旅の記録

旧軽井沢銀座でおすすめのスポット!

軽井沢というと、昔から避暑地としてのイメージを持っている人が多いわけなんですよね。軽井沢付近の旧軽井沢銀座周辺は昔から別荘地として有名でしたし、

 

中軽井沢は文豪等が別荘を構えた地として有名だったわけなんですよね。夏でも、そこまで暑くない場所なので、

 

 

別荘を持っている人以外も、旅行で来るなんて人も最近は増えてきたように思います。特に7月・8月という夏休みのシーズンには人が多いんですよね。

 

そして、そんな軽井沢の中でも、有名なのが旧軽井沢銀座だと思うんですよね。そこで、今回は旧軽井沢銀座の中のおすすめのスポットを紹介して行こうと思います。

浅野屋:パン屋

 

これは旧軽井沢銀座に行くのであれば、おすすめできるスポットなんですよね。浅野屋は昔からある店舗なのですが、

 

大きな変化もなく、今もなお旧軽井沢銀座にあるおすすめのスポットなんですよね。

浅野屋

 

お店の写真的にはこんな感じですね。適度に古く、歴史を感じさせるような佇まいからは、パン屋である事を推察する事も出来ないような雰囲気なのですが、

 

実際に旧軽井沢銀座でパン屋として営業しているお店なんですよね。中にはカフェスペースもありますし、パンの種類もとても豊富なんですよね。

 

観光地としても有名な浅野屋ですが、だからこそ持ち帰る事が出来るグッズも多いんですよね。パン屋さんですが、

 

個人的には、ガーリックバターをとてもおすすめしております。小さい頃にも食べたんですよ!美味しい……。

もちろん、店内にもガーリックパンはあるのですが、

 

自然の味が強く、化学調味料を多く使っていない感じが、オーガニック商品としておすすめできるものなんですよね。

パンが好きな人はもちろんの事、店内の雰囲気を楽しみたいという人にもおすすめする事が出来る、旧軽井沢銀座のスポットですね。

 

時間によっては店内も混んでいるので、平日の夕方等、混んでいない時間に行ってみる事をおすすめしております。

あ、ちなみに最近だと池袋の駅構内にも出店したので、気になる人はそっちに行って見ても良いね。

関連記事:軽井沢に観光で行くならおすすめの場所はどこ?

 

 

ころっけ屋さん

 

これも旧軽井沢銀座に行ったら、ぜひ行ってみてみて欲しいおすすめのスポットなんですよね。

 

私自身も昔から通っているところなのですが、ただのコロッケはコロッケなのですが、とにかくサクサクで美味しいのがここのコロッケなんですよね。

 

また、

 

ころっけ屋さん

 

こんな感じで存在しているので、初めて旧軽井沢に行くという人は、おすすめできるスポットなのに、見つける事が出来ないわけなんですよね。

 

  • ポテトコロッケパン
  • カレーコロッケパン
  • 特製メンチパン

 

とかもあるので、コロッケ単体でなくても、食べる事が出来るので、そういった意味でもおすすめできるものなんですよね。

 

ただ、個人的には、1個168円のポテトコロッケが1番好きなんですよね。ソースは自分でお好みのものをいれるというスタイルを取っており、

 

 

カップルで旧軽井沢に行ったりとか、団体で行くのであれば、話題の種にもなるので、面白いと思いますよ。

待ち時間も普通のコロッケであれば、5分以内で使ってくれるのでそこも良いですね。

コロッケ

 

また、隣には大倉陶園のアウトレットもあるので、良い食器を安く買いたい人はそこで待ってみるのもありだと思います。

関連記事:自分探しに海外に行くべき理由

 

 

旧軽井沢森ノ美術館:トリックアート

 

 

これも個人的には旧軽井沢銀座に行くのであれば、おすすめしたいものなんですよね。

場所的には旧軽井沢銀座の入り口から程近いところにあるわけなんですよね。

 

トリックアート

 

これなんですよね。カップルで旧軽井沢銀座に行くという人だってたくさんいると思うんですよね。

 

しかし、旧軽井沢銀座は基本的にはカップルが行くのに好ましいところってそこまで多くはないわけなんですよね。

 

しかしながら、トリックアートであれば、カップルで行った時にも楽しめるものだと思うのです。私も2・3度は入った事があるのですが、

 

インスタグラムにあげる事も出来ますし、実際観光客が行く場所として、旧軽井沢銀座の中では一番多い場所ではないでしょうか?

という事で今回は旧軽井沢銀座のおすすめスポットについて書いてみました。

関連記事:海外旅行にWi-Fiを持って行くべき理由。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。