ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

バトゥ洞窟は危険だけど、おすすめスポット。

皆さんはバトゥ洞窟というものをご存知でしょうか?きっとまだ知らないという人も多くいると思うんですよね。

バトゥ洞窟

 

バトゥ洞窟ってそもそも何か?というところから話を始めますが、ここはヒンドゥー教の聖地、洞窟なんですよね。

 

場所的にはマレーシアのクアラルンプールの近郊なのですが、まだまだ行った事がないという人も多いと思うので、

 

紹介していこうと思います。

 

 

バトゥ洞窟の行き方は?

 

 

まずはここから書いていこうと思います。バドゥ洞窟という呼び方は日本的な呼称なのですが、実際には「batucaves」という名前の洞窟なんですよね。

 

駅は「batucaves」というで、KLセントラルという中心地からだいたい30分くらいでしょうか?KTMコミューターという電車で行けます。

 

 

終点なので、基本的には迷う事なく、いけるとは思うのですが、行き先によっては違う方向に進んでしまう事もあるんですよね。

 

私も先日間違えて違う電車に乗ってしまって、「プトラ」という駅で乗り換えをするという事態になってしまったんですよね。

 

皆さんは「batucaves行き」の電車にきちんと乗ってください。そうすると、後はゆったりと座っているだけで現地まで着きます。

 

電車賃的には100円もしないくらいじゃないかな?と思います。

物価も安いので、交通費に関してはそこまで心配しなくても良いと思う。

関連記事:シンガポールであれば、ひとり旅で女性が行っても大丈夫。

 

 

階段が急過ぎる

 

 

これはバトゥ洞窟の特徴だと思うんですよね。

バトゥ洞窟に行ってみると、「これはどこまで続いているのだろう?」と考えさせられるくらいの階段を登らなければいけない事に気がつくんですよね。

 

batucaves1

 

 

こんな感じですね。バトゥ洞窟の階段は272段あるのですが、これって写真では伝わりにくいのですが、かなり危険なんですよね。

 

高所恐怖症の人とかだと、登れない人もきっといると思います。また、バトゥ洞窟の階段って経年劣化もしているので、

 

階段自体がすり減っている事もあるんですよね。そのため、登る時に「これって滑りやすいし、落ちたらどうなってしまうのだろう?」と思うんじゃないかな。

私の場合はめちゃくちゃ怖かったです。登るのを諦めようかな、なんて思いましたから。それくらい危険でした。

 

滑り落ちたらどうなってしまうのだろうか……。

 

 

また、階段を登る時にはもう1つ注意点があります。それは階段の途中に猿がいる事。

バトゥ洞窟はモンキーパークなんですよ……。

 

batu2

 

これはちょうど登ったところにいた猿なのですが、こんな感じで猿がたくさんいるわけなんですよね。猿は可愛いというイメージを持っている人もいるとは思うのですが、

 

実際、バトゥ洞窟で野生の猿を見てしまうと、怖いと感じる人の方が多いのではないでしょうか?

関連記事:シンガポールに行くならリトルインディアをおすすめする理由。

 

 

ヒンドゥー感たっぷりの洞窟内

 

 

やっとの事で、頂上につくと、そこには雄大な世界観が広がっていると同時に宗教臭が強いので、日本人であれば、驚くと思います。

 

例えば、

 

batu3

 

こんな感じなんですよね。洞窟といっても、一般的に無料でいける方の洞窟はこんな感じで狭いところもなく、

 

閉所恐怖症の人でも全く問題なく、歩ける感じの場所なんですよね。また、中にはコウモリが飛んでいたりとか、

 

ここにも猿がいて、面白いです。

歴史と自然と感じますよね。バトゥ洞窟なんてマレーシアに行くまでは全く知らない場所だったので、面白い。

 

また、

 

batu5

 

こんな感じで、宗教観が強い石像とかも数多く展示してあるんですよね。バトゥ洞窟がどこか不思議な雰囲気を醸し出すのは、

 

こういったものが影響しているのかもしれません。また、元々は弾薬庫として使われていたという歴史もあるので、

 

そういった歴史的背景を知っていると、より楽しめると思います。

関連記事:海外旅行にWi-Fiを持って行くべき理由。

 

猿にジュースを取られます

 

これはバトゥ洞窟に行くのであれば、お伝えしておきたい事なんですよね。バトゥ洞窟においては階段や内部、そして外にも猿が見える範囲だけで、

 

 

30〜50匹程度はいると思います。それはそれはたくさんのお猿さんがうじゃうじゃいるわけです。

そして、そういった猿は観光客のジュースや食べ物を狙っているんですよね。

 

私もそういった前情報は知っていたのですが、バトゥ洞窟の近くにあった売店でジュースを買って、10秒後には猿に取られていました。

 

 

それくらい猿は観光客の飲み物をとったりとか、食べ物を取ったりするので、気をつけた方が良いと思うんですよね。

 

バトゥ洞窟について地球の歩き方、

 

にも猿については気をつけるように書いてあるのですが、実際バトゥ洞窟の猿って猿との距離がかなり近いわけですし、

 

相当気をつけない限り、飲み物・食べ物は取られてしまうと思います。

私の場合は油断していたからこそ取られてしまったんですけどね。私は同行した編集部員のいたずらだと思いましたから。

 

でも、犯人は「お猿さん」だったんですね。これはもう文句のつけようがない……。うまいことジュースをあけて飲んでいました。

 

強いよ、お猿さん……。

関連記事:海外旅行の準備って本当に重要だって知ってる?

 

 

 

バトゥ洞窟はマレーシアに行ったら行くべきだ

 

 

という事で、今回はバトゥ洞窟について書いてきたのですが、いかがでしたか?バトゥ洞窟って高所恐怖症の人とかだと、

 

「怖いな」と感じる場合もあるのですが、それでも行ってみる価値はあると思います。ただ、私の個人的な意見としては、

 

中心地よりは少しだけ治安が悪いのかな?という印象を受けました。

 

私が弱々しいという事もありますが、地元ヤンキー風の方に睨まれたりとか、そういった事はあったんですよね。

 

もちろん、襲われるという事はなかったわけですし、海外であればどこでも日本よりは危険だとは思うのですが、

 

やはり気を引き締める必要はあるのかな?と思いました。バトゥ洞窟のエリアは結構ヤンキーが多い地帯でもあるらしいしね。

 

そこらへんは少し気をつけた方が良いかもしれない。

 

バトゥ洞窟への旅、楽しんできてください。

関連記事:台湾の淡水をブラブラ歩いてみた。

よく読まれている記事