ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事を変えたいと思ったらすぐに行動しよう

仕事の選択肢も増えてきて、転職するのもそこまで難しいことではなくなってきました。

今まさに「仕事を変えたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

ただ、まだまだ転職すること自体は簡単というわけではなく、

転職を決めてから実際に転職するまではなかなか時間がかかるものです。

 

まず上司に仕事を辞めたい旨を話さなくてはいけないですし、そこからかなりしつこく引き止められてしまう、ということもあるでしょう。

 

次に自分の仕事を終わらせて、誰かに引き継がなくてはいけません。

 

正直会社なのですから、引き継ぎなんかしなくても一人の人が勝手に辞めてしまってもどうにかなるはずなのですが

同じ方向性の業種に転職する場合なんかは円満に退職しておいた方がいいでしょうから引き継ぎも大切ですよね。

 

しかしこれらを全部行っていると仕事を変えたい、と思ってからすでに数年単位で時間が経ってしまっていることがほとんどです。

 

仕事を変えたい、と思ったらすぐに行動するべきなんですね。

今回は仕事を変えたいと思った時に考えるべきことやするべきことについて書いていきたいと思います。

 

終身雇用は古い

 

まず、今のご時世終身雇用なんて古い、ということ。

 

昔は一つの会社に一生勤め上げることが当たり前の社会でしたが、

今では50年以上会社が続く可能性は1パーセントにも満たないほどの不景気さです。

 

自覚がない人が多いですが日本の経済は緩やかに、でも確実に衰退してきています。

 

会社がリストラに踏み切ったり、突然倒産することも珍しくなくなってきました。

 

そういった時にすぐにでも次の会社にいけるような身軽さ、覚悟は必要でしょうし、

そういった状況になる前に、自分に合う会社を常に探し続ける、という気持ちをいつも持っておいた方がいいと思います。

 

仕事なんてだいたい2〜3年したら一通りのことができるようになってると思うんですね。

そうなってきた時に仕事のやりがいを見出すのはかなり難しくなってきます。

 

人材育成に目覚めた、だとか、今自分が辞めたら会社が困るだとか、そういった御託を並べている人が多いですが

結局のところ変化するのが怖くて、転職がめんどくさくてその会社にい続けているだけなのではないかなと思います。

 

海外では2〜3年程度で転職をするのは当たり前になっているんです。

2〜3年でスキルを習得したら、自分の成長のためにまた別の会社に転職する。

 

そういった精神を日本人も持つべきだと思います。

終身雇用なんて悪習なんですよ。

関連記事:仕事が楽しくない人はいますぐ転職するべき

 

仕事はたくさんするべき

 

仕事はいろんな種類の仕事をするべきだと思います。

 

多くの人が今までに経験したことがある仕事が片手におさまる程度でしょう。

しかしそれではその仕事の尺度でしか物事を測ることができなくなってしまいます。

 

一つの仕事をずっと続けてきた友人は、仕事をしてもう30年近くになるのに

「この仕事が本当に自分にとっての天職なのかわからなくなってきた」という話をしていました。

 

まさにその通りで、一つの仕事しかしてこなかった人はそれしか知らないから

その仕事が自分に一番合っている仕事だと思い込んでしまうんですね。

 

会社勤めの人は特に、キャリアを積み上げれば積み上げるほど、周りからの信頼も得られるようになりますから

その仕事が自分にとって合っている仕事なんだと思ってしまうんです。

 

しかし今までやってみたことがない仕事は自分に合っているかどうかなんてわかりません。

 

もしかしたら今の仕事よりもずっと自分に合う仕事が見つかるかもしれないのです。

 

だとしたら、一つの仕事をずっとやり続けるのは人生損していると思いませんか?

自分の可能性を自分で潰してしまっているかもしれないのです。

関連記事:新しい仕事の探し方

 

仕事を変えたい時にやるべきこと

 

仕事を変えたいと少しでも思っているなら、まずはグッドポイント診断などの診断系の転職サービスで自分がどんな仕事に向いているのか、ということを診断してみるといいでしょう。

 

さらに登録をしておけば自分が興味がある職種の転職情報を手に入れることができますから、

現状の仕事を続けながら、周りに知られることなく転職の情報を仕入れることができます。

 

仕事を変えたいという気持ちは多くの人が抱くものですが、実際にそこで行動を起こせる人は少ないんですね。

 

でもそうするとずるずると仕事を続けてしまって、なんとなく「もうこの仕事でもいいかな」という気持ちになってきてしまうんです。

 

それは会社の洗脳とも言えるでしょう。

会社は長く働いてくれた社員にはなるべく辞めて欲しくないですからね。

新しく人を採用してその教育をするにだってお金がかかりますから当然です。

 

だからこそ、仕事を変えたい、と少しでも思った時に行動を起こしておくことが大切なのです。

 

転職情報だけでも仕入れることができれば、

自分の今の働き方と別の場所での新しい仕事を比較して、転職するという選択肢が常に比較対象になるでしょう。

 

自分の仕事のあり方を考え続けてください。

それが人生を豊かにする思考だと思います。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ