仕事の悩み

会社の忘年会に行きたくないのは当たり前じゃないかな?

会社の忘年会ってありますよね。1年間の締めとして開催されるというところが多いと思いますし、会社の忘年会には参加するという人が多いんですよね。

 

しかしながら、会社の忘年会に行きたくないという人だっていると思いますし、実際にはそれが当たり前だと思うんですよね。

 

別に会社の忘年会に行きたくないのであれば、行かなくても良いと思いますし、実際行く必要性ってそこまでないと思うんですよね。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

上司に気を使う忘年会

 

忘年会というと、「年の疲れを吹き飛ばす」というイメージを持っている人が多いと思うのですが、忘年会で一年間の疲れが取れるのって、

 

上司だけだと思うんですよね。

 

自分が下の立場だと、上司にお酒をついでいかなければいけないわけですし、注文とかも全てとらなければいけないんですよね。

次何頼みますか?」と1人1人聞いていく。

まるでCIAのように上司のグラスを監視し、適切なタイミングで次のお酒を頼まなければいけないのです。

何の訓練だろう。部下は上司を癒す立場であって、1年を忘れるためにお酒を飲んではいけないのです。

1年の疲れなんて吹き飛ばないよね……。それとも年齢が下の人たちは癒されてはいけないわけかね?年功序列ってそんなに汚い制度だっけ……。

こういった状態だと、会社の忘年会には行きたくないと思うのも実は当然の事じゃないかな?と思うんですよね。

逆の立場だったらどうです?行きたくないでしょう?

会社の忘年会の前って基本的に仕事が多くて疲れている時なんですよね。そんな時にも関わらず、上司を立てて、

注文をとって、取り分けてってやっていたら疲れてしまうと思うのです。会社の忘年会に行きたくないというのは男性だけではなく、

女性でも同じで、特に綺麗な人とかだと、上司の隣に座らされたりとかね。男性上司は絶対に綺麗な女性部下が好きですからね。

既婚者とかでも鼻を伸ばしていたりしますから。いつも男には厳しいのに女の人には優しい上司を見ると余計に腹が立つよね。

 

女性の部下は部下で「君は頑張っているね。私の時代は….」という話を笑顔で聞かなければいけないのって辛い事だと思うんですよね。

キャバクラでやれば良いのに……。

男性でも女性でもそれぞれで辛い事はあるのですが、会社の忘年会に行きたくないという人って意外と多いと思いますし、

 

時代遅れじゃないかな?と思う事が結構あるのです。

関連記事:なぜ会社を辞める決断が出来ないのか?

話していても面白くない

 

会社の忘年会に行きたくない原因としてあると思うんですよね。

 

会社の忘年会では上司と話す機会が圧倒的に多いと思うのですが、正直にいって話が合わない事の方が多いと思うんですよね。

例えば、カラオケに行っても、昔の曲なんてものはわからないわけですし、実際演歌とか歌われても困りますよね。

君は薔薇より美しい」とか歌われてもわからないんですよ。だったら、keytalkくらい歌ってくれ……。

年齢を重ねると、あらゆる情報を仕入れる事が面倒になってしまうわけなんですよね。新しい曲でも、新しい人でも、新しい会社でもそうなのですが、

 

新しいものにどんどん恐怖を覚えてしまうようになるんですよね。新しい曲よりも、昔の曲の方が優れていると思っているし、若者にはむしろ「良い曲を教えてやっている」くらいに思っているんじゃないかな。

だからこそ、話が合わない事が多いんですよね。

 

そうなってくると、当然つまらないという人が多くなっていきますから、会社の忘年会に行きたくないという人だって出て来ますよ。ええ。

話が合わない友達とは皆さんも仲良くなったりしませんよね。私だって嫌です。それなら家でたった1人で飲んでいた方が楽しいもん。

会社はプライベートとは違って仕事だから我慢するべきだという持論を持っている人もいると思いますが、

プライベートと違うのであれば、プライベートの時間を使って飲み会に行く必要性だってないわけですよね。

こういったところでも実は矛盾していると思っているのです。人間が持っている時間なんて短いので、会社の忘年会には行きたくないと思うのは当然じゃない?

上司である自分と飲みに行きたい、と後輩が思うと信じているの?なわけないじゃん……。

 

実際、他の事をやっていた方が効率的だったりするんですよね。

会社の忘年会に行くくらいだったら、家で猫と戯れていた方が何倍も楽しい……。

関連記事:「サラリーマンを辞めたい」はまともな思考

苦手な人が必ず一人はいる

 

仕事とは言っても、やはり苦手な人というものは出てきてしまうものなんですよね。ただ、仕事の時には別にその人と積極的に関わらなくても、

 

仕事が出来るという側面があるので、良いんですよね。しかしながら、忘年会になってしまうと、そうもいきません……。

忘年会となると、女性の場合特に誘われるんじゃないかな……。「女性が1人いるだけで違う」みたいな人たちがたくさんいますから。

 

忘年会に行ったら嫌いな上司がいたり、苦手な同僚がいる事だってありますし、実際席とかって自由に選ぶ事が出来ないので、

 

どうしても嫌いな人と話さなければいけない場面ってあると思うんですよね。

 

だからこそ、会社の忘年会に行きたくないというのは当たり前の事じゃないかな?と思うんですよね。

おじさんたちとぺちゃくちゃ喋って、お酌をするよりも、サイゼリアでドリンクバーを頼み、ミラノ風ドリアを食べる。こっちの方が楽しいじゃないですか。

 

会社では嫌いな人とも何とかうまくやっていこうと思うはずですが、忘年会でまでそういった人と無理に関わるのって辛い事ですよね。

 

年末の疲れている時にそういった人と関わり、ストレスを溜めるくらいであれば、家で休んでいた方が気持ちが楽ですし、

 

ストレス発散にもなるんですよね。今の日本では、まだまだこういった会社外での付き合いというものが大切になっていますが、

 

これも時代の流れと共に変わってくるのではないか?と思っているのです。そういった集まりが嫌いな人だって多いわけですしね。

 

私とかも、グッドポイント診断とかでは、独立独歩タイプとして出てくるので、完全に「忘年会には行きたくないタイプ」なんですよ。

 

私だけではないはず……。

苦手な人がいる現場に行くなんて私なら絶対に嫌だ……。もう良いんじゃない?逃げちゃえば。

ほら、風邪引けば良いわけだしね?ね?

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。