損をする

 

嫉妬

 

SNSで幸せそうな人のコメントを見かけると妬ましい気持ちになってイライラする、という人が今、少なからずいるようです。

 

自分の生活に満足できていなかったり、他人と自分をいつも比べてしまう人はこういった嫉妬の気持ちから

ネット上で中傷的なコメントを書いてしまうんですね。

 

しかしこういった場合はこちらが発信を控えることはばかばかしいです。

こういった人にネットリテラシーがなく、目に映るもの全てが自分よりも輝いているもののように見えてしまうのでしょう。

 

これはネット上に限ったことではなく、日常生活でも同じことが言えると思います。

ひがみっぽい人はどこに行ってもいるものですよね。

 

ネット弁慶になる分、その中傷的な声が大きくなる、というだけでしょう。

 

自分の生活に満足が言っていない人の悲しい行動だと思います。

関連記事:他人と比較しない生き方。

 

多様性がない

 

ネットで中傷的なコメントを書く人は人の意見を認めることができない人とも言えます。

 

自分が正しいと常に思い込んでいて、

それ以外の意見を認めることができない、自分自身も成長することができない人なのでしょう。

 

そういった人は全て自分の思い通りにならないと嫌だと感じてしまう人であり

中傷的なコメントを受けてやりとりをしたところで会話が平行線を辿ってしまうだけです。

 

こちらが寛容になって「そういう意見もあるんだな」と思い、そっとしておくのが一番でしょう。

関連記事:ストーカー癖のある男には特徴があったのだ。

 

正しい対処法は?

 

ネット上で中傷的なコメントをされた場合は

基本的には感情的に取り合うのはNGです。

 

冷静にコメントを返すか、面倒ならコメントを返さないのが一番良いでしょう。

コメント返しが続いてしまってさらに面倒な事態になることもあります。

 

そして中傷的なコメントを何度もされるようなら、警察に相談するのも手です。

名誉毀損などの罪で訴えることも可能です。

 

気にならないようなら火に油を注がず、そっとブロックやミュートをしてしまうのが一番良いかと思います。

関連記事:嫌われる事が怖いなんて馬鹿げている。

 

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ