ブロガー「水瀬まりも」とは?
恋愛

やっぱり結婚したいと思うならすれば良い。

やっぱり結婚したい」と思った事、ありません?

 

結婚って別に全員がするべきものではないわけなんですよね。だからこそ、「私は結婚なんて興味がない」と言っている人だっていると思いますし、

 

皆さんの周りにも実際にいるのではないでしょうか?

 

ただ、これがずっと続くのか?というと、そうではない人だっているわけなんですよね。やっぱり結婚したいと思う人もいると思うんですよね。

 

これまで結婚したいと思っていなかった場合、「やっぱり結婚したい」と思っている事を周りに告げられないという事だってあるんですよね。

 

しかし、やっぱり結婚したいと思っているのであれば、すれば良いのです。

 

なぜ結婚しなかったのか?をもう1度考えてみる

 

理想が高過ぎた

 

理想が高い人だと、結婚をするのが遅くなってしまう場合があるんですよね。「イケメンで家事をやってくれて、仕事もちゃんとしてくれて、子供が好きで・・・」

 

人によっても違うと思いますが、現代の女性が求める理想の男性の条件って実は厳しいものだったりするんですよね。

私も女性だったら理想の条件は厳しくなってしまいそう。

しかし、「全てが完璧な男性」なんて存在しないと思っていますし、理想の男性を探し続けていると、結婚適齢期を過ぎてしまい、

「やっぱり結婚したいけど、もう遅いのかな?」という状態になってしまうものなのです。

少なくとも、私の周りにはそんな完璧な男性はいません。だから、そういう完璧な男性を求める必要はないんじゃないかな?とも思うんですよね。

実家暮らしだった

 

これもよくあるパターンだと思います。実家暮らしだと、楽に過ごす事が出来ますし、給料が低くてもどうにかなるので、

「絶対に結婚したい!」という強いモチベーションを得る機会が根本的に少ないと思っています。実家が両親と何となく平和な日常を過ごす毎日になってしまい、

 

「結果的に異性と触れ合う機会を失う」という流れですね。だからこそ、実家暮らしの女性は一人暮らしの女性よりも、

結婚」を意識する必要があるのです。「やっぱり結婚したい」と思っている内に結婚について真剣に考えてみれば良いと思うのですよ。

実家暮らしが悪いわけではないのですけどね。「チャンスの回数」が問題なんじゃないかな。

40歳とか50歳とか、年齢が高くなる前に結婚したいならするべきだと思うんですよね……。

子供を産みたいなら余計にね.。

 

仕事で精一杯だった

 

今は女性でもしっかりと社会に出て働いているような時代です。だからこそ、仕事で精一杯になってしまっている女性だと、結婚が遅くなってしまい、

後になって「やっぱり結婚したいな・・・」と思ってしまう事があるんですよ。

キャリアウーマン的なバリキャリ女子が増えてきましたから……。女性の年収だってここ数年で上昇傾向にありますし……。

確かにわかるんですよね。私も「仕事大好き人間」なので、結婚相手がいなかったとしても、自分一人でも楽しい人生を作っていけるタイプの人間でもあります。

ただ、後から「やっぱり結婚したい」と思ってしまう「弱い自分」も容易に想像する事が出来てしまうのです。

関連記事:結婚するメリットを冷静に考えてみた。

 

 

若い時には結婚したくないと思うもの

 

 

これはあると思うんですよね。若い時ってある程度話がうまくて、ある程度可愛かっりとか、格好良いと、それだけモテるものなんですよね。

特に20代後半くらいまでは敵なし状態ですよね。釣り糸を垂らせば釣れるような状態。

 

だからこそ、若い時には「結婚したくてしょうがない〜!」と思う人の方が実際には少ないのではないでしょうか?男も女もいくらでもいるわけだから。

 

別にいま結婚する必要性はないと思っているわけなんですよね。ただ、これも年齢と共に変わってくる事もあるのです。

 

やっぱり結婚したいと思う事ってアラサーの時に思う事が多いんですよね。結婚したいという気持ちなんて最初は全然なかったのに、

だんだんとやっぱり結婚したいなと思う事って多いのです。

 

若い時には、結婚の価値なんて「大したものではないし、それがむしろ足枷」だと思っていたなんて人もいるでしょう。

 

しかし、それも変わってくる時がくるわけです。

若い時の価値観と結婚適齢期を過ぎてからの価値観というものは変わってしまうものなのですよ。

 

若い時には「まだ結婚なんて良いか」と思うかもしれませんが、将来の自分を想像してみた方が良いのです。私だったら、きっと結婚してなかったら、

「寂しいな」と未来の自分は思っているだろうし、その時もきっと、同じようにやっぱり結婚したい、と思っているのではないかな、と思うのです。

関連記事:結婚相手の決め方って何だろう?

周りが結婚していく辛さ

 

これはあると思うんですよね。若い時には結婚したいなんて思わなくても、周りがだんだんと結婚するような年齢になってくると、

 

「やっぱり結婚って良いものだな」と思う人だっているわけなんですよね。やっぱり結婚したいと思う時って、

往々にして、周りが結婚していく時なのです。

 

 

周りから自虐とも、自慢ともとれる新婚生活について聞かされていると、だんだん「あれ?やっぱり結婚したい」となってくるわけなんですよね。

結婚だけじゃなく、出産の話とかも出てくるしね。

 

私の周りでも、遅くまで結婚しないという人がいましたし、宣言をしている人だっていたのですが、それでも、

 

周りが結婚していくうちに、「そろそろ結婚するってのもありかもしれない」と言うようになったわけなんですよね。

 

そして、幸せそうに結婚生活を送っているのですよ。面白いものですよね本当に・・・。

 

そういった人だって実際にいるので、結婚なんてしない、したくないと思っていても、

そういった事が変わる事だってあるんですよね。やっぱり結婚したいと思う事なんて普通の事なのです。

 

悲しい事に、私は結婚式に誘われなかったのですが・・・

 

先日も友人の結婚式の日取りが決まっていました。友人の結婚式を見ると、やっぱり結婚したいな、やっぱり一生一人でいなくても良いよね?

と思ってしまいますよね。

2次回会とかで「なんか、2人の幸せそうな結婚みたら私も結婚したくなってきた・・・」というお馴染みの会話があるじゃないですか。

周りに影響されるものなんですよ。

関連記事:なぜ男性は20代と結婚したいと思うのだろうか?

 

周りを見ていると、何だか悲しくなる瞬間ってあるよね

 

私は別に「生涯独身」という生き方も間違っていないと思うし、それはそれで楽しい人生にする事ができるとは思っています。

 

だからこそ、「結婚したくない」と思っているならそれでも良いと思うのですが、休日とかに、公園で子供が遊んでいて、旦那さんと奥さんが見守っていて、

夏場なんかだと水遊びをして、池の横でお母さん(奥さん)が子供の着替えを手伝っている姿を見たりすると、「そうか、やっぱり結婚したいかもしれない」と思う時ってあると思うんですよね。

 

遊園地とか、観光地とか、様々な場面で「幸せそうな家族」を見る事が多くなってきてしまうと思うのです。いや、最初から世の中には幸せそうな家族はいたのだけれど、

なぜだか目につき始める時期があるんですよね。

 

休日のデパートとか、大型ショッピングセンターとかね。何かそういう些細なところで「やっぱり結婚したいかも」と思う時が多くなってくるものなのですよ。

周りが気になり始めたら、それって結局「結婚したいな」と深層心理では思っている証拠なんじゃないかな?と思うわけです。

結婚なんて本人の自由だけどね、1つの指標かな?と。

関連記事:婚活女子がうまくいかない、と思ってる時にしてる勘違い。

 

まずは独身グループから抜けた方が良いんじゃないかな

 

やっぱり結婚したいと思うのであれば、独身男性・独身女性のグループから抜け出した方が良いような気もしているんですよね。

周りが結婚してしまうと、あまり外に飲みに出かけるような事もなくなってくるので、独身同士で飲みに行ったりとか、遊びに行く機会が増えてくると思うのですが、

やっぱり結婚したいと思うのであれば、そういったグループからは少しだけ離れた方が良いと思っているのです。

 

確かに、同じように独身でいる安心感というものはあると思います。「あの人もまだ結婚していないわけだし、私はまだ安心出来るかな」なんて思ってしまいますよね。

 

でも、独身男性・独身女性のグループに慣れてしまうと、そこから抜け出す事自体が難しくなってしまうものですし、

確かに、楽しいと思います。独身同士で集まって「いつになったら結婚出来るんだろうねえええ。」なんて会話してしまいますよね。

ただ、そのままだと、本当に独身のまま年齢だけが高くなって来てしまうのです。

 

「やっぱり結婚したい」と本当に思うのであれば、そういったグループから一度は抜けてみるか、

 

抜ける事が難しいのであれば、全員で「婚活」を始めてみても良いですよね。

関連記事:婚活女子がうまくいかない、と思ってる時にしてる勘違い。

 

 

結婚したいと思うならすれば良い

 

これは思う事なんですよね。

 

やっぱり結婚したいなんて今更考えるのはおかしいと思っている人もいると思うのですが、別にそんな事ないと思うのです。

 

やっぱり結婚したいと思う瞬間や時期なんて人それぞれ存在すると思いますし、別に恥ずかしい事でも何でもないと思うんですよね。

 

結婚って最初は面倒なものだと思っていたとしても、最終的には本当に好きな人と結婚すれば、幸せになる人の方が多いと思うんですよね。

 

周りが結婚していくと、徐々に遊ぶ人だっていなくなってきますし、結婚相手と過ごす人が多くなってきてしまうわけなんですよね。

 

そうなってくると、やはり結婚をしていた方が、生活が楽しくなりますし、その方が合理的な選択だと思うのです。

 

やっぱり結婚したいと思う時には、「もう遅いかな?」と思う人だっているのですが、遅い事なんてないんですよね。

 

 

年を重ねてからの結婚も若い頃の結婚もそれぞれに苦労もあれば、楽しさもあります。結局はそれぞれの最適なタイミングで結婚する事が自分自身の幸せに繋がるように思うんですよね。

 

最近だと、楽天オーネットの結婚チャンステストを使えば、自分が相手に求める恋愛的傾向や経済的傾向を診断し、

 

その上で最適な人を紹介してくれますし、

 

ゼクシィ縁結びカウンターとかであれば、専属のコンシェルジュがついて結婚をサポートしてくれるわけなんですよね。

 

 

やっぱり結婚したいと思ったら、その時から結婚に向けて動き出す事だって出来るわけ。

 

だからこそ、やっぱり結婚したいと思うなら、それなりに行動を実行していけば良いのです。周りの意見やこれまでのプライドなんて気にしないで、

 

婚活、紹介等で相手を見つける努力をしてみても良いのです。

 

独身生活は自由で楽しいけれど、風邪の時に看病してくれたり、ストレスが溜まっている時に話を聞いてくれたり、そんな大切な人が側にいたら嬉しいじゃない?

そう思うんです。

関連記事:結婚できるか診断したいなら結婚チャンステストをおすすめする理由。

よく読まれている記事
関連記事だよ