ブロガー「水瀬まりも」とは?
経営者として考える

独立したいという人が多いけど、本当にあなたは向いている?

最近は起業することがどんどん簡単になってきて、

昔は会社を起こすにも数百万単位でお金がかかりましたが、今では1円起業なんていう言葉ができるほど、独立することはあまり難しくなくなってきました。

 

なので現状サラリーマンとして働いている人の中でも

「3年後に会社を辞めて独立したい」というようなことを話している人がとても多く、実際自分の周りでもそういった話をよく聞きます。

 

ただ「独立したい」と言っている人の多くが、「いつかは独立したい」という人で、

独立する、ということがまるで「会社から解放される」という素晴らしいことのように感じている人ばかりです。

 

確かに独立するということは会社に依存しないで働けるようになる、ということですが

独立することはメリットばかりではありません。

 

特に「いつかは独立したい」なんてことを言っている人は、実は独立するのには向いていない人のことが多いです。

 

独立というのは向いている向いていないがあるものなのです。

 

独立する、ということが会社勤務に比べてどれくらい大変なことなのか、ということについて今回は書いていきたいと思います。

 

細かい事務処理が多い

 

独立すると細かい事務処理がとても多くなります。

 

領収書や請求書の管理は全て自分で行わなくてはいけませんし、

税金の事も考えて節税対策もしていかなくてはいけません。

 

事業をやるにも開業届を出す必要がありますし、会社を起こすにも

  • どの住所を使うか
  • どの電話番号を使うか
  • 屋号はどうするか
  • 登記するかどうか

などなど決めることはたくさんあります。

 

最初のうちはどうしてもそういったことを一人でやっていかなくてはいけないようなところがありますから

これがかなり大変なんですね。

 

独立したいという人は何かしらやりたい事業構想があって独立すると思いますが、

実際独立してからやることはやりたいこと以上にやらなくてはいけないことばかりになります。

 

会社組織としてやらなくてはいけない事務処理に追われなくてはいけなくなってしまうのです。

 

それなりに資金があれば、そのための作業をやってくれる人を雇うこともできるかもしれませんが、

やはり会社の根幹に関わることですからそれは自分でやったほうが確かですよね。

 

独立したい、という人はそういった面倒なことも自分できちんとできる自信があるでしょうか。

関連記事:フリーランスはバーチャルオフィスを持っていた方が良い。

 

スケジュール管理が難しい

 

独立するというこはスケジュールも自分で立てる、ということです。

 

会社に勤務していれば嫌でも決まった曜日に、決められた時間で働かなくてはいけませんが

独立する場合は自分で仕事をする時間と休みの時間を決めることができてしまいます。

 

仕事が好きな人にはそこまで難しいことではないと思いますが、

これを自分で管理する、というのはなかなか難しいことだと思います。

 

やらなきゃいけないことがあるのについつい後回しにしてしまうような人や

自分のオンオフのスイッチをうまく切り替えることができない、という人は独立するのは向いていません。

 

仕事を好きな時にしていい、という環境の中で

自分を律しながら仕事をしていく自信があるでしょうか?

関連記事:経営者に向いていない人?

 

仕事のことを常に考えなくてはいけない

 

独立して経営者として成功している人は基本的に仕事の時間とそうでない時間の境界線が曖昧です。

 

仕事をしていない時も、新しいことを常に考え、自分の仕事に活かせないか、と考えている人がとても多いのです。

 

もちろんそれを苦と思ってやっている人はあまりいません。

新しいことを常に考えることが楽しい、という人がやっているのです。

 

つまり好きなことで独立し、仕事を謳歌している人ですね。

 

独立したい、という人は好きな事業、好きな仕事を見つけられているでしょうか?

 

自分が面白いと思えない仕事を仕事じゃない時間も考えつづける、なんてことは到底無理でしょう。

 

独立したい、という人は、仕事の時間外にずっと考え続けても楽しく思えるような仕事を見つけてください。

関連記事:経営者になるのに必要な資質とはなんだろう?

 

安定しない生活

 

独立する、ということはつまり「毎月固定のお給料をもらえなくなる」ということです。

 

独立したいと言っている人は、ここらへんがあまりきちんと理解できている人は少ないです。

 

独立してから数年はろくに稼げないのが当たり前。

安定した収入はない。

 

そんな状態で自分のやっている事業を信じ続け、やっていく自信はあるでしょうか?

 

常に不安な気持ちがつきまとうと思います。

とても精神的に辛い部分が出てくるでしょう。

 

安易に独立したい、と言っている人がいますが、

そんなに簡単なことではないのです。

関連記事:経営者は悩みが尽きないものです。

 

本当に自分に経営者ができるのか

 

独立したいという人は独立することにとても夢を感じている人が多いですが

実際に独立してみると思っていたほど自由ではありません。

 

人を雇うようになったらさらに悩みも増えます。

人を動かすのは難しいですし、なかなか自分が思うような人材というはいないものですからね。

 

本当に独立するのに自分の性格が向いているのか、もう一度ぜひ考えてみてください。

関連記事:独立しても稼げない人の特徴とは?

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事