ブロガー「水瀬まりも」とは?
経営者として考える

社内起業家って何か違うような気がする。

社内起業家という言葉が最近は一般的な言葉として注目されてきたと思うんですよね。起業家というと、自分の会社を持って、

 

起業をする事だったと思うのですが、最近は起業の選択肢って増えてきたと思うんですよね。VC( ベンチャーキャピタル)から資金を調達する大学生だって随分増えてましたよね。

 

Coupeの竹村恵美さんはサイバーエージェントベンチャーズから、progateの加藤さんはEVから資金調達をするところから事業を始めたわけで、

 

 

そういった方法も一般的になってきていると思うのです。そして、その中に社内起業家というものもあると思っているのですが、

 

社内起業家になるのであれば、独立をしてしまっても良いのではないか?と思ってしまうのです。

 

 

 

そもそも、会社は株主のもの

 

 

これは思う事なんですよね。社内起業家というと、聞こえは良いのですが、これってつまり子会社の社長をやっているのと同じ事だと思うんですよね。

 

株主は自分が所属している会社なわけであって、株式を持てば変わってくると思いますが、基本的には会社は社内起業家のものではなく、

 

 

会社のものになってしまうわけです。もちろん、やりたい事をやれるという事を目的としているのであれば、良いのですが、

 

社内+起業家という起業家というところに「?」と思ってしまうところがあるんですよね。新規事業部長であったりとか、

 

何かそういった位置づけになるような気がしてしまうのです。ただ、メリットはあるとは思うんですよね。

関連記事:フリーランスになる時にはどんな準備が必要?

 

 

 

社内起業家のメリットも考えてみる

 

 

社内起業家って何か違うかも?とは思っているのですが、その一方でメリットだってあると思っているんですよね。

 

何でしょうか?

 

・豊富な資金

 

 

これはあると思うんですよね。社内起業家といっても、お金を最初に出資するのは親会社なわけですから、資金を得る事が出来るんですよね。

 

これって実は大きな事ではあると思うのです。資金調達を一般のVCからするのって、起業をした事がない人にはとても難しい事なんですよね。

 

しかし、社内起業家であれば、そんな事もないのです。

 

広告費だってかける必要性がありますし、社員だって雇っていかなければいけないわけなんですよね。だからこそ、

 

そういった面も考えると、社内起業家のメリットではあると思うのです。

 

 

・親会社の信用で闘える

 

 

これはあると思いますよ。

 

いくら優秀な人が起業をしたとしても、そんな事は取引先にはわからないわけで、「こんな若い人が何をしにきたんだ?」と思われてしまうんですよね。

 

ネームバリューなんて起業した時にはないと思いますので、そういった点で言うと、社内起業家って良いですよね。

 

親会社の名前を使う事だって出来るので、ネームバリューで取引先を増やしていくという事だって出来るわけです。

 

これって実は大きな事だと思っているのです。無名の状態から事業をスタートさせるのって、本当に大変なんですよね。

 

 

最初から親会社の名前を使えるという事は大きな事なのです。

 

 

 

・赤字を乗り越える事が出来る

 

 

これも言える事が出来ると思うんですよね。

 

起業をした事がない人はわからないかもしれませんが、起業としても最初から黒字になるとは限らないわけなんですよね。

 

社員に払う給料だって必要ですし、自分のところで出したサービスが本格的に稼いでくれるまでには時間がかかるわけなんですよね。

 

売り上げが上がっても、安定するまでは広告費を継続的に使っていくでしょうし、そういった意味でいうと、社内起業家はある程度の赤字を許容して事業を興す事が出来るので、

 

そういった意味では良いと思うんですよね。

 

 

赤字を許容出来ないと、受託案件を増やす必要性が出てきてしまったりと、自分の本業に本腰をいれる事が出来ないような状況になってしまう事だってあるんですよね。

関連記事:アプリを作りたいと思ったらできるって幸せな時代だと思う。

 

 

 

本当に自信があるなら自分でやってみれば良い

 

 

もちろん、社内起業家のメリットってあると思うんですよね。しかし、その一方で私は「だったら、自分で起業してみても良いんじゃない?」

 

 

と思ってしまうんですよね。会社が自分のものではないという事は、長期的に考えると辛いと思うんんですよね。

 

もちろん、お金がないから起業が出来ないという人もいると思いますが、そういう人だって今は資金調達の方法がいくらでもあるんですよね。

 

CAMPFIREを使っても良いと思いますし、キックスターターのようなものを使ってみても良いでしょう。

資金調達なら自分でも出来るのです。

 

 

また、最近はfreee とかを使えば、給与の管理とか請求書、そして確定申告まで簡単に出来るようになっているんですよね。

 

 

だからこそ、別に会社に依存する必要性ってそこまでないのかな?と思うのです。自分の中に志があったりとか、

 

 

「起業して成功したい!」というしっかりとした気持ちがあるのであれば、自分で会社を作って少しずつ成長していくのもありなのかな?と思うのです。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事