ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

就活がばかばかしいと思うのは当然だと思う。

就活って本当に辛いものですよね。説明会にいって、テストを受けて、そこからまた面接に行ってという一連の流れを繰り返していくと、

 

自分が思っている以上に疲弊してしまっている時ってあると思うのです。中には就活をばかばかしいと思ってしまう人だっていると思うんですよね。

 

でも、それって実は当然の事だろうな、と思うのです。

 

説明会の時間って本当に面倒

 

これは思う事なんですよね。皆さんは就活生であれば、誰でも企業の説明会に行くと思うのですが、これって実はかなりの時間がかかる事なんですよね。

 

企業によっては2時間とか3時間という時間をとって説明をするところもあるくらい、熱をいれている事だと思うのですが、

正直言って、皆さんは説明会の内容をどの程度覚えていますか?きっとほとんど内容なんて覚えていないと思うんですよね。

IT系のベンチャーで社長が出て来た時には面白かった。あの時の企業説明会だけはきちんと聞きました。

でも、何でもない人事とか現場の人が話をしたからと言って、内容なんて覚えていないし、ただただ眠いだけだと思う。

 

メモを取っている事からもわかる通り、重要な点だけをメモしているわけです。そのメモを読んだら情報量ってそこまで多くないという事がわかると思うんですよね。

 

つまり、説明会の時間なんて実は1時間程度で済んでしまうものなのです。しかし、企業は学生に説明の時間をたくさん取らせて、

 

出来るだけ多くの学生を囲い込もうとするんですよね。ただ、正直こんな感じだと、どうしても就活なんてばかばかしいと思ってしまうと思うんですよね。

 

無駄に時間を浪費して、疲れて、やっとの思いで企業に就職するという流れだと精神的にもかなりきついと思うんですよね。

 

それが当たり前になっている今の現場がおかしいんじゃない?と私は思うのですが……。

関連記事:面接で泣くような就活はやめた方がいい

 

 

面接では誰もが嘘をついている

 

これも就活がばかばかしいと思ってしまう原因だと思うんですよね。就活になると、面接をしたりとかESを書いたりするものですよね。

 

しかしながら、ESの内容は誰もが正直に書いているわけではなく、誰もが多少の嘘をついていると思うんですよね。

私も嘘をつきました。

 

もちろん、それがつらいと思わない人もいるかと思いますが、私だったら就活なんてばかばかしいと思ってしまう原因になってしまうと思うんですよね。

 

面接の時とかでも、「もし内定が出たらどうしますか?」と聞かれたら、ほとんどの人が「第一志望なので、御社に入社させていただきたいです。」と言うわけです。

自分で言っていても、「嘘くさいな」と思ってしまうけど、しょうがないよね。そう言わないと、落とされるから……。

 

しかし、実際にはそれが嘘の場合もありますし、そこから就活を始める人だっているわけなのです。私は採用に関しても見る事が多いのですが、

 

「就活生ってかわいそうだな」と思うんですよね。本当は納得して会社に入った方が良いじゃないですか?無理矢理就活を辞めさせられて、

 

無理をするよりも良いと思うんですよね。

 

就活はこういった嘘をつかなければ自分が希望する会社に入れない、という事からも就活ってばかばかしいと思ってしまうと思うのです。

正直に面接を受けて、正しく受かりたいですよね。嘘をつかなければいけない現場がどうかしていると思うんだ。

関連記事:就活をしてない学生は本当に悪いのか?

 

 

採用する側は上から目線

 

これも就活がばかばかしいと思ってしまう原因だと思うんですよね。採用する側とかって、基本的に「うちは採用する立場だ」と思っているんですよね。

 

それはある意味では当たり前の事ですし、悪い事ではないと思っているのですが、そういった態度が露骨な人だっているんですよね。

 

私も圧迫面接をされた経験があるのですが、本当にあの時には就活ってばかばかしいなと思ったものなんですよね。

 

グループ面談で一緒だった人とかだと、

 

  • なんでそんな理由でうちに来たいの?
  • 全然言っている事がわからない
  • 別にそれは他の人でも出来るでしょ?

 

といったような事を言われていたんですよね。あれは本当にかわいそうだった……。女の子なのに……。

こういった感じで上から目線で面接をする人って実はたくさんいるんですよね。

 

もちろん、企業は採用する側ですし、上から目線になってしまうのも仕方ないと思うのですが、就活生からすると、

 

こんなに辛い事はないと思うんですよね。特に就活生の中には不安定になってしまっている人とかだっているものです。

 

私の知り合いとかも、就活で鬱になってしまっていましたからね。それくらい辛いものだからこそ、就活なんてばかばかしいと思ってしまうのです。

関連記事:就活に疲れたと思う原因は何だろう?

 

 

進む道はたくさんある

 

就活がばかばかしいと思うのは当たり前なんですよね。

 

だからこそ、就活がばかばしいと思うのであれば、もっと広い視野を持って考えてみるのもありだと思っているんですよね。

 

例えば、就活がばかばかしいと思うのであれば、「選考には進んだけど、落ちてしまった」という経歴を評価し、

1次面接の免除制度等があるキミスカ を使って効率的な就活をしても良いし、

 

起業をしても良いわけなんですよね。もちろん、誰もが成功するわけではありませんし、それなりに努力、そして運が必要になってきます。

 

だからこそ、全ての人のおすすめする事は出来ないのですが、やってみたいという人はやってみても良いと思うんですよね。

 

また、就活がばかばかしいと思うのであれば、1度海外に出てしまうのも良いのかな?と思っているんですよね。

ワーキングホリデーを使っても良いしね。

 

海外に出てみて、1度多くの国の現状を見てみると良いと思います。働く事はどういう事なのか?自分の人生とは何か?

 

海外とか、ギャップイヤー(就職する前にぶらぶらする時期)もありますからね。

そんな事について考える良い機会になると思うのです。

 

どんな選択肢をとるにしても、恐怖って存在するものです。こわいよね。自分の大切な人生だから。

だからこそ、でも就活がばかばかしいと思うのであれば、

 

もっと視野を広くして、自分なりの答えを出す事が大切だと思うのです。

好きな生き方をしようよ。1度だけの自分の人生でしょう?

 

自分で決めようよ。

関連記事:就活のコツって何だろう?

よく読まれている記事
関連記事だよ