起業と経営

経理の人が横領をしてしまう理由。

最近、会社の経理の人が会社の金を横領してしまったという事件って多くなってきていると思うんですよね。

 

これってどこの会社でも起こる事ですし、実際には珍しい事ではないと思うんですよね。実際に私の知り合いの経営者の方でも、

 

お店のお金を取られていたという事は実際にあったんですよね。それくらい周りでも普通に起こっている事なのです。

 

もちろん、経理の人全てが横領しているわけではないのですが、そういう事例って多いのです。

 

そこで、今回は経理の人が横領してしまう理由について書いていきたいと思います。

 

 

 

経理の人は社長が信頼している人

 

 

これはあると思うんですよね。私自信が経営に関わっているという事もありますし、実際私の知り合いでも自営業の人が多いので思うのですが、

 

経理の人って会社の中でも特に信頼している人に任せている事が多いんですよね。

 

 

「この人が経理をやってくれたら横領なんてしないだろう」と思った人に経理を任せるものなんですよね。

 

しかしながら、これは経理の人からすると、横領がしやすい状況になっているわけなんですよね。少し変な動きがあっても、

 

社長は経理が横領しているとは思わないと思いますし、実際中小企業の社長さんとかだと、あまり財務諸表を見ないという人だっているんですよね。

 

売り上げさえあげていれば、どうにかなると思っている人も多いので、そういった人だと経理は信頼している上に、

 

財務関係の書類を見なかったりするので、どうしても経理が横領しているという事を見抜く事が出来ないわけなんですよね。

 

 

経理の人だって横領しないような人だとしても、人間は人間ですから、魔が差してしまう事もありますし、

個人的にお金が必要になってしまう事だってあるんですよね。そんな時に、「少しだけなら会社のお金を使っても大丈夫」と思ってしまったら、

 

それを実行するだけの基礎部分は出来ているので、やってしまう人が多いんですよね。

 

 

経理は横領するはずがない信頼を置いている人だからこそ、多額の資金を流用されてしまう事が多いわけで、

 

実際にこういった事が起こる原因でもあるのです。

関連記事:フリーランスのエンジニアの年収は上がっていくと思う。

 

 

目の前に大きなお金があるという事実

 

 

これもあると思うんですよね。

 

個人の資産規模と法人の資産規模ってそもそも違うわけなんですよね。内部留保が多いような企業であれば、中小企業でも数億円単位で持っているという企業も少なくないと思います。

 

しかし、これは経理の人という個人から考えると、目の前に宝くじのあたり券があるようなものなんですよね。

 

2億円という金額が目の前にあったら、「このお金があったら何が出来るのか?」という事を考えてしまうのが人間だと思いますし、

 

そういった多額の資金が目の前にある経理の人は横領してしまいたくなる時もあると思うんですよね。面には出ていないような事件でも、

 

経理の人による横領事件って実は多いと思っているんですよね。

 

皆さんも経営者であれば、経理の人がお金を横領していたという事件の1つや2つくらい知っていると思います。

 

それくらい一般的に起こってしまう事だからこそ、きちんとしたチェックが必要になってくるんですよね。

 

そういったチェックがないと、相当出来た人間でも、経理の人は「横領したらどうなるのだろう?」という気持ちくらいは湧いてしまうものですし、

 

会社側のリスクを考えると、危ないと思うんですよね。

 

もしも自分が経理担当者で、個人で多額の借金を抱えていたとしたら、どう思いますか?目の前にたくさんのお金があったら何も思わないわけない。

 

私たちは感情を持った生物。だからこそ、経理が横領してしまう事は実際にあるし、横領された側も同じ立場だったらやってしまう可能性だってあるんですよ。

関連記事:フリーランスになる時にはどんな準備が必要?

 

 

経理が一人しかいない場合も多い

 

 

これもあるんですよね。

 

経理部門とかって中小企業とかだとそこまでの人数が必要ではないんですよね。

 

 

経理は会社に一人だけという会社が中小企業の場合だとほとんどではないでしょうか?しかし、だからこそ、経理による横領が起こってしまう事があるんですよね。

 

一人だけが管理していたりとか、自分だけでも預金を引き出せるような状況になっていると、会社のお金を横領してしまう人っているんですよね。

 

 

3人の経理がいて、それぞれがそれぞれを監視しているという状態であれば良いのですが、そういった事が出来る資金力のある会社は少ないのです。

 

だからこそ、毎日の帳簿をきちんと把握したりとか、コミュニケーションを常にとる等、小さい会社でもあれば、

 

社長自身である程度は監視していた方が良いと思うんですよね。会社のお金は大切なお金ですし、運転資金がないと、

 

倒産してしまう場合だってあります。

 

だからこそ、本当に気をつけなければいけない事なのです。

 

 

会社経営をしていると、経理の横領まで見る事が出来ないという人も多いのですが、そういったところまで見ないと、

 

足元をすくわれる事もあるという事は現実的な問題としてあるのです。

 

経理担当者の事を信頼してしまうのはわかります。経理の人ってだいたいの人が「この人は横領なんてするはずがない」と思われる人がやっているものですから。

 

でも、そんな人でも魔がさす事がある。人間ですからね。経理でも横領をしてしまう事があるのです。

関連記事:会社を倒産させる社長の特徴

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。