ブロガー「水瀬まりも」とは?
恋愛

結婚することはリスクなのか?

女性にとっても男性にとっても、結婚することというのは人生において一大イベントだと思います。

 

女性は特に、結婚して、子供を作る計画があるなら妊娠、出産というイベントも結婚のあとに続きますよね。

 

昔は男性が外で働き、女性は家で家事をしながら子育てをする、というのが社会的モデルケースでしたが、

現在は女性も男性と肩を並べて働けるようになり、一般男性よりも年収が高い女性も少なくありません。

 

そんな中で、結婚することというのはリスクになりうるのでしょうか?

 

結婚したい気持ちはあるけれど、それによって自分の自由が制限されそうで、どうにもその一歩が踏み出せ無い、という人へ向けて、

今回は結婚がリスクになり得るのかどうか、ということについて書いていきたいと思います。

 

経済力がないまま結婚

 

女性の場合は特に、「結婚して家庭に入ってしまえばいいや」という甘えがどこかにあるようなところがあると思います。

 

就職活動をする段階でも「仕事は数年してそのあとは結婚して家庭に入りたい」というようなことを話している女性って今でもいるものです。

 

しかしこの場合は、結婚することはとてもリスクになると思います。

 

就活していた時期は新卒だからこそ働く場所もあったかもしれませんが、

家庭に入ったあと、年齢を重ねた上で、資格やスキルがないままに就職をする、というのはとても難しいことです。

 

つまり経済力がないままに結婚をする、ということは

その結婚がうまくいかなかったとしても選択肢として「離婚する」ということを選べなくなる、ということなのです。

 

そこに子供がいればなおさらのことでしょう。

 

よく「離婚したいけど子供と自分が生きていくくらいの生活費を稼ぐことができないから離婚できない」と嘆いている女性がいますが

それは自らが選んだ結果なのです。

 

経済力がない、というのは自分にとっての選択肢を全て潰してしまう、ということです。

お金がなければ自由を選ぶことはできません。

 

なので、自活する経済力がないままに結婚をする、ということはリスクになるでしょう。

関連記事:私が考える離婚の原因ランキング!だから別れるんだ。

 

独身だからこそできること

 

独身だからこそできること、というのは確かにあると思うんですね。

 

例えば留学に行ったり、世界中を旅したり、異性と程よく遊んだり。

そういったことは独身のうちにしかすることができません。

 

子供ができれば余計にそういったことはできなくなるでしょう。

 

つまり、そういった独身のうちにしかできないことに未練がある場合は結婚するのはリスクになります。

 

例えば異性ともっと遊んでいたい、というタイプの人は結婚をわざわざ選ぶ必要性はないと思うんですね。

そういうタイプの人は、結婚してもなかなか家庭関係をうまく持続することができないでしょう。

 

気ままな独身生活に未練がある、という人にとって結婚はやはり、リスクになると思います。

 

結局のところ、結婚して誰かと一緒に済むようになると、お互いにお互いの予定が嫌でもわかってしまいますし、

そういったことを束縛のように感じてストレスも感じる人もいるので、関係性が持続しなくなってしまうんです。

関連記事:恋愛がゲーム感覚な人の特徴。

 

結婚の決め手として考えるべきこと

 

結婚の決め手として考えるべきことは、結婚することによって「自分のプライベートが侵されるのではないか」ということではありません。

 

むしろ、自分のプライベートでさえも共有してストレスにならないような人と結婚するべきなのです。

 

結婚する、ということは生きる時間を共有する、ということです。

 

一緒にいても、一人でいる時間と変わらないくらいリラックスできる相手かどうか、これがきっと結婚するかどうかの見極めポイントになるんじゃないかと思います。

 

一緒にいて、「一人になれる時間が欲しい」と強く感じるような相手の場合は

結婚生活そのものがストレスになってしまう可能性が高いんですね。

 

さらに「結婚することはリスクになるんじゃないか」という心配を抱えているような人が

結婚して一緒に住むことをストレスを感じるようになれば

「やっぱり結婚はリスクが伴うものだったんだ」と後悔しやすくなってしまいます。

 

結婚自体にリスクを感じている人は、まずは同棲からはじめてみるのがいいかもしれません。

関連記事:結婚相手を見極める時のチェックポイント7

 

本当にその結婚でいいの?

 

結婚するのは簡単なことではありません。

「やっぱりやめた」ということもやはり簡単にできることではありません。

 

長い時間一緒に過ごしていけば、どこかで「この人ではないかもしれない」と思う日がくるかもしれません。

 

結婚は確かにリスクが伴うものです。

 

しかし、ある程度自分の中でリスクを排除することはできると思うんですね。

 

先述したように、自分の経済力をしっかりつけておくこと、

それから独身生活に対しての未練をなくしておくこと。

 

これだけでも結婚に対するリスクというのはかなりなくなってくると思います。

 

その上で結婚したい、という人が現れた時は、結婚するべき時なのだと思います。

関連記事:やっぱり結婚したいと思うならすれば良い。

 

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ