ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

社会人が辛いと思うのであれば、環境を変えた方が良い。

学生の時って仕事といっても、やるとしたらアルバイトくらいなものですよね?フリーランスとして活動していたという人も中にはいると思いますが、

 

ほとんどの人はそうではないはずです。そのため、社会人になると、辛いと思ってしまう人がいる事って当然の事だと思うんですよね。

 

しかし、社会人が辛いと思うのであれば、環境を変える事も大切な事だと思うのです。

 

 

社会人になると途端に時間はなくなるもの

 

これはありますよね。そもそも何が辛いのか?というと、自分の時間がなくなってしまう事だと思うんですよね。

 

学生の時には、あんなに暇を持て余していたのに、社会人になると、自分の時間がなくなってしまうわけなんですよね。

 

だからこそ、社会人になると辛いと思ってしまう人が多いと思うんですよね。自分の時間がないという不自由さって私も味わったのですが、

 

実際辛いものがあるんですよね。朝から夕方、あるいは夜まで週に5日も働くという事は普通に考えたら辛い事ですよね。

 

学校とかだと、そんな事もなかったじゃないですか?授業に出たくないと思ったら別に出なくても良かったと思いますし、

 

自由な時間がたくさんあったわけなんですよね。社会人になって、時間がないため辛いと思う事は当然の事なのです。

 

私も社会人としてサラリーマンをやっていた時には、「遊べる時間なんてほとんどないじゃん」と思ったものです。

 

華金という言葉がありますが、本当に金曜日と土曜日くらいしか遊ぶ事が出来ないという人がほとんどだと思うのです。

関連記事:自分の長所を診断する事は転職において大切なのか?

 

 

辛い事を我慢する事は社会人として当然の事ではない

 

 

これは思う事なんですよね。社会人として働くのが辛いという人っていると思うのですが、それを親とか友人に言うと、

 

「社会人が辛いのなんて当たり前だろ。それでも頑張れよ。」と言われると思うんですよね。ただ、私は本当にそうなのかな?と思うんですよね。

 

社会人が辛いという状態の時って精神的にもかなりきている時があるんですよね。私も前職ではサラリーマンをやっていた時もあるのでわかるのですが、

社会人が辛いと思っている人にとっては、会社というものは思っている以上に辛い場所なんですよね。

 

日曜日になると、「また明日から会社なんて行けるのかな?」と思ったものです。だからこそ、社会人が辛いと思っている時に、

 

「頑張れ」と言われても、辛いだけだと思うんですよね。辛いと思う事を我慢する事が美しいとされる今の世の中ですが、

 

本当はそんな事はないと思うんですよね。辛い時には辛いと思って逃げてしまっても良いと思うのです。もちろん、

 

リスクはありますよ。でも、社会人が辛いと思いながら、ずっと我慢していても、最終的にもっと精神的にひどい状態になってしまう事だってあるんですよね。

 

私の友人にも社会人が辛くて、最悪のパターンを考えている人っていたんですよね。辛い事を我慢するという事は時として危険な場合もあるのです。

関連記事:会社を辞めたい?おすすめ転職サービス

 

 

環境が合っていない場合も多い

 

 

これは思う事なんですよね。社会人が辛いと思う時って「自分がいけないんだ」と思ってしまう事が多いと思うのですが、

 

実はそうではない事も多いんですよね。実際、職場環境が良くなかったりして、社会人が辛いと感じている人だっているのです。

 

職場の雰囲気とかって職場によって全然違うものなんですよね。業界によっても全然違いますし。だからこそ、

 

社会人が辛いと思うのであれば、転職をするという選択肢を考えてみるのもありじゃないかな?と思うんですよね。

 

ハタラクティブ とかであれば、第二新卒の転職に強いわけですし、キャリコネ とかを使えば企業の口コミがわかるので、

 

実際どんな職場でどんな雰囲気で、どんな仕事をしているのか?という事がわかるわけです。

 

ブラック企業かどうか?という事だって判断する事が出来るようになるんですよね。

 

また、グッドポイント診断とかを使ってみると、自分の性格を診断する事も可能なので、こういったものを使って、適切な職場を探すのも手段の1つですね。

私の場合には「独創性」等の特徴が出ました。

 

社会人が辛いと感じるのは、別に精神的に弱いからではないのです。単純にいるべき場所が他にある時もあるからこそ、

 

辛いと感じるだけという事もあるんですよ。

 

 

社会人が辛いと感じているその感情こそが実は大切なものです。その感情を大切にしてください。そして、環境は変えても良いものだという認識をつけるようにしましょう。

 

 

生きる場所を選ぶのは自分自身なのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

よく読まれている記事
関連記事だよ