ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

年収の交渉を当たり前に出来たら良いのにと思う。

転職をする時、大切にしている事って人それぞれ全く違うと思うんですよね。社風を大切にしている人もいれば、

 

年収を大切にしている人だっているわけなんですよね。しかし、転職において年収の交渉をする事って難しい場合も多いわけなんですよね。

 

 

ただ、これからは年収の交渉というものが当たり前の時代になっていっても良いと思っているのです。

 

 

年収の交渉をすると印象が悪くなる?

 

これは年収の交渉が出来ない原因だと思うんですよね。確かに、会社という組織の中で働く以上は、どうしても

 

企業が上の立場であり、社員は下という意識になってしまいがちなんですよね。だからこそ、転職の時には年収の交渉ってやりにくいわけなんですよね。

 

 

「年収の交渉をしたら採用してもらえないのではないか?」と思ってしまい、本来であれば希望する年収があるにも関わらず、

 

年収の交渉をする事が出来ない人っているのです。確かに、これってあると思うんですよね。人事としては、

 

「年収よりもやりがちはどうなんだ?」と思ってしまうのが、日本の一般的な人事であるし、そう言った意見がある事も理解出来るわけなんですよね。

 

 

年収を気にする人は良くない人で、年収を気にしない、やりがいだけを重視する人の方が良い仕事人だと思っている人が非常に多いのです。

 

しかし、本来的には年収を大切にしている場合は、大切な事だと思うんですよね。

関連記事:転職で聞かれる希望年収、適正金額はいくら?

 

 

自分から年収の交渉をするのって辛い

 

 

これもあると思うんですよね。

 

企業からの印象が悪くなるからという理由ももちろんあるのですが、それ以外にも年収の交渉なんて自分が言える事なのか?

 

という事を考えている人だっているわけなんですよね。年収の交渉が出来るのは仕事が凄く出来る人だけであって、

 

一般的なサラリーマンである自分は年収の交渉なんて恥ずかしくて出来ないと思っているのです。しかし、転職をするのであれば、

 

やはり年収というものは気になるものなんですよね。いくらやりがいのある仕事でもお金をたくさんもらえる仕事と、

そうではない仕事ではやる気だって変わってきてしまうものなんですよね。

 

 

年収の交渉をする事って海外では当たり前の事ですが、それも日本では普通ではないわけです。自分で年収の交渉をするというよりは、

 

「自分で少し我慢すれば納得するレベル」の求人に申し込むというのが通常の流れだと思うんですよね。

 

でも、別に年収の交渉くらいしても良いと思いますし、それが当たり前の世の中になったら面白いのになと思うのです。

 

ただ、誰でも出来る仕事や、そもそも構造的に儲からない業種であれば、別だと思うんですよね。そういった会社だと、

 

 

年収の交渉をしても、そもそも企業がそれなりの年収を出すだけの余裕がない事だってあるんですよね。だからこそ、

 

企業や業界の選定というものはきちんとしていかないといけないのですが、それでも、きちんと利益のある会社に行くのであれば、

 

別に年収の交渉くらいしてみれば良いのです。自分に能力がそこまでないと思っていても、気に入ってもらえればある程度の年収でも雇ってくれるところってあるんですよね。

関連記事:なぜ大手企業の年収は高いのか?

 

 

年収で暮らしは変わってくる

 

 

年収の交渉が出来ないという人が多いのは事実なのですが、実際には年収によって生活レベルというものは変わってきてしまうわけなんですよね。

 

月にもらう金額が3万円程度違うだけでも実は生活におよぼす影響って大きなものがあるんですよね。事実、皆さんも転職経験があるのであれば、

 

生活レベルの差というものを知っている人が多いのではないでしょうか?だからこそ、私は転職をするのであれば、

 

 

きちんと年収の交渉をしていった方が良いと思うんですよね。

 

ただ、最近はこのような「年収の交渉が出来ない」という現状を変える動きだってあるわけなんですよね。

 

リクルートエージェントであれば、年収の交渉をプロのエージェントが代行してくれるのです。

リクルートエージェント

 

私がリクルートエージェントをおすすめする理由。でも紹介しておりますが、

 

実際、自分で年収の交渉をする事って難しいわけなんですよね。自分で言うのは恥ずかしいと思う人だっていると思いますし、

 

企業からの印象が悪くなってしまうのではないか?と思ってしまう人だってたくさんいるわけなんですよね。

 

だからこそ、年収の交渉は代行してもらった方が効率が良いわけなんですよね。今は転職でエージェントを使っているという人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

年収の交渉というものが当たり前になる時代が近づいているとは思うのですが、まだまだ浸透していないと思うんですよね。

 

しかし、労働条件を改善する事によるメリットって実は大きいわけです。だからこそ、きちんと年収の交渉をしなければいけないのです。

関連記事:年収が少ない人の特徴を徹底解説!

よく読まれている記事
関連記事だよ