恋愛と私

【モテ女子】男性に上手に奢られる方法

【モテ女子】
男性に上手に奢られる方法

 

最初に言っとくんですけど
男子におごってもらって当たり前、って考え方の人、苦手です。

 

なぜか女子っていうだけで
男性より偉いみたいに思ってる人いますけど
要はついてるもんがついてるかついてないかの違いですから。

同じ人間なのになんでそこまで男性が尽くさなきゃいけないんだろう?

って疑問に思いながら生きてます。

 

でもこれはもちろん相手が好きな人の場合ですね。

 

仕事だったり
先輩の誘いだったり
付き合いでご飯に行ったりすることあるじゃないですか。

そういう時はおごって欲しいです。

 

使える武器は使っとけ。

狡猾に生きてます。

 

気持ちよく奢ってもらうには?

 

仕事上、男性のクライアントや先輩に奢ってもらう機会が多かったんですが、そうするとやっぱり考えるんですね。

 

嫌味なく奢って貰うにはどうすれば良いんだろう?って。笑

 

とてもいやらしい話になってしまいますが、
クライアントとかだと特に、こっちが払うのも失礼に当たる時があるんですよ。

 

 

でもクライアントですからね。

これからもお仕事一緒にしていきたいし、
そういう人間味が出るところで上手な関係性を作ることができれば
次の仕事につながっていくと思うんです。

 

今まで私がやってきた相手に気持ちよく奢ってもらうための方法を紹介します。

どう考えても相手が出す場面な時です。

 

仕事等の場合

 

 

皆さんにも仕事でご飯を奢ってもらう時ってあると思うんですよね。そういった時には奢ってもらいたいと思ってしまうものですよね。

しかしながら、奢られるという事に慣れていない人だと、奢られた時に困ってしまうと思うんですよね。どのようにすれば良いのか?

 

どんな行動をとれば良いのか?迷ってしまう事だってあると思うんですよね。まずは、そんな仕事での付き合いにおける奢りについて書いていきたいと思います。

 

 

「すみません」ではなく
「ありがとう、美味しかった」

 

これはいろんな場面で日本人に言えることなんですが、

なぜか日本人って相手がしてくれたことに対して「すみません」とか「ごめんなさい」って言う癖があると思います。

 

奢ってもらったのに「すみません」って言ったら失礼じゃないですか?

 

相手だってすみません、って恐縮されるよりも

ありがとうございます!って元気に言ってくれた方が嬉しいと思います。

 

少なくとも私は誰かに食事をご馳走するときは
「ありがとう!」って言われた方が嬉しいです。

自分が奢ってあげる時の気持ちも一緒にソウゾウしてみてくださいね。

 

そしてそこに「美味しかった」って言う笑顔があるともっと嬉しいです。

 

奢ってあげるのってお金を出したいからじゃなくて
満足感や幸福感を相手にプレゼントしたいからだと思うんです。

だから「ご馳走してもらった食事がすっごく美味しかった!」

っていうことを伝えられたら、奢る方も気分が良いと思うんですね。

関連記事:【男女共通】モテる話し方とは

 

財布を出すのはNG

 

昔すっごい偉い人にお食事に誘われた時財布を出してしまったことがありました。

笑われました。

 

「出しますよハハハッ」

って。

 

今考えるとあんな偉い人がお食事に誘ってくれたのに、私何をしてるんだ。
と思いますが。

優しい人でよかったです。

 

偉い人はスマートにお会計を済ませますからね。

お会計が済んだタイミングでご馳走さまですが元気な声で言えると良いと思います。

関連記事:出会いがない社会人はどうやって結婚する?

 

奢られ上手は誘われ上手

 

簡単なことで当たり前のことしか書いていないですが、意外とこれができない人が多いです。

 

ここまでの本当に簡単な話を実践してみると
次もまた誘ってくれます。

 

そして誘いやすさをさらに高めるためにおすすめなのが
一番好きなものをアピールすることです。

 

私は焼肉が好きなので
何が食べたい?って言われたらだいたい「焼肉」って言います。

 

でも一番好きなものがわかってるとお店も探しやすいし

もっといえば

美味しい焼肉屋さんを見つけたときに私のことを思い出してくれるようになるんですね。

 

そうすると「今日食べた焼肉屋さんが美味しかったから今度行きましょう」っていう話になったりするわけです。

 

ちなみに私くらいアピールがすごくなってくるとさらに
「どこそこ駅の近くで美味しい焼肉屋さん知りませんか?」
っていう連絡が来たりします。

 

「何食べたい?」って聞いて気を遣ってるんだかなんだか知らないけど「なんでも!」っていう人結構いますよね。

誘う側はそれが一番困るんですよ!

 

「〇〇!」

って明示してくれるのが一番よいのです。

 

そもそも「なんでもいい」って
たとえ気を遣ってるんだったとしても捉え方によっては
考えることを放棄してますからね。

答える時はそんなつもりなくても
相手を困らせてることあるんですよ。

 

 

 

さてここからが本番ですね?

 

相手が意中の相手だったり、
仲良しの男性だった場合のことを話します。

 

ちなみに今まで話してきた相手が目上だということがはっきりしている場合の方法はこちらにも該当するものが多いのでぜひ使ってくださいね。

 

「美味しかった!」って可愛い笑顔と大きな声で言うこと。

 

女の子の笑顔は最強の武器です。

関連記事:コミュ障でも新しい出会いをつかむ3つの方法

 

 

好きな人の場合

 

 

皆さんには仕事だけではなく、好きな人に奢ってもらうという場合だってあると思うんですよね。では、その時にはどうすれば良いのでしょうか?

 

相手と良好な関係性を築いていくためにはどういった行動をとれば良いのでしょうか?そんな事について書いていきたいと思います。

 

あくまで割り勘前提

 

奢ってもらう気満々なのはよくないです。

 

もちろんそれが許されるくらい気心知れた間柄であるなら問題はないんですが。

なので相手がとんでもなく偉い人とか、クライアントでない限りは財布は出しましょう。

 

お金は出すべきです。

 

男性の友達が女の子とデートに行って財布出されなかったときガン萎えした〜って言ってました。

関連記事:彼氏が欲しい社会人は何をすれば良い?

 

「次来れなくなっちゃうから」

 

この台詞使えます。

「今日は奢るよ!」

って言われたら、

「いやいや!次誘いづらくなっちゃうじゃん!」

って言います。

 

そうすると

また食事行きたいと思ってることも伝わるし
一石二鳥なんですね!

関連記事:B型の女性が恋愛する時のありがちなパターン

 

2軒目で払う

 

時間が結構あって、2軒目行こう、ってなってる場合は
「じゃぁ次のお店は私が払うね!」
と、お会計時に言うといいです。

 

2軒目は値段もかなり安くなるし
全部奢ってもらうわけじゃないからこっちも気が楽ですね。

向こうだって気が楽だと思います。

 

まぁそういって2軒目も奢ってくれる人もいますけど。

 

いかがでしたでしょうか?

コツはやっぱり

次回を意識する

ということです。

なぜか男性の方が女性に多くお金を出す風潮があって
この風潮自体に私は疑問を感じるんですが。

しかしおごってくれるってことは少なくともおごりたいって思ってくれてるってことなので

相手の気持ちを大事にしてあげてください。

そしてまたおごりたいって思って貰えるように行動しましょう。

 

でも中にはものすごくこだわりを持っている男性もいます。

こういう場面ではこっちが払わないと気がすまない!みたいな男性。

 

そういうポリシーがある場合もあるので
そこは素直にありがとうで、あんまり抵抗せずに奢られましょう。

こっちがどう出たって向こうは払うって決めてますから。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:なぜ恋愛相談したいという人が多いのか?

 

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。