ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

人のためになる仕事をする事で幸せになる。

私たちは仕事をする時に、何を大切にするのだろうか?これってきっと人によって大きく違ってくると思うんですよね。

お金を1番に考えるという人だっていると思うし、

 

職場環境を1番に考えるという人だっていると思います。ただ、仕事をしていく中で誰もが大切にしている事ってあると思うんですよね。

 

 

それは、「人のためになる仕事」という事なのです。給料が良い仕事や稼げる仕事を楽しいと思う時期だってあると思います。

 

しかし、幸せを感じてるためには、人のためになる仕事をするという事が1番良いんですよね。

 

 

人のためになっているのか?を考えた過去

 

 

これは私の経験なのですが、前職で私は違う仕事をしていたわけなんですよね。世間的にも知名度がある会社でしたし、

 

給料だって良い、住宅手当だって十分過ぎるほどでる。そんな会社で働いていたのです。

 

しかし、私は辞めました。

 

 

なぜでしょうか?

 

それは、「自分の仕事が人のためになる仕事ではない」と思ってしまったからなんですよね。確かに、世の中には必要な仕事であると思って仕事をしていたんですよね。

 

しかしながら、仕事をする過程で「これは本当に人のためになっているのだろうか?」と思う機会があまりに多くなってきてしまったのです。

 

この経験って本当に大きかったんですよね。人のためになるような仕事じゃなくても、給料が高い職業だってありますし、

 

 

上場しているような有名企業だってたくさんあるわけなんですよね。そして、世間的にはそういった会社で働くという事は、

 

成功の象徴であると同時に、安定的な暮らしをもたらすものだと思われているわけです。しかしながら、人間は小難しい生物でして、

 

人のためになる仕事をやっていないと感じてしまうと、いくら給料が良くてもできないものなんですよね。もちろん、中にはそういった仕事でも仕事だと割り切ってやっている人もいるでしょうが、

 

 

少なくとも、私はできなかったわけなんですよ。人のためになる仕事だと人間は思いたいので、ある程度までは、

 

 

「これはきっと誰かのためになっている。人のためになる仕事なんだ。」と思い込んでやっているものなんですよね。

 

しかし、それもだんだんと変わってきてしまうわけなんですよ。「あれ?これをやっていて、本当に良いのかな?」と思う瞬間が多くなってきてしまうわけです。

 

 

だからこそ、私は人のためになる仕事をおすすめしているんですよね。

関連記事:自分に向いてる仕事がわからないのは強みを知らないから。

 

 

 

仕事は人生において大きな存在

 

 

仕事を生活のためにするものだと思っている人っていると思います。高い給料をもらって、良いところに住んで、

 

 

そして、良い家族を持ってというある種の当たり前が理想的であると思っている人が多いだろうし、それで幸せを感じているという人もいると思う。

 

 

しかし、私はそれが幸せだとは思えないのです。

 

確かに、人のためになるような仕事ではなくとも、生活をしていく事はできるわけなんですよね。良い給料がもらえるような会社だってたくさんあります。

 

ただ、

 

人生における仕事の割合って思っている以上に大きなものがあると思うんですよね。サラリーマンであれば、1年のうち、200日程度は働いていますよね。

 

これってとても大きなものだと思うんですよ。

 

 

仕事に意味はなくとも、人生に意味がないような状態で生きる事ってできないわけなんですよね。バイト週3回やっているという事だけだったら、

 

人のためになる仕事か?って気にならないと思います。しかし、それが年間で200日も働く仕事だと思うと、

 

 

仕事は人生の意味と直結して考えられてしまうわけなんですよね。だからこそ、私は人のためになる仕事をしてこそ、

 

人は幸せになれると思っているのです。

 

 

人生の多くの時間を割く仕事であるからこそ、人のためになるような仕事を選ぶべきなんですよね。

関連記事:転職が初めてという人がするべき事とは?

 

 

人のためになる仕事かどうか?を考える事が大切

 

 

これは言える事だと思いますね。

 

では、人のためになる仕事って何だろうか?というと、これって実は不明瞭なものだと思うんですよね。

 

そうなんです。とても不明瞭なものなのです。しかし、人のためになる仕事って人によって全然違うわけなんですよね。

 

だからこそ、自分なりに、「人のためになる仕事とは何か?」という事を自問していく事により、だんだんと自分がやりたい仕事がわかるようになっていくわけなんですよね。

 

 

最近では、グッドポイント診断等の適性診断もあるので、こういったものを使ってみるのもありですよね。

 

また、転職にしても、キャリコネ とかを使えば、企業の口コミを見る事が出来ますしね。口コミを見てから、

 

「この仕事でやっていけるのか?」「この仕事は人のためになる仕事なのか?」という事を考えれば良いんですよね。

 

大切な事は、人のためになる仕事なのか?を考える事なのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

関連記事だよ