人生に悩む君へ

嘘をつく人の心理って何だろう?

皆さんの周りにも、嘘をつく人っていると思うんですよね。自分が嘘をつかないような人だと、「あの人はなぜ嘘をつくのだろう?どんな心理なのだろう?」

 

と思ってしまうと思うんですよね。

 

嘘をつく人って半分癖になっているような部分があるんですよね。嘘をつく事が当たり前になってくると、

 

自分が本当に事を言っているのか?嘘をついているのか?という事までだんだんと曖昧になってくるのです。

 

そこで、今回は嘘をつく人の心理について書いていこうと思います。

 

 

嫌われたくない

 

これは嘘をつく人の心理として代表的なものではないでしょうか?人には誰しも、「嫌われたくない」という感情がある事は確かなんですよね。

 

仲が良い人には、良い人だと思われたいし、出来ない人だって思われたくない、初めて会う人にだって出来れば好印象を持ってもらいたい!

 

 

そう、思ってしまうものなんですよ。ただ、嘘をつかずに全てを話してしまうと、絶対に相手と険悪な雰囲気になってしまう時ってあると思うんですよね。

 

しかし、嘘をつく人の心理としては「嫌われたくない」という事がありますから、結果的に嘘をついてしまうわけなんですよね。

 

嘘をつけば、その時には相手から嫌われるという事もありませんし、そのまま嘘をついた事がバレる事がなければ、

 

良い人のままで終わる事が出来ますからね。そのまま終われば良いのですが、良い人のままで終わる事って実は少ないわけなんですよね。

 

嘘をつく人の心理として、嫌われたくないという人がいるという事は確かだと思いますし、短期的には嘘をつく人だって良い人でいる事は可能でしょう。

 

ただ、長的な視野に立った時には、嘘をつく人がそのまま良い人で終わるという事はないのです。

関連記事:他人に興味がない事はむしろ良い事だとも思う。

 

 

本当に事を言って、怒られるのが苦手

 

 

これも嘘をつく人の心理としてあると思うんですよね。例えば、仕事で失敗をしてしまった時に、嘘をつく人っているんですよね。

 

上司や取引先に本当に事を言えば、怒られる事がわかっているため、そういった事態を避けたいと思ってしまう人だっていると思うのです。

 

確かに、嘘をつけば、その時には他人の怒りから逃げる事が出来るわけなんですよね。嘘をついても、相手はその時にはそこまで明確に、

 

 

「この人は嘘をついている」なんてわからないものなんですよね。だからこそ、嘘をついてしまうわけなんですよ。

 

しかしながら、そういった人って仕事上での信頼感がなくなってしまうのです。私の知り合いでも仕事上で重大な嘘をついてしまうような人っていたのですが、

 

そういった人って、最終的には周りからの悪評が立ってしまい、仕事が回ってこないような状況にまでなってしまう事があるんですよね。

 

嘘をつく人の心理がわからないわけではありませんし、皆さんも失敗した時には嘘をついてでも、悪い事を隠したいと思った事って、

 

正直あると思うんですよね。私も聖人ではありませんから、怖いなと思う時だってあります。しかし、嘘をつく人の心理がわかるからといって、

 

同じような事をしてしまうと、最終的にそれは自分の評価にかえってきてしまうわけなんですよね。悪い事も失敗も全て相手に伝える事によって、

 

全体として考えた時には信頼感が得られるものなんですよね。その時に怖いと思った事をやってみる事によって、人間的に変われる事ってあるのです。

 

ただ、私自身はそういった人と仕事上での付き合いはしないようにしているんですけどね。実際その方が仕事で何か悪い事が起こる確率というものは減っていきますから。

 

会社組織でも、だんだんとそういった嘘をつくような人って排斥されてしまうわけなんですよね。

関連記事:転職が初めてという人がするべき事とは?

 

 

相手の事を下に見ている

 

 

これもあると思いますね。嘘をつく人の心理として、相手の事を下に見ている事ってあると思うのです。

 

相手が怖いと思った時にも嘘をつくと思うのですが、相手を下に見ている時にも、人間は嘘をついてしまうものなのです。

 

なぜか?

 

 

「嘘がバレた時でも怒らないと思っているから」なんですよね。嘘をつく人の心理としては、恐怖の感情が常にあるわけなんですよね。

 

怒ってくるような人が相手の場合だって嘘をつく事があるのですが、そういった嘘ってバレた時にはより大きな問題になる事がわかっているんですよね。

 

しかし、相手が優しい人だったりとか、相手が自分より年下で下に見ている場合には、嘘をついても大丈夫だ!と思ってしまう事があるんですよね。

 

 

嘘をつく人の心理として中心の軸として考えるべき事は、「怖い」という感情です。だからこそ、下に見ている人には、

嘘をついてしまうという、嘘をつく人の心理があるのです。

 

という事で、今回は嘘をつく人の心理について書いてみましたが、どうでしたか?嘘をつく事って悪い事ですし、

嘘をつかれると腹がたちますよね?しかし、嘘をつく人って最終的には放っておいても、駆逐されていくのです。

だからこそ、気にする必要はないのです。

関連記事:やりたい仕事の見つけ方とは何だろう?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。