ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

社畜あるある。夢の社会人生活はこんなはずじゃなかった。

高校生の時は大学生生活に夢を持っていたのと同じように、大学生の時は社会人生活に少なからず夢を持っていた人が多いと思います。

 

社会人になったら一人暮らしを始めたり、それなりに自分の意思で使えるまとまったお金が入ってくるようになって

自分がやりたいことも自分の決断でできるようになって、

仕事は少々きつくても達成感を感じられるようなもので、社会人になったら楽しいと思える毎日が待っているだろうと思っていたでしょう。

 

しかしいざ社会人になってみるとただの社畜状態。

 

こんなはずじゃなかった社会人。

そんな社畜あるあると淡々と語っていきます。

 

始発終電が友達

 

社畜になると始発終電が毎日当たり前のような生活。これ結構あるあるだと思います。

 

始発で出て行ってその日は帰れなくてその次の始発で帰る、なんて行っている社畜友達もいました。いやあ、社畜やってるねえ……。

 

労働基準法が叫ばれている世の中ですが、こういったブラック企業ってまだまだたくさんあると思います。

最近だと高プロ(高度プロフェッショナル制度)なんてものも出て来たからどうなってしまうのやら……。

 

そもそも特殊な仕事だったりすると、稼働時間も一般的な時間ではなかったりもしますし、

仕事に時間を合わせていたら家に帰れないこともしばしばあります。

 

これ、頻度の高い社畜あるあるなんですよ。

関連記事:ブラック企業の特徴がおそろしすぎる

 

嫌いな上司が多い

 

社畜の気質的にやっぱり会社から言われることには逆らえません。

しかしそれを逆手にとるかのように、横柄な態度をとってくる上司はたくさんいます。

 

口を開けば「サラリーマンとはこういうものだ」というようなお説教を聞かされるはめになり

会社の飲み会やイベントなんかは断れるわけがないので参加しますが、楽しいと思えることはありません。

 

しかし会社を辞める勇気もなければ、会社を辞めたとしても転職活動をしなくてはいけないことが不安で

やはり転職するにはなかなか最初の一歩が踏み出せず、上司の聞きたくない話を「うんうん」と聞くのが社畜のライフスタイルです。

何それ、すごいつらくない?と思うのですが、社畜になってしまうと、「慣れ」が出てくる。だからわからないんですよ。

 

おかしいのか?おかしくないのか?がね。

そうそう、私の友人には春の花見で土を食べさせられていた人もいました。金融系の会社です。これは社畜ではなく、もはやパワハラ……。

関連記事:社会人の飲み会で愚痴が多くなるのはなぜか?

 

乾杯の音頭は「お疲れ様です」

 

学生やフリーランスの人たちと飲みに行くと感じる自分の社畜根性。

それは飲み会の乾杯の言葉が自分だけ「お疲れ様で〜す」だった時です。

 

周りの人は大体「乾杯」と言うのですが、自分だけ「お疲れ様です」なんですね。

 

別にその日は仕事をしてるわけでもなかったのに、口が買ってに乾杯する時に「お疲れ様です」になってたわけです。

なににお疲れ様なのかもよくわかりません。社畜あるあるか?それとも私だけか…..?

 

しかし社畜は仕事がメインで普段の生活が回っているので、お疲れ様ですという乾杯の音頭が常態化してしまっているのです。

関連記事:説教してくるおじさんが飲み会で言いがちなこと

 

休みまでの日にちを数える

 

日曜日の夜が絶望的に嫌い。これも社畜あるあるだと思います。

 

日曜日の夜は「明日からまた一週間が始まるからしっかり早めに寝よう」と思うのに

ベッドに入ると次の日仕事だという憂鬱さからかなぜかネットサーフィンが盛大に始まってしまって結局早めに寝ることができなくなってしまうんですね。

 

そして仕事が始まったら「あと何日仕事したら休みだ」という休みまでの日にちを数える毎日です。

 

本当は仕事自体にも充足感を感じられて、きつくても楽しんでできるのが仕事だと思っていましたが

社畜ライフが始まってからは1秒でも長く仕事をしたくないという気持ちになり

時計とカレンダーばかりを見る仕事時間になってしまいました。

 

もーういーくつねーるーとー祝日」という感じで、時計とカレンダーばかり見るわけ。社畜あるある、悲しいな。

関連記事:「サラリーマンを辞めたい」はまともな思考

 

有給が消滅する

 

有休がなぜかどんどん消滅していきます。

一人の人間が持つことができる有給休暇の上限は40日間とされていて、それ以上になると有休は増えません。

 

さらに有給休暇を申請しなければ、一定期間が過ぎれば有休は消滅していくものです。

 

しかし有休なんて申請できるような雰囲気じゃないですし

会社でも有休をとっている人って少ないんですね。

 

そうすると有休制度は実はきちんと機能していないところがほとんどなんです。

 

社員が気軽に有休を消化することができるような社風ならいいですが、そういった雰囲気もなく

上司も有休を消化していないような場合はまだ若手である自分が有休を消化できるはずがありません。

 

社畜は有休もまともに消化できないのです。

関連記事:サラリーマンに向いてないと思うなら辞めれば良い。

 

友達の電話さえビジネス風

 

友達との電話でさえ、ちょっと入りがもう「もしもしお疲れ様です、某です〜、今ちょっと時間いい?」みたいな入りになってしまって

学生の頃は一体どんな電話の仕方をしていたんだろう、という気持ちになるわけですね。

 

よく「社畜根性染み付いてきたね〜」とか言われてしまうわけです。

 

こういった友達と喋っているプライベートな時に仕事の癖が出てしまうと切ない気持ちになりますよね。

関連記事:仕事で早く帰りたいのに帰れない理由。

 

社畜の幸せとは

 

今回は社畜あるあるについて語ってみました。

 

今勤めている会社に死ぬまでいようなんて思っている社畜は少ないと思います。

いつかどこかで転職のタイミングは必ずやってくるでしょう。

 

しかし、今はその時じゃない、言い出せるはずがない、という人がほとんどだと思います。

 

そういう人はまずグッドポイント診断のような診断系の転職サイトに登録だけでもしておくといいんじゃないかなと思っています。

 

登録するだけなら周りにも気づかれませんし、転職しようという気持ちってなかなか行動にうつせないものですよね。

でもいざ本当に転職するとなった時までに少しでも情報収集しておいたほうがいいと思うんです。

 

情報が全くないところから始めるのではなかなか重い腰も上がりませんからね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ