起業と経営

【実体験】会社分割のメリットとは?実際に分割してみて僕が感じたこと

皆さんの中には、会社経営をしているという人もたくさんいると思うんですよね。会社経営をしていると、大変な事って多いわけですよね。

社員の教育もしなければいけないし、今後、どのような分野に投資していけば良いのか?という事をきちんと考える必要性があるわけです。

ディズニーのCEOのロバートアイガーさんの著書なんかを読んでいると、「やっぱり経営って大変だよなぁ」と思うはずw

でさ、まあ会社を経営している中で、ある程度のフェーズになってくると……

会社分割」について考える事があるという人もいると思うんですよね。

そこで、今回は会社分割のメリットについて、実際に会社分割をしてみた経営者である私が書いていきたいと思います。

不動産を分ける事が出来る

これは会社分割のメリットの1つであると思うんですよね。どこの会社でもある事なのですが、会社で不動産を持っている場合ってあると思うんですよね。

減価償却による利益の圧縮目的、ストック収入の確保等、目的は様々だと思うのですが、実際に不動産を持っている会社は多いのです。

例えば、帝国ホテルなんかは、「賃貸事業」が利益に占める割合が大きかったりもする。(利益の20%以上が不動産投資による利益)

帝国ホテルで食事をする私w

不動産を持っている会社であれば、会社分割のメリットってあると思うんですよね。例えば、自分がもう引退をしようと思っている時であれば、

会社で持っていた不動産を会社分割をして新しく作る会社の方に移行して、引退後は不動産収入で生活をするという事も出来るんですよね。

まりも

引退後だって色々お金が必要になったりするからね?

図で説明するとこんな感じ。会社には現金を含めた色々な資産があるけど、その中の「不動産だけ」をもらうことができるんですね。

これって、実は多くの経営者がやっている事ではないでしょうか?例えば、会社で1億円の不動産を持っていたとします。

利回りが10%の不動産だとしたら、年間で1000万円の収入になるんですよね。だから、会社分割後の会社から、

役員報酬として、吐き出せば良いんですよね。これによって、その後の生活も安定したものになるんですよね。

まりも

もちろん、融資なんかがあったらそれはまた別で銀行側の同意が必要だけどね?

不動産を持っている会社の社長であるならば、会社分割のメリットってあると思いますよ。私の知り合いも私の勧めで会社分割をしたのですが、

その後は、不動産賃貸業の会社として、プライベートカンパニーのような形で経営されています。

関連記事:フリーランスは請求書を出す時間すら節約した方が良い。

会社が潰れた時のリスクヘッジ

これも会社分割のメリットとして考える事が出来ると思うんですよね。その時にうまくいっている事業でも、時代が変われば、

そうではなくなってしまう事ってよくあるんですよね。

その場合、会社が同じだと、一緒に潰れてしまう事があるんですよね。これって会社としてリスクになってしまうのです。

会社分割をしていれば、もしも事業に失敗して倒産してしまっても、もう会社分割をしているので、もう1つの会社は無事なんですよね。

こういったリスクヘッジの面も考えても、会社分割のメリットってあると思うのです。実際、大企業でもいくつも会社を持っていたりするじゃないですか?

少し前に流行ったサービスとかを専門にやる会社を別会社にしてやっていたりしますよね?これって、実はリスクヘッジでもあるのです。

まりも

連鎖倒産が続いてしまったら困るからねw

会社分割のメリットとして、1つの事業がダメになってしまっても、他の会社は潰れないという事は大きなメリットだと思うんですよね。

そして、これが法人という形の本質でもあると思うのです。

関連記事:フリーランスになる時にはどんな準備が必要?

訴訟を起こされた時にも対応出来る

これもあると思うんですよね。

会社をやっていると、訴訟を経験した事があるという人も多いのではないでしょうか?

私の知り合いの、最近有名になっているIT系の社長さんも社員さんから訴訟を起こされて、多額の賠償金を払っていたんですよね。(某東大卒の起業家の話でごぜぇますw)

残業代を払っていなかったという事が原因だったのですが、こういった事で訴訟を起こされる事だって実際にはあるんですよね。

まりも

怖い怖い……笑

しかし、こんな時にも会社分割のメリットというものが効いてくるのです。会社分割をしていれば、仮に訴訟を起こされても、

1つの会社でしか責任は負わないわけなんですよね。A社に訴訟を起こされて、10億円の請求があったとしますよね。

一方で、B社には10億円の資産があったとします。

しかし、この場合でも会社分割をしていれば、B社は10億円の支払い義務を負わないのです。これって会社分割の大きなメリットだと思うんですよね。

会社を経営していれば、どうしても訴訟リスクというものはありますし、実際に私の周りでも訴訟を起こされて、

数千万という多額の賠償金を払っている人ってたくさんいるんですよね。

ホールディングス制とかをとっている会社でもこういったリスク分散の考え方を持っている人だっていると思うんですよね。

会社分割を見てきた身としては、

多少迷っても会社分割をした方がすっきりする事って多いんですよね。不動産を切り離す場合とかでもそうですし、

「この会社もう危ないな」と思った時でもそうなんですけど、

分割する事によって、リスクを分散する事が大切になってくるのです。まあ、その分コストはかかるけどね?月々の税理士報酬とか、決算でもそうだけど、固定費はかかってくるのよ。笑

でも、まあ仕方がないかな?と。

経営者として何ができるのか?リスク分散のために何をするべきなのか?

リスク分散を考えるのも経営者の仕事だと思う。

関連記事:経営者は決断の疲れを減らすべき。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。