ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

勉強が面白いと感じるためのコツは?

受験勉強でも学校の勉強でも資格の勉強でも、基本的には人間は「大変だな」と思いながら、行うものなんですよね。

 

だからこそ、もしも勉強が面白いと思えたらどれだけ楽になるだろう?と感じるものだと思うんですよね。

 

事実、勉強が面白いと思って、やっている人はどの勉強においても楽しく勉強をする事が出来るので、成績も良いわけなんですよね。

 

では、どうやったら勉強が面白いと感じるようになるのだろうか?今回はそんな事について書いていこうと思います。

 

 

無駄な知識を取り入れる

 

 

これは言える事だと思うんですよね。

 

勉強が面白いと感じている人に質問してみると、「それって勉強する必要があるの?」という事まで知っているという事実があるんですよね。

 

なぜか?というと、これはその方が勉強が面白いと感じるようになるからでもあるんですよね。知識として知っておくべき事というのはたくさんありますし、

 

一問一答形式で覚えるような参考書だってたくさんあるでしょう。しかし、単純に知識だけを脳に詰め込もうとしても、

 

人間の脳は「なんでこんな事を覚える必要があるの?」という反応をしてしまうと思うのです。その一方で無駄な知識に関しては、

 

「面白いじゃん」という反応を持って、勉強をする事が出来るわけなんですよね。例えば、アメリカ独立戦争を覚える時には、

 

ベンジャミンフランクリンという人物が出てくると思うのですが、こういった人物のバックグラウンドを調べてみると勉強が面白いと感じるようになるんですよね。

 

あれ?ベンジャミンフランクリンってフリーメイソンだったの?とか、テロで有名になったオサマビンラディンってアフガニスタンの人じゃなかったのか?

 

等、受験勉強では出てこないような事を覚える事によって、勉強が面白いと感じるようになるんですよね。

「そんな事は時間の無駄だ」と思う人だっていると思いますが、その方が逆に勉強を面白いと感じている状態で勉強をする事が出来るので、

 

効率は良くなるんですよね。

 

だからこそ、無駄な知識ほど、覚えてしまったり調べてしまった方が良いのです。余裕がないと焦っている人でも、

 

これはやってみた方が良い事なんですよね。

関連記事:大学受験に落ちたという人がやるべき事

 

 

テストを頻繁に受ける

 

 

これも大切だと思うんですよね。

 

何の勉強にしても、テストをする事ってあると思うのですが、どのくらいの頻度でテストを受けているのでしょうか?

 

これってある程度は多い方が良いと思うんですよね。その方が、自分がやった勉強量に対して、どのくらい成果が出ているのか?

 

という事を細かく知る事が出来るわけなんですよね。そうなってくると、自然と勉強を楽しいと思う機会が増えてくると思うのです。

 

テストって暗い気持ちになるだけだから受けたくないと思っている人多いのですが、それでも受けた方が良いんですよね。

 

現実を見るためでもありますし、きちんと勉強をすれば、それだけでテストの成績って全然変わってくるわけなんですよね。

 

 

勉強が面白いと感じるのって最初は無理だと思うんですよね。テストという試験場で挑戦し、その結果を見た時に、

 

大きな達成感というものを得る事が出来るのが、勉強だと思うのです。勉強が面白い!とテストを通じて1度でも感じる事が出来れば、

 

それだけでその後は楽しくなってくると思うんですよね。成績だって上がってくるでしょう。それくらい勉強が面白いと感じるためには、

 

テストというものが大切になってくるのです。

関連記事:宅浪なんて成功しません。借金してでも予備校にいけ!

 

 

 

脳内でストーリーを作る

 

 

これも勉強が面白いと感じるためのコツだと思うんですよね。

例えば宅建士の勉強をしている時に、「詐欺にあったらどうなるのか?」という民法の部分を勉強する機会があると思うんですよね。

 

そういった時に、「もしも隣のおばさんが詐欺師だったら?」という感じで、ストーリーを作ってみれば良いと思うんですよね。

 

自分の身近な人で考えないと、知識って人間の脳内に定着しないというのが本当のところなんですよね。

 

タモリさんとかでもそうですが、記憶法としてもストーリー記憶法を使っている人は多いんですよね。

 

 

自分の身近なモノやところに置き換えるって意外と簡単に出来ると思うんですよね。これを遠回りだと思うのであれば、

 

一度覚えた!と思うまで勉強してみてください。普通に勉強しただけでは知識って忘れていってしまうものなんですよね。

思い出すための導線がたくさんある事によって人は物事を思い出す事が出来るようになるのです。

 

そうなってくると、だんだんと成績も上がってきて、勉強が面白いと感じるように自然となっているわけなんですよね。

 

覚える事が出来る勉強だと、私たちはストレスを感じないものなんですよね。テストの数字等でも、成績というものが出ると思うので、

 

ぜひ、検討してみてください。勉強が面白いと感じるようになると思いますよ。

関連記事:浪人の時にやってはいけないこと。

よく読まれている記事
関連記事だよ