ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事が決まらないのはなぜだろう?

仕事をしたいと思っている人ってほとんどだと思うんですよね。最初は「社会で働きたいと思えない」という人でも、

 

だんだんと「社会にでるって楽しいかも」と思えるようになってきて、働きたいと思う人だっているんですよね。

 

また、転職を考えている人でもそうです。働き口があるのであれば、働きたいと思っている人ばかりなんですよね。

 

しかしながら、転職活動をしていても、仕事が決まらないという人だっているわけなんですよね。どこの会社の面接にいっても、

 

落とされてしまい、結果的には仕事が決まらないということだってあるんですよね。しかし、なぜ仕事が決まらないのでしょうか?

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

資格の欄が多すぎる

 

これは意外なものかもしれませんが、仕事が決まらない原因でもあると思うんですよね。

 

資格って確かに就職において大切なものだと思うんですよね。宅建を持っている人は不動産業界で働きやすいだろうし、

 

MOSの上位を持っていれば、それなりに扱える人だと思われ、ある程度のスキルを企業側が確認する資格にはなってくると思うのです。

 

しかしながら、

 

資格の欄にあまりに多くの資格を書きすぎていると、これがかえって足枷になってしまう事あってあるんですよね。

 

資格を多く持っている人って、要するに「自分に自信がない」という事なんですよね。だからこそ、資格というものを持って、

 

自分をカバーしているわけです。しかし、これって採用側にはバレてしまうものなんですよね。資格を10個も書いている人は

 

最初から落とすという方針を持っている企業だってあるんですよね。だからこそ、仕事が決まらないという人で、

 

資格の欄に多くの資格を書いている人は、まずはそこから考えてみるのも良いと思いますよ。

関連記事:就職に有利な資格を持ってる人を面接で採りたくない理由

 

 

元気がない

 

 

これも仕事が決まらない原因だと思います。

 

結局のところ、会社が何を求めているのか?というと、やる気だけなんですよね。様々な知識を持っているとか、

そういった事って最終的には関係なく、要するにきちんと頑張る事ができる人なのか?という事だけが企業が気になるところなんですよね。

 

いくら知識があったり、技術があっても、その後仕事で頑張らないような人って仕事が決まらないわけなんですよね。

 

だからこそ、面接の時にはできるだけ元気にハキハキとやるという事だって大切な事だと思いますし、それだけで仕事が決まるという人だっているわけなんですよね。

 

仕事が決まらない人は自分の事を客観視してみれば良いと思うんです。「自分だったら自分を採りたいのか?」「一緒に働きたいと思えるのか?」

 

そういった事を1度考えてみれば良いと思うのです。

 

社内にやる気のない元気のない人が1人でもいるだけで会社の雰囲気って悪くなってしまうわけなんですよね。

 

いくら仕事ができる人でも、周りとうまくやっていける人でないと、会社は必要だと思わないのです。

 

仕事が決まらないのであれば、まずは面接時での声を大きくしてみたりとか、ハキハキ喋ってみるだけでも、

相手の印象って全然違うものなんですよね。

 

「何かわからないけど、頑張ってくれそう」という感情を相手が持てば、どんな人でも就職できるものなんですよね。

 

スキルや経歴ってその人の本質ではありません。あくまでどんな性格なのか?という事が採用の基準になっているという事を考え、逆算していけば、

 

仕事が決まらないという状況にはならないと思いますよ。

関連記事:転職において、ヘッドハンティングが存在する理由。

 

 

1つの会社にどの程度の時間をかけたのか?

 

これもあると思います。仕事が決まらないような状況の時には「早く決めないと生活をする事が出来なくなる」と思ってしまうものです。

 

 

もちろん、早く決めたいと思う事は大切な事です。しかし、それに伴って1つの面接や履歴書にかける時間を少なくしてしまっている場合もたくさんあると思うんですよね。

 

私にもそういう時期がありました。仕事が決まらない時にはどうしても焦ってしまうものでしたが、途中で「数を打てば良いではダメだ」という事に気がついたのです。

 

仕事が決まらない状況で1つ1つの会社に力を注ぐのは勇気が必要です。ただ、そのままの状態で転職活動をしても、結局は仕事が決まらないと思っているのです。

 

仕事が決まらない時に、焦ってしまう気持ちは痛い程わかります。貯金額と人間の精神的安定には相関性がありますからね。

仕事が決まらないと、生活費でどんどんお金が減っていってしまいます。そのため、心配になってきてしまうのですが、

 

仕事が決まらない時ほど、1つの会社に時間と労力をかけるべきなのです。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

転職活動の仕方が悪い

 

これもありますよね。

 

今って本当に数多くの転職サービスが出てきたと思うのですが、実際に皆さんが使っているサービスってその中でも、

 

極一部だと思うんですよね。しかし、今って面白い求人サービスがたくさんあるんですよね。

 

例えば、Switchだったら、スカウト型の転職をする事ができるわけなんですよね。働きながらでも、企業からのスカウト待つ事ができるわけなんですよね。

 

仕事が決まらないと悩んでいる時だって、登録さえしておけば、企業の方からスカウト情報がくるので、効率が良いわけです。

 

facebookから登録できるので、簡単に登録ができるというのも面白い点ですよね。仕事が決まらないという状態の時って忙しいと思うので、

 

そういった人にもおすすめできますよ。

 

また、他にも転職後の想定内定社数と仕事上の性格を診断する事が出来る転職力診断@typeや、転職後の年収を算出してくれるMIIDAS(ミーダス) 等、

 

 

あらゆる転職サービスがあるんですよね。仕事が決まらないと悩んでいるのであれば、特徴を持っている様々なサービスを使ってみれば良いのです。

 

という事で、今回は仕事が決まらないのはなぜだろう?という事について書いてみました。

関連記事:ベンチャーに転職するメリットを真剣に考えた。

関連記事だよ