ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

大腸検査は痛い?ポリープ切除経験者が絶対に受けることをおすすめする理由

大腸内視鏡検査を何度か受けているのですが、20代前半なのに大きなポリープが見つかり、そのまま切除した経験があります。

 

きっと初めて大腸検査を受ける人はこれから大腸検査を受けるに当たってものすごい恐怖を感じているんでしょう。

 

なんて言ったってぶっといカメラをお尻の穴から入れられて大腸の中を検査されるわけですからね。

 

これから初めて大腸検査を受ける、という方へ、

大腸検査を受けるのが痛いのか、その他注意するべきことについてお話しします。

 

怖いくても大腸検査は定期的に受けた方がいいと思います。

 

痛いのか

 

病院によって大腸検査の時に麻酔をしてくれるところとしてくれないところがあります。

 

麻酔をしてくれないところで受けた大腸検査はものすごく痛いと感じました。

痛みに弱い方ではないのですが、それはもう本当に半泣きレベルで痛いと感じました。

 

大腸はお腹の中でぐるぐるとしている構造になっているので、大腸に角度がついていて曲がっているカーブに大腸カメラがさしかかると

そのカーブに沿わせてカメラを入れようとするのでそこで痛いと感じるようです。

 

痛いのが嫌な人は麻酔をしていくれる病院を探しましょう。

 

ただ、麻酔をしてくれる病院は本当に眠っている間に大腸検査が終わっています。

その場合は痛みや気持ち悪さはないのですが、眠っている間に体の中を見られるのは嫌だ、という人もいるでしょう。

 

それに麻酔をする、ということは痛覚がなくなる、ということですからリスクにもなります。

 

麻酔をする場合は同意書のサインも必要になります。

 

万が一、ということだってあり得るわけですから、そこは自分が判断して病院を選ぶようにした方がいいでしょう。

 

どちらにせよ、大腸検査を受けるにはまず病院で診察をしてもらって下剤をもらってこなくてはいけないので

その時にお医者さんにしっかり相談をすることをおすすめします。

関連記事:緊張を克服しよう

 

食事制限が辛い

 

大腸検査前の食事制限はかなり辛いです。

 

検査の前には大腸を空っぽにする必要があるので、食事はしてはいけませんし、腸の中にあるものを下剤で出す必要があります。

 

検査の前日は夜の決められた時間からご飯を食べてはいけません。

飲み物も固形物や脂質などを含むものは飲んではいけないので基本的には水です。

 

前日にカプセルタイプの下剤を飲んで、次の日の朝から1時間から2時間程度かけて下剤を飲みます。

下剤は粉末状のものがパッケージに入っているので、それに水を入れて溶かして飲むようになっています。

 

年々味が改良されているのでそこまでまずくはありません。

 

私は

  • ニフレック
  • モビプレップ

の二種類の下剤を飲んだことがありますが、どちらもちょっとまずいスポーツドリンク、といった感じです。

 

2リットルあるので苦手な人には飲むのは辛いと思いますが

多分「これくらいの状態になったらもう飲まなくていいよ」という指示をもらえるはずなので、

全て飲もうとせず、ゆっくり自分のペースで飲むことをおすすめします。

 

体の中が空っぽになると体温が下がることもあるので暖かい格好をしておくか、ひざ掛けなどを準備しておきましょう。

 

このドリンクの下剤を飲み始めてからは飲んではトイレ、の繰り返しになるので、

トイレではなるべくお尻をごしごし拭かず、シャワーで流して水分だけ拭き取る、という形にすることをおすすめします。

 

私は始めての大腸検査の時にトイレに行くたびにごしごし拭いていたらお尻が痛くなってしまい、

大腸検査の時看護師さんに「お尻赤くなっちゃってますね」と言われてとても恥ずかしかったです。

関連記事:睡眠不足はストレスになる。だからこそするべき事。

 

ポリープがあるかもしれない恐怖

 

私は大腸検査をたまたま「やってみよう」と思ってやったらポリープが見つかりました。

 

特に症状はなかったのですが、あと少し遅かったら開腹手術、もっと遅ければがんになっていたかもしれないと言われました。

 

幸い大腸検査で見つかったポリープはその場でレーザー切除してもらうことができ開腹せずに済みました。

 

本当に症状はまったくなかったのですが、

もしもあの時なんとなくの気分で大腸検査をしていなかったら、と考えるととても恐ろしいです。

 

以来2年に1度は大腸検査を受けるようにしています。

 

私は痛いのは嫌なので麻酔をしてくれる病院で検査を受けています。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

定期的に大腸検査しよう

 

若くても大腸検査で大腸ポリープが見つかることはある、ということが証明されました。

珍しいことらしいですが、大腸ポリープができやすい体質の人もいるようです。

 

切除したポリープは悪性ではなかったので問題ありませんでしたが

ポリープをそのまま放置しておくとがん化することもあります。

 

20歳を過ぎたら大腸検査も定期的に受診することをおすすめします。

 

忙しくてついつい検査は後回しになってしまいがちですが、

家族や大切な人のためにも、健康を大事にしてください。

関連記事:有給を取れない会社を辞めたいというのは普通だと思う。

 

では今日はこのあたりで。

 

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事