私の仕事論

仕事を休めない、ってかなり人生損してる

会社を休みたい、でも休めない。

そんなジレンマと戦っている人は少なくないでしょう。

 

日本のサラリーマンの多くが自分の仕事が好きなものでなく、生活するために我慢して働かなくてはいけないもの、と思っています。

 

しかし休みたいのに休めない会社で働き続けることはとても危険なことです。

 

一生その会社で本当に良いのでしょうか?

 

新卒で会社に就職してから定年退職まで40年、本当にその会社に自分の40年を尽くしたいと思えるでしょうか?

 

世の中にはたくさんの会社があります。

一つの会社に勤めるだけではわからないことがたくさんあるでしょう。

 

今回は休めない会社で働き続ける奇妙さについてお話しします。

 

休みたいは自分のサイン

 

まず仕事をする上で、

理由があって休みたいと思うことはよくあると思います。

 

  • 風邪を引いてしまった
  • 家族の具合が悪い
  • 子供を見てくれる人がいない
  • 子供の学校行事
  • 生理痛がひどい

そんなことは誰にでもあって、こういった都合がない、ということはありえないことでしょう。

 

そしてそういう時に休めない仕事につくと、あとで後悔すると思うのです。

 

一生に一度の子供の運動会なのに、見れなかった……」となったら悲しいですよね。休みたい時に休めないと、あとで後悔することになるのです。

休みたいのに休めないというのは自分の優先順位を会社に決められてしまっているということです。

 

自分が進んで選択した道ではなく、会社に強制的に選ばされている道を歩んでいっているわけです。

 

もしあの時会社を休めていたら、なんてことがきっといつか訪れるでしょう。

 

 

さらにいえば、そういう休みたい、という気持ちは自分の体のサインである場合もあります。

休みたい時に休めないせいで、自分の体がどんどんボロボロになってしまうことだってあるのです。

 

休みたいと思った時に休めないというのはもはや人権侵害レベルだと思うんです。

関連記事:会社に行きたくない朝をなくそう

 

責任を感じる必要はない

 

休みたいと思っている時に休めない人の多くの休めない理由は「自分が行かないと自分の仕事を代わりにできる人がいないから」というものだと思うんですね。

 

私の友人にも「自分が仕事に行かないとお客様の対応ができないから」といって会社を休めないでいる人がいました。

 

しかしこれは会社の体制としてはとてもおかしなことなのです。

その個人にしかできない仕事をたくさん抱えているような会社というのは組織として成立していないですよね。

 

基本的には会社というのは個人をカバーしあうための組織であるはずです。

 

個人の仕事に頼りきっている会社というのはそもそも会社組織として不十分すぎます。

その個人が急に仕事を辞めてしまうことだってあるわけですからね。

 

そのリスクヘッジができていない会社ということです。

 

ですからそれは、自分が感じなくてはいけない責任なのではなくて会社側が感じるべき責任なんです。

 

休みたい時に「代わりがきかないから」という理由で休めないような会社であり、

本当に自分に代わりのきかない技術的なスキルがあるなら、会社を辞めてしまってフリーランスとしても十分やっていけるでしょう。

違う?そうでしょう?

 

代替不可能が技術を持っているならそれはもう会社組織に依存する必要性がないのです。

休みたい時に休めない会社に依存するよりも自分で起業してしまったほうが快適に仕事をすることができるようになるでしょう。

 

休みたい時にきちんと休めるようになります。

 

今時代はデジタル化への過渡期で、多くの会社が縮小、倒産しています。

会社に就職したから将来安泰、という時代は終わってしまったのです。

 

だからこそ、被雇用者も「この会社は本当に将来的に大丈夫なのか」という目を常に持っておくべきだと思います。

関連記事:会社が倒産する時の兆候とは何だろう?

 

休めないまま過ごすと起こる怖いこと

 

休みたいという自分のサインを無視したまま休めない日々を送っていると、いずれ自分にガタがくる時が来ます。

 

そうやってうつ病になってしまった人をたくさん見ました。

そしてうつ病がさらに深刻化すると統合失調症という精神病を引き起こす恐れもあります。

 

そこまでいってしまったら仕事をするどころか一人で生活することもままならなくなってしまいます。

家族の介護が必要になる生活になってしまうのです。

 

一人で外出するのも難しければ、一人で自宅でじっとしていることも不安で恐ろしくなってしまう。

 

会社のせいでそんなことになるなんて嫌じゃないですか?

人生そのものが会社のせいで狂ってしまうんです。

 

休めない会社に勤務し続けることは本当に恐ろしいことなのです。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

自分に合っている働き方を探そう

 

休みたいと思った時に休めない会社で働いている人はなるべく早く転職するために動き出しましょう。

 

仕事は自分にとって楽しいものであるべきです。

 

もし自分に合っている仕事がどんな仕事なのかわからない、という人はグッドポイント診断を使って自分の強みを診断してみましょう。

設問に答えていくだけで自分の強みやそれを活かすことができる仕事を紹介してくれます。

 

自分が楽しく働くことのできる会社に勤める、ということはとても大切なことなのです。

関連記事:企業の口コミサイトを利用すれば、ブラック企業は避けられる。

 

手遅れの状態になる前に、早く行動しましょう。

仕事を休めない、という状態のまま働くことが正しい、と言ってくる人もいると思う。たしかにそういう時代もあったのかもね。

でも、いまはそういう時代じゃないんですよ。

好きなことをやって、自分の仕事を資産に、ブランド力に変えていく時代だと思う。

 

もっと自分の心に合った働き方をするべきなのです。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。