結婚しても仕事は辞めるべきではない理由

 

女性は結婚したあとに仕事を辞めるかどうか悩んでいる人もいると思います。

未だに男性が「結婚をしたら仕事を辞めてほしい」なんて言う人もいますからね。

 

でもこれは時代錯誤に感じます。

そして男性は自分で自分の首を締めているようなところがあると思うんですね。

 

今回は結婚したあとに仕事を辞めるべきではない理由についてお話してみたいと思います。

 

世帯収入が減る

 

仕事を辞めると必然的に世帯収入は減ります。

どうしたって一人が働くよりも二人で働いた方が収入は多くなるはずですから当たり前ですね。

 

つまりお互いが仕事をしていた時に比べて結婚したあとに使えるお金が減る、ということなんです。

 

それはお互いにとってストレスになるでしょう。

 

結婚して仕事を辞める、ということはお財布が一緒になる、ということでもあります。

 

今までは自分が稼いだお金を自分が管理して使うことができていたのに、結婚して仕事を辞めることになってしまったら、大きな買い物は必ず結婚相手に相談しなければいけなくなってしまいます。

 

それどころか、こちらが仕事を辞める側だとしたら少しの贅沢でも相手に気を遣うようになるでしょう。

 

一人が仕事で稼いできたお金を二人でシェアする、ということはそういうことなのです。

関連記事:お金が貯まらない人の特徴とは?

 

リスクが大きい

 

結婚して仕事を辞めることによって、家庭を支えるのは一人の収入、ということになります。

 

ですが、その仕事がずっと続くとは限りません。

今では大企業も簡単にリストラをしますし、会社がいきなり倒産する、なんてこともよくある話になってきました。

関連記事:リストラは大企業で起こる時代?

 

これからIT化が進み、さらに仕事が減っていく時代になるでしょう。

現に高学歴だから高収入、という方程式すら崩れつつあり、今では高学歴プアという言葉が生まれるほどです。

関連記事:【高学歴プア】学歴の関係ない社会がすぐやってくる

 

だからこそ、結婚する上でも学歴はあまり関係ないように思います。

関連記事:結婚において学歴を気にする必要はない

 

また、会社のリスクだけでなく、稼ぎ頭がずっと仕事をできるかどうか、というリスクもあります。

突然病気になったら?突然事故にあったら?

 

もちろん保険も多少はきくでしょうが、それだけで一家を養えるのかというとそうとは限らないですよね。

 

現実問題あり得ることだと思いますし、

例えば働く側は仕事のストレスなどが大きくかかったとしても「自分は一家を支えているのだから」という意識から

転職や退職といった選択肢をとることができない状況に追い込まれるでしょう。

 

そうやってストレスがかかり続けることにより、うつ病や統合失調症などの精神疾患を発症しても仕事はすることができなくなります。

関連記事:うつ病を自覚できていないのが危険

 

産休・育休手当がもらえない

 

女性側が結婚して仕事を辞めることによって、出産時に産休手当、育休手当はもらえなくなります。

 

出産するにはやはりお金がかかってくるものです。

病院にもたくさん行かなくてはいけませんし、出産するのだってお金がかかります。

 

東京の場合は出産するのに自然分娩の場合、実質支払わなければいけないお金が10万円から20万円ほどあります。

 

結婚して仕事を辞めることになれば、産休手当も育休手当ももらうことができませんから、

一人の収入で限られたお金の中から出産にかかってくる費用を捻出しなくてはいけないということになるんですね。

 

夫婦の役割が明確になりすぎる

 

結婚して女性側が仕事を辞めるデメリットとしてもう一つ挙げられるのが夫婦の役割が明確になりすぎる、というものです。

 

夫は仕事をしてお金を稼ぎ、妻は家で家事をしたり育児をしたりする。

 

そうなってくるとお金を稼いでくる夫側は「家族を養ってる」という感覚になりますし

妻側は「無償で働いている(家事をしている)」という感覚になります。

 

これはお互いにとってストレスになることだと思うんです。

 

夫は一人で家族全員の生活を支えなくてはいけない責任感を感じることになりますし

妻は自分の仕事を誰にも認めてもらえない上に家族以外の人の役に立つことができなくなる。つまりどんどん世間から隔絶されていってしまうんです。

関連記事:主婦にストレスが溜まる理由

 

それよりは夫婦それぞれが仕事をして稼ぎ、家のことも夫婦でシェアするなり、

共働きをすることによって少し家計にも余裕が生まれるでしょうからそこから家事代行を頼んだりしてもいいと思うんです。

関連記事:家事をやりたくないという感情は実は普通の事。

 

仕事を続けられる結婚を

 

結婚したら仕事を辞めてほしい、というのはアナログすぎます。

 

どちらも仕事をすることによってどちらもストレスフリーでいられるはずなんです。

だからこそ、結婚しても仕事を続けられるような関係性を築ける相手と結婚をするべきなんですね。

 

そんな良い相手がなかなかいない、というなら結婚力診断テストで自分が理想とする結婚相手と結婚できる可能性がどれくらいあるか調べてみてもいいかもしれません。

 

きっと同じように結婚しても共働きでやっていきたいと思っている人が必ずいるはずです。

関連記事:結婚できるか診断したいなら結婚チャンステストをおすすめする理由。

 

 

では今日はこのあたりで。

結婚しても仕事は辞めるべきではない理由