経営者として考える

フリーランスには安定って基本的にはない。

フリーランスになる人っていると思いますし、実際フリーランスとして働くという事がだんだんと普通になってくるとは思います。

 

アメリカでは既にフリーランスとして働いている人が日本に比べても多いですしね。しかしながら、フリーランスとして仕事をするという事は、

 

安定はないという事でもあるんですよね。

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

フリーランスは仕事がなくなる事もある

 

サラリーマンとして働いているのであれば、仕事ってこなすものであって降ってくるものであったと思うんですよね。

雨のように降ってきて、それをこなしていく。そういうゲームですよ、ええ。私もサラリーマン時代は馬車馬のように上司の下で働いていました。

ただ、フリーランスはそういったものがないんですよね。自分でフリーランスとして活動して、そこで仕事をもらえなかったら、

 

それで終わりなんですよね。「あの人仕事してないじゃん」なんてことも言われない。ただただ消えていくだけなんです。

だからこそ、フリーランスには安定がないという側面はあると思うんですよね。

 

大量の仕事が舞い込んでくる時があっても、景気が変わったりとか、フリーランスとしての地位が危なくなった時には、

仕事がなくなってきてしまう事だって実際にあるんですよね。

 

 

多くのフリーランスの方って5社〜10社くらいのクライアントで仕事を回しているように思います。つまり、こういった側面から考えると、

 

フリーランスには安定って基本的にはないんですよね。仕事がもらえなくなれば、それが売上に直結してしまうので、

 

そこを考えると、非常に不安定であるという事ではあるのです。まあ、ある程度分散していれば、フリーランスでも安定したお金がもらえるようにはなってくるのだけど。

関連記事:フリーランスは請求書を出す時間すら節約した方が良い。

フリーランスには病気のリスクがある

 

これもあると思うんですよね。フリーランスには安定がない理由としてはやはり自分の身体が完全なる資本になっているところだと思うのです。

 

サラリーマンとして働いていれば、自分の代わりなんていくらでもいるんですよね。病気になってしまって、

 

入院しても別にそこまで問題にならないじゃないですか?でも、フリーランスにはそういった意味での安定ってないと思うんですよね。

 

大きな病気をしてしまったら、それだけで稼げなくなってしまう事だってあるんですよね。取引先はフリーランスの人が病気になったからといって、

 

その間の報酬をくれるわけではないんですよね。雇っているわけではないから、ただただ頼む先を変えるだけ。別のフリーランスに変えるだけ。

そのため、フリーランスは身体的なところから考えると、安定というものはないと思うんですよね。

 

病気をしない、予防をするという姿勢がこれからのフリーランスには求められてくるのではないか?と思っているのです。

私も独立してから全然健康診断を受けていなかったんですけど、人間ドックが怖いし、ストレスを感じるけど頑張って行ってみた。でも書いた通り、人間ドックに行ったり、

ジムに通い始めたので、感じたことを書いてみる。にも書いたように、スポーツジムにも行くようになりました。

健康的な生活をしていないと、自分が食べていけなくなるんで。

関連記事:フリーランスになる時にはどんな準備が必要?

 

 

 

その仕事が続くかどうかはわからない

 

フリーランスって何かしらの能力があるからこそ、成り立つものだと思うんですよね。

 

例えば、ウェブデザインとかにしてもそうじゃないですか?昔はウェブサイトを1つ作るというだけでもかなりの金額をクライアントから受け取る事ができたんですよね。

それこそ数百万レベルは当たり前だった。

しかし、今となってはそういったデザインとかってそもそもあまりしなくなってきているというか、大手であればすると思いますけど、

中小とかだと、最初から全てコーディングしてサイトを作る事ってなくなってきていると思うんですよね。

また、ウェブデザイナーで言うのであれば、金額だって昔に比べて安くなったと思うんですよね。ウェブデザイナーが増えた事によって、

単価は下がって来ているのです。

 

フリーランスにはそういった事から考えると安定ってないと思うんですよね。今の仕事が未来永劫続くという事なんてないと思いますし、

 

価格だって下がってしまうかもしれません。そういった時にどうやって生き残っていくのか?という事を考えなければいけないのがフリーランスになってきていると思うのです。

フリーランスで安定って基本的にはないものですし、逆を言うと、安定させるためにはどうすれば良いのか?という事を考えていると思うんですよね。

ストック収入を作っている人とかだって中にはいると思うんですよね。

関連記事:私は怠け者だから仕事しないでフリーランスやってるんだ。

フリーランスとして生き残ろう

 

 

フリーランスって良いものだと思われている一方でリスクだってたくさんあると思うんですよね。そして、何よりも自分が努力しなければ、

 

フリーランスは安定どころか稼ぐ事すら出来ないと思うんですよね。

1円を稼ぐ事だって本当は物凄く大変な事だったりするんですよ。

 

最近は、freee 等の確定申告、給与計算が出来る経理システムが充実しているので、フリーランスにとっては本業に専念出来る時代になっているんですよね。

 

良い環境が構築されてきたのです。

だからこそ、これからの時代のフリーランスは安定するにはどうすれば良いのか?という事をきちんと考えなければいけないのです。

 

フリーランスだって起業家と同じように、「どうすれば数十年生き残っていけるのか?」とか「100年後も生き残っていけるのか?」を考えなければいけないのです。

 

フリーランスは安定を手にするための方法をひたすら考えるべきなのですよ。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。