肉体改造

経営者はなぜか筋トレをしている人が多い。

世の中には筋トレをしている人ってたくさんいると思うのですが、私の経験上、なぜか経営者は筋トレをしている人が多いと思うんですよね。

 

では、なぜ経営者は筋トレをしている人が多いのでしょうか?現役経営者の私が書いてみるよ。

不安がなくなる

 

私も経営に携わる身なので思う事なのですが、経営をしていると、不安な事ってあると思うんですよね。

 

業績が下がっているけど、どうすれば良いのか?」という不安で押しつぶされそうになる経営者だって実はたくさんいると思うんですよ。

周りからは強そうに見えるかもしれないけど、社長だって普通の人間ですからね。ストレスで死にそうになる時くらいだってあるんですよ。

私も無借金経営でやってきているわけじゃなく、昔からずっと借金を背負って経営してきています。

だから、やっぱり不安になったり、精神的に安定しない時だってあるんですよ……。

 

そんな時に効果があるのが、筋トレだと思うんですよね。筋トレをする事によって、セロトニンの分泌がされるという事は事実だしね。科学ですよ、科学。

筋トレの強度や筋肉量には関係なく、筋トレをすれば、不安障害やうつ病が改善される。

筋トレをすると、実際に不安がなくなるという経験をしている人ってたくさんいると思うんですよ。

経営者は不安を抱える職業としては、一番だと思います。

だからこそ、自分の中の不安とどうやって向き合っていくのか?という事が重要になってくるんですよね。

 

不安を取り払う手段として経営者が筋トレを選択するからこそ、経営者には筋トレをする人が多いのではないか?と思っているのです。

関連記事:経営者は悩みが尽きないものです。

信頼感が生まれる

 

皆さんはヒョロヒョロの経営者と筋肉がしっかりとついている経営者だったら、どちらの方が信頼出来ると思いますか?

これって後者の方が圧倒的に多いと思うんですよね。

 

仕事が出来そうな人って実は筋トレをしっかりとしている場合が多いんですよね。経営者の場合は、いかに相手から信頼してもらう事が出来るのか?

 

という事が大切です。だからこそ、経営者は筋トレをするわけなんですよね。週に1回でも筋トレをすれば、

 

それだけである程度の筋肉ってつくものなんですよね。50代からは急激に筋肉も衰えるわけだし、経営者のコア層である「50代」なんかは特に筋トレをやっている人が多いんじゃないかな。

 

皆さんも、周りで「この人は仕事が出来そう」と思う人を思い浮かべてみてください。きっと筋トレをしている筋肉が適度についた人だと思うのです。

関連記事:フリーランスになるデメリットって何だろう?

 

 

結果がしっかり出るため自信になる

 

経営者というものは、日々失敗と闘っているものなんですよね。経営者って意外と不安を抱えているものでして、

 

失敗を繰り返してしまうと、それだけ自信がなくなってしまうものなのです。新規事業に投資したところで、それが失敗に終わってしまうこともある。

だからといって、誰かに相談できるわけでもない。

 

だからこそ、そんな時に筋トレが重要になってくるのです。筋トレってビジネスと違って不確実性がないものなんですよね。

 

筋トレをすればする程、身体には筋肉がついてくるものですし、それだけ結果を出す事ができ、かつそれを見る事が出来るわけなんですよね。

明確な結果を残すことができるのですよ。不確実性の中で生きているからこそ、確実性を求める。

経営者には自信というものが絶対的に必要なものなのですが、それをビジネス以外で獲得出来るからこそ、経営者は筋トレをするのです。

関連記事:フリーランスの仕事探しはどうすれば良いのか?

頭をからっぽにする事が出来る

 

経営者というものは基本的に、常にビジネスの事を考えているんですよね。もちろん、それは経営者としては良い事ではあるのですが、

 

精神的には辛い時もあると思うんですよね。だからこそ、そんな時に経営者にとっては筋トレが良いのです。

 

筋トレをしている人であれば、わかると思うのですが、筋トレをしている時ってマイナスな感情を持つ事が出来ないわけなんですよね。

 

どれだけ経営的に問題がある時でも、その不安を一時的にでも忘れる事が出来るのが筋トレだと思うのです。

 

こういった時間がある事によって、また新しい気持ちで経営をする事が出来るわけですし、実は大切な事だと思うんですよね。

 

頭の中を一度空っぽにするという事は経営者だけではなく、サラリーマンの方にも必要な事だと思います。

 

筋トレをする時間がないという人もたくさんいると思いますが、時間は作るものです。いつもより早めに退社して、

 

筋トレをするというのも悪い事ではないと思いますよ。

 

最近はRIZAP 等のパーソナルトレーナー付きのジムも増えてきたので、こういったところを利用してみても良いと思うんですよね。

ジムに通い始めたので、感じたことを書いてみる。という記事でも書いているけど、私もジムに通うようになりました。家で筋トレをすることもできるのだけど、それだけじゃ物足りなくて……。

 

経営者が筋トレをする理由を考えると、やってみても良いと思うのです。

関連記事:イライラの原因と解消法

もっと筋トレしよっと

 

経営者が筋トレをするのには理由があるわけなんですよね。それは精神的な面を考えても、肉体的な面を考えても、

 

ビジネスにおいて有利になるからなのです。

 

社会人になってしまうと、筋トレって中々やらなくなってしまうものかもしれませんが、

経営者がなぜ筋トレをするのか?という理由から学び、筋トレをしてみても良いと思うのです。

いや、本当にね筋トレって大事よ。「何目指してんだよ、お前w」とかって笑っている暇があったら筋トレするべきです、本当に。

私自身、前までは全然筋トレをしていなかったんです……。食べてばかりであまり筋トレができていない事もあって、

贅肉がだんだんとついてきてしまっていました。ひたすらデブ道を真っ直ぐ走ってきたような気がします。

肝臓の値だって悪かったしね。AST(GOT)、ALT(GPT)の値が脂肪肝によって悪くなってしまっていたのです。所謂、「NASH(非アルコール性脂肪肝炎)」というやつ。

 

経営者って本当に筋トレをしている人が多いように思う。

 

最近のIT起業家とかは別かもしれませんが、たくさんの会社を回り、営業活動をしている経営者だったら筋トレをしている人が多いかなあ。

筋トレって大事なんですよ。経営者なのにぶよぶよな身体をしていたら、信用がないし、精神と肉体的にも良くない。

私のようにどこかのタイミングで身体が言うことを聞かなくなってしまうのです。

関連記事:経営者になるのに必要な資質とはなんだろう?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。