仕事

飲み会が嫌いなら仕事でも行かない選択肢があってもいい

社会人になって仕事をするようになると、大学生の頃とは違って仕事の付き合いで飲み会に行かなくてはいけなくなる機会も多くなり

飲み会がどんどん嫌いになってしまう、ということもあると思うんですね。

 

ですが、飲み会が嫌いだからと言って飲み会にいつも参加しないでいると仕事がうまく行かないんじゃないか、と思って

嫌いな飲み会でも参加するように心がけている人も多いでしょう。

 

しかし仕事の付き合いでいく飲み会というのは本当に無駄なものだと思うんですね。私も凄い苦手でした。行きたくなかった・・・

 

私も前職で飲み会必須の職場に勤めていました。

そしてその飲み会に参加しないと上司から「どうして参加しないんだ」と怒られるような仕事をしていたんです。

 

しかし結局その雰囲気が嫌で

そして参加したくもない飲み会に参加するのも嫌で、次第に飲み会に参加しなくなり、仕事を辞めました。

 

今回は飲み会が嫌いで行きたくないと思うなら、行かなくてもいいんじゃないか、というお話をしてみたいと思います。

 

飲み会不参加で仕事に影響?

 

飲み会に参加しないと仕事に影響する、と考えている人は多いようですが、

最近は中高年層の間でも「飲み会に参加する若者が減ってきている」という認識はあるようで

飲み会に参加しないからといって仕事が円滑に進まなくなる、ということはあまりないようです。

 

経営者の方にお話を聞くと、むしろすぐに辞めてしまう新人が多いから、雇う側もかなり気を遣っている、というお話をされていました。

 

「飲み会にこないからあの人には仕事を振らないようにしよう」ということにはなかなかなりません。

そもそもそんなことになるような仕事場なら飲み会以外の理由でもいじめやパワハラが起きているでしょう。

 

つまり飲み会に行っても行かなくても、きちんと自分の仕事の領分をこなしていれば

「給料が減らされる、リストラされる」なんてことはないんです。

 

もしそんなことがあるのだとしたら訴えて勝つことができるレベルだと思いますよ。

 

確かに飲み会強制参加、というような風潮がある会社もありますが、飲み会が嫌いな人にとってはそれは仕事や会社自体が嫌いになってしまう風潮でしょう。

 

もしそこに多大なストレスを感じるようなら職場自体を変えてしまった方がいいと思います。

 

飲み会なんて上司が部下をいじめて気持ちよくなるのが目的ですからね。なるべく行かない方が良いんですよ。

関連記事:会社に行きたくない朝をなくそう

 

飲み会に行かない人でも仕事は出来る

 

飲み会に参加する人が必ずしも仕事ができる人なのか、というとそうではありませんよね。

むしろ飲み会によく参加している人の方が無駄な動きが多く仕事ができない人のような気がします。

 

仕事というのは飲み会に参加する、参加しないにはあまり影響されないんですね。

 

営業の仕事をしている人なんかは特に接待飲みのようなものもあるかもしれませんが、

飲み会でいい人だと思ったから仕事を任せようと思った、なんてことあまり聞かないと思うんです。

そんな考え方自体が今はちょっと古いかな、とも思う。

 

私も営業の仕事をしていたからわかるんですが、飲み会で仲が良くなっても

それはそれ、仕事は仕事、と分けている人がとても多いんです。

 

仕事として信頼できる人って結局仕事をしている時間で判断されるものなんですよ。

 

だから飲み会に行く行かないは関係なくて、

飲み会に参加してない人の方がむしろ仕事をとれる人だったりするんです。

 

もちろん、人間的に「この人苦手だな」と思われてしまったら、仕事がもらえないかもしれない。でも、それは飲み会に行くか、行かないかではないはず。

 

飲み会が嫌いなら仕事でも行かない、という選択肢を選んでも良いんですよ。

関連記事:営業が苦手で辞めたいならそうすれば良い。

 

飲み会って人生の無駄な時間

 

そもそも飲み会ってかなり無駄な時間だと思いませんか?

 

上司との飲み会なんてほぼほぼその上司の説教に終わるじゃないですか。

飲み会が愚痴で盛り上がることはあっても、前向きで楽しい話で盛り上がる、ということは特に仕事の飲み会では少ないと思うんですね。

 

そしてやはり仕事でストレスを抱えている人ほど飲み会が好きで、お酒を大量に飲む人が多い傾向があります。

 

つまり飲み会というのは負の感情を発散するところであって、

どうしてもそこに解決策や打開策が生まれるような生産性のある会話って生まれないんですよ。

つまり、無駄な時間なのよね。

 

確かに自分がストレスが溜まっていてそれを吐き出すところが欲しい、というならいいかもしれませんが

特に人に話を聞いてもらいたいわけでもなく、飲み会自体嫌い、というなら

もう飲み会は無駄な時間でしかないわけですね。

 

そんな飲み会の時間に大切な時間を割く必要はないと思うんです。

 

自分が他人の愚痴を聞くだけ。酒の肴に「他人の愚痴」って何か嫌じゃないですか。飲み会が嫌いなら仕事でも行かない方が良いんですよね。

関連記事:飲み会で説教をする上司の心理

 

その仕事は自分に合ってる?

 

そもそも飲み会に行きたくない、飲み会が嫌いだ、と思う仕事そのものは自分に合っている仕事なのでしょうか?

 

仕事自体が自分に合わないものの場合は、仕事に行きたくないと思ってしまうでしょうし、

そこでうまく人間関係を築いていけないでしょう。

 

仕事が合っていないからこそ飲み会も嫌いで苦痛に感じるのかもしれません。

 

もしそうなら、仕事を変えてしまう、という選択肢があってもいいとおもうんですね。

 

人生において多くの時間を占める仕事は絶対に楽しいものの方がいいですし、

仕事では我慢が大切だ、という考え方はもう古いと思います。

 

これからどんどん仕事がなくなっていくでしょう。

もうすでにデジタル化が始まってなくなってしまった仕事というのもあります。

 

そんな中で嫌いな仕事をしている人は仕事自体を失ってしまう可能性が高い人たちなんですよ。

 

自分がやりたいと思う仕事をやることは、これから長く働いていくためにも大切なことなのです。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:やりたい仕事の見つけ方とは何だろう?

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。