ブロガー「水瀬まりも」とは?
経営者として考える

社長になりたいという人が身につけるべき仕事の判断力

最近は中小企業の力がどんどん強くなってきていて、数も上昇傾向にあります。

 

起業したい、独立したい、社長になりたい、という人も多くなってきているでしょう。

そしてそういった人たちでも仕事をとれるような社会になりつつあり、これからさらに独立して起業し、社長になる、という人が増えていくと思います。

 

ただ、社長になりたいという人はもちろんのこと社長になることがゴールなのではなく、

社長になって会社を経営し続ける、ということが目標なわけですから

社長として経営をし続けるために必要なことを理解しておくべきです。

 

私の周りにも起業して社長になった人が多くいますが、

社長になってからすぐってやっぱり何をどうしたらいいのかわからなくて不安になることがたくさんあると思うんですね。

 

友達に社長がたくさんいるわけでもないでしょうから、誰かに相談する、ということもできず孤独な思いをしてしまうこともあるでしょう。

 

今回は社長になりたいという人が社長になる前に身につけておくべき仕事の判断力についてお話します。

 

仕事を受けるかどうかの判断力

 

社長になると仕事は自分で作り出していかなくてはいけなくなります。

 

社長になりたい、と思っていたサラリーマン時代と違って、人に言われた仕事をやっていればいい、というわけではないのです。

 

社長になったばかりは頼まれる仕事、目の前の仕事をこなしていくことに夢中になってしまうかもしれませんが、

ある程度仕事を外部から依頼されるようになってくると必要になってくるのが

「仕事を受けるかそれとも断るか」ということを判断する判断力です。

 

社長になりたいと思っている人は大体の場合が仕事ができる人で、自分の仕事にそれなりに自信がある人だと思うんですが、

そういう人こそ、この判断力は身につけなくてはいけないものです。

 

というのも、全ての仕事を引き受けていたらいつかパンクしてしまう時が来ます。

 

どの仕事を受けてどの仕事を断るのか、ということを適切に判断できないと

ただ仕事をもらってその仕事をきついと思いながらこなして、になってしまい、

それではせっかく社長になりたいと思って社長になってもサラリーマン時代とあまり変わらない、という結果になってしまうんです。

関連記事:サラリーマン大家が成功しない理由

 

人を見る力

 

社長になれば人を雇う、という立場にいつかはなると思います。

 

社長になったらそれなりに守っていきたい企業理念があると思いますが、

それがうまく合致する人、というのはなかなかいません。

 

例えば知人の社長は「なるべく自由に、感じたように仕事をしてほしい」という風に思っていたそうなんですが、

雇った人は「指示をもらわないと仕事がうまく進まない人」だったんですね。

 

このように、社長の価値観というのはなかなか従業員とは合わないものです。

 

だからこそ、雇う人一人一人に向いている雇用形態を考えてあげられるように

その人がどうやったら仕事がしやすいのか、というその人の人間性を見てあげることもまた社長として大切なことなのです。

関連記事:経営者は悩みが尽きないものです。

 

自分で決める判断力

 

社長になったら周りの人に意見を聞く、ということがかなり難しくなってきます。

 

なぜなら会社の人間は「社長の判断についていく」という精神が根底にあるからです。

会社の内事情や経理のことは考えてくれません。

 

全てが自分の責任になる決断じ自分でしなくてはいけなくなるのです。

 

だからこそ、「誰かと一緒に決める」「誰かの言っていることについていく」という精神の人には社長は向いていません。

 

社長になりたいならいろんな決断を自分が一人でするんだ、という意識を持つようにしましょう。

 

実際に今社長として成功している人たちはものすごく決断力があります。

思ったことをすぐに行動に移すスピード感と、その直感力が会社を動かしているんだなと感じさせられます。

 

もしそういった責任を負うプレッシャーに耐えられない、というなら社長になるのは諦めた方がいいかもしれません。

関連記事:経営者に向いていない人?

 

やらないことを決める大切さ

 

社長になりたいならやらないことをしっかりと決めましょう。

社長というのは基本的に時間がない人が多いです。

 

仕事において「社長にしかできないこと」と「社長以外の誰かでもできること」の線引きをしっかりして、

社長である自分にしかできないことを優先的にこなしていくようにし、

他の誰かでもできることならお金がかかったとしてもそれは委託するべきだと思います。

 

なぜなら、社長以外でもできる仕事を社長がやってしまうその時間で、社長はきっとお金を稼ぐことができるからです。

 

本当に自分がやらなくてはいけない仕事はどれなのか、

どの仕事を選べば今後の自分の役に立つのか、ということを基準にやらないことを決めることをおすすめします。

関連記事:人のためになる仕事をする事で幸せになる。

 

 

社長になりたいと思う人は自分が本当に社長に向いているのか、ということを今一度考えてみましょう。

 

社長になることは簡単でも、そのまま会社を経営し続ける、というのはとても大変なことです。

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ