恋愛と私

逢い戻りは鴨の味って本当かな?と思う。

逢い戻りは鴨の味ということわざを皆さんはご存知でしょうか?一度別れたカップルもその後、もう一度付き合うとその前よりも良い関係になるということわざであり、

 

恋愛のことわざとしては有名なものだと思うのですが、これってどうなのかな?と思うんですよね。逢い戻りは鴨の味になった人もいるかもしれませんが、

 

実際にはそういう人って少ないと思うんですよね。

ことわざは時に正しいと思うけど、時に間違っていたりもするんですよ。

 

一度別れると相手を信頼出来なくなる

 

逢い戻りは鴨の味と言いますし、本当に仲が良くなったという人もいるとは思うのですが、

信頼性の部分ではこういう事って起きないと思うんですよね。

 

一度別れてしまうと、それまで全幅の信頼をおいていた相手だったとしても、「この人とは別れてしまう可能性もあるんだよな。」という考え方を持ってしまう事があるんですよね。

 

逢い戻り鴨の味と思っているだけで、実はその関係性は脆く崩れやすいものでもあるのかな?と思うのです。

 

カップルでも夫婦でもそうですが、付き合うという事は相手を信頼しているからこそ、出来るものなんですよね。

 

 

相手を信頼しているからこそ、言える事もあるし、一緒に行動出来るという事が前提としてあるのです。しかし、別れてしまうと、

 

こういった事も崩れていき、結果的にもう一度付き合っても最終的には後悔している人が多いのではないか?と思っているのです。

 

 

私の友人にも復縁したという人がたくさんいるのですが、そういうカップルがその後も続く事を見た事がないんですよね。

 

逢い戻りは鴨の味を体現している人が周りにはあまりにもいないため、私としてはこういった実感ってないのです。

実は私もよりを戻したことがあるタイプの人間です。でも、その彼女のことを信頼することはできなかったんですよね。

1度別れるということはそんなに簡単なことではありません。「人生において、もうあなたと私が交わることはありませんよ」となってから、もう1度一緒になるわけですから。

そんな相手を信頼できないでしょう?少なくとも私は当時、「あれ?なんでこんなに信頼できなくなったんだろう」と不思議に思いましたもん。

関連記事:長続きするカップルの特徴

 

 

相手の粗が目立ってくる

 

一度別れるという事は、一度は相手も自分もフリーになったという事なんですよね。つまりどういう事なのか?というと、

 

相手の事も自分の事も客観的に見る事が出来るようになるのが、一度目の別れなのです。ただ、恋は盲目状態であれば何事もうまくいっていても、

 

実際に別れてしまい、客観的に見る事が出来るようになると、どうしても相手の粗が目立ってきてしまうと思うんですよね。

相手の悪いところがどんどん見えてくるんですね。「あれ?こんな人だったっけ?」くらいに思ったものです。笑

逢い戻りは鴨の味ということわざ通りであれば、こういった事って起こらないはずなのですが、実際には起こってしまうものなんですよね。

おいおい、ことわざどうなってんだよ、となりましたもん。笑

相手の粗が目立つようになってきて、だんだんと相手の許せる範囲が減ってきてしまうと、それだけで破局や喧嘩の原因になってしまうのです。

 

逢い戻りは鴨の味ということわざ通りであれば、きっと多くの夫婦はうまくいっているでしょうし、幸せなカップルだけだと思うんですよね。

関連記事:理想的なカップルとは?

相手に対して本当の事を言えなくなる

 

一度別れてしまうと、相手との関係性をうまく構築していこうとするので、本当の事を言えなくなってしまう事があるんですよね。

 

だからこそ、逢い戻りは鴨の味という感じにはいかないのです。悪い意味で打算的になってしまうのです。

私なんてもう、打算も良いところでした。でも、上手くやろう、と思えば思うほどおかしな方向に行くので、恋愛って超絶難しいゲームなんですね。攻略不可能でした……。笑

 

相手の事を思って、自分の言動や行動を自制する事自体は良い事だと思うのですが、その一方でそれをやってしまうと、

 

ストレスを抱え込む事になってしまうわけなんですよね。抱え込んでしまい、それが結果的に再度の別れに繋がってしまう事が多いのです。

 

本音を言う事によって、相手とこじれてしまう事だってあるとは思うのですが、言う事によって解消されるものもあるんですよね。

特に日頃思っている事を蓄積していってしまうタイプの人だと、どこかで怒りが必ず爆発してしまうものですし、

 

より大きな怒りが醸成されてしまうんですよね。

これってあまり良い事ではないと思うのです。逢い戻りは鴨の味という事は一部の人の間ではあるのかもしれませんが、

 

多くの人には長期的に適していることわざにならないのではないか?と思うのです。

 

逢い戻りをしても、結果的に自分という個を出す事が出来なくなってしまえば、恋愛関係は破綻してしまいがちなんですよね。

 

友人関係でも同じ事が言えますよね。

自分が思っている事を素直に伝える事が出来ない関係性であれば、その関係は長くは続かないでしょう。

 

逢い戻りは鴨の味という言葉は一部の人の間では、適用する事が出来る言葉だったのかもしれませんが、今の時代ではこういった事ってないと思うんですよね。

 

 

という事で、今回は逢い戻りは鴨の味ということわざについて書いてみました。

逢い戻りは鴨の味が本当だったら素敵なことなのかもしれないけど、出生率ももっと上がるのかもしれないけど、そんなこともないのよな。

恋愛って何だ?笑

関連記事:恋愛をしたいけどできないのはなぜ?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。