ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

出世したくない、なんなら退職したいその理由とやるべきこと

最近、「出世したくないと感じている若い世代」がどんどん増えてきています。

 

私の周りでも出世したくないと言っているサラリーマンは本当に多い。

 

一般的に考えたら、普通はサラリーマンは出世したいと思うはずですよね。

 

では、なぜ今の若い世代のサラリーマンが出世したくないと思っているのか、

また出世したくないと思っている人はどうしたらいいのか、ということについて今日は書いてみたいと思います。

 

出世したくない理由

 

出世というものは実はいいことばかりではない。

むしろ現場の会社の体制では出世することにメリットがまるで見当たらない、なんてこともあります。

 

若い世代がなぜ出世したくないのか、その理由についてまずお話します。

 

給料が減る

 

なぜか出世してポジションとしては高くなるのに給料が減る、という会社が多いんです。

 

出世したことによって仕事内容が変わり、

現場仕事から管理職になるので給料が減る、ということもよくあります。

 

これで年収が50万円以上下がる、ということもしばしばあること。

 

なぜか会社に長く勤めて、それを評価されて出世するはずなのに、給料が下がるなんておかしいですよね。

管理職になると、残業代をもらえなくなります。だから、ある程度まで出世した段階で「給料が減る」のです。

これが出世したくない理由の大きな原因だと思います。

関連記事:給料が少なすぎるのは自分のせいじゃない

 

仕事が増える

 

出世するとそれだけ偉いポジションになりますから、仕事が増える。

 

出世することによって帰る時間が遅くなる、ということもあります。

 

日本の風習は本当におかしいところがあって、

偉い人が長く会社に残り、部下は上司が仕事をしていたら帰ってはいけないというしきたりのようなものがありますよね。

 

おかしいですよね。古いですよね。

 

そして仕事をすればするほど、長く会社にいればいるほど、「よく働いている」と評価されるのが日本の会社の習わしです。

 

しかしよくよく理性的に考えてみると

仕事は早く終わった方がそれだけ効率が良いし、

仕事に長い時間をかける人は仕事をするのが遅い人。

 

という事に気がつくはず。

 

だから、普通に考えて今の会社制度ってどこかおかしいです。

 

ただ、そうは言っても、出世したらやることも増えるし、さらに偉い人然としなくてはいけませんから

部下の目を気にして帰るのはやっぱり遅くなります。

 

でもほとんどの人が早く帰れるならさっさと早く帰りたいと思っているはずです。

出世しなければもう少し早く帰ることができるかもしれません。

 

だからなんです。出世したくないと思うのは。

関連記事:上司が仕事をしないのはなぜだろう?

 

責任が重くなる

 

これもあると思います。

 

偉い人になれば偉い人になるだけ責任は大きくなります。

 

下っ端なら許されたことが、偉い人になると突然許されなくなります。

 

誰だって怒られたくないですし失敗もしたくありません。

怒られなくてすむものなら怒られたくないですよね。

 

でも偉くなるとそうもいきません。

 

出世して偉くなれば仕事で接する人たちもまた偉い人になるでしょう。

直接クライアントとやりとりすることも多くなるでしょう。

 

そういった重責に耐えられない、もしくはそんなことに神経を使いたくない、というのが出世したくない人の本音。

 

でも、私たちも人間です。だから、しょうがない事だと思うんですよね。下は下で楽ですから。

関連記事:仕事を休めない、ってかなり人生損してる

 

現場にいられなくなる

 

出世して管理職になることによって現場にいられなくなることが多々あります。

 

しかし現場は目まぐるしく体を駆使して仕事ができるのに対して

管理職はデスクワークが多くなり、人と接する機会も減ってしまうので、単純に仕事がつまらなくなってしまう、ということもありますね。

 

確かに今までバリバリ現場で働いていたのに、いきなり管理職になって机でパソコンとにらめっこをするのが日課の仕事になってしまうのはつまらないですよね。

 

仕事内容が嫌だから出世したくない、というのもあるでしょう。

私の友人も某局に勤めていますが、「制作現場」にいたいから出世したくないらしい・・・。

関連記事:仕事が楽しくない人はいますぐ転職するべき

 

出世はそもそもおかしいことが多い

 

そもそも日本の会社の出世の制度はおかしなことがたくさんあります。

 

例えば会社の飲み会や行事に積極的に参加して上司の機嫌をとることができる人じゃないと出世できない、だとか

人よりも長く会社に残って残業をした人の方が出世するべきだ、という考え方。

 

会社の制度そのものに納得することができないなら、やはり出世自体に魅力を感じられなくなってしまいますよね。

 

出世したくないのはそもそもその会社が好きじゃなかったり、仕事にやりがいを感じられないからなのかもしれません。

関連記事:仕事にやりがいがないってかわいそうなこと

 

今すぐやるべきこと

 

出世したくない、そもそも会社を辞めたいと思っている、という人が今すぐやるべきことは転職サイトに登録だけしておく、ということです。

 

転職活動をするとなると周りにはやっぱり知られたくないですし、

活動するなら活動するでそれなりの余裕と時間が必要になりますよね。

 

しかし本当にいざ転職活動をしなくちゃいけないような状況に追い込まれた時、

精神的にくるものがきていれば、転職活動を始めるその第一歩すら億劫になってしまって踏み出せなくなる、ということがあるのです。

 

実際私の周りでもうつ病になってしまった友人は、無気力が続いてなかなか転職活動を始めることすらできませんでした。

 

でもサイトに登録さえしておけば転職の情報も入ってくるようになりますし

思いついた時にすぐに転職活動を始められるのです。

 

いまいま転職活動を始めないにしても、グッドポイント診断などの診断系の転職サイトなら自分に向いている仕事も見極められますし

 

本当に精神的に参ってしまって何もできなくなってしまう前に、転職活動の第一歩だけ踏み出しておく、というのをおすすめします。

 

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ