仕事を変えたいという時にやることリスト

 

仕事を変えたいと思っている人はたくさんいるかと思いますが、仕事を変えるに当たって何から始めたらいいのか、ということはなかなか自分ではわからないですよね。

 

私も転職を経験していますので、実際に仕事を変えたいと思った時にやってみたこととやればよかったな、と思ったことをお話したいと思います。

 

会社以外の人に相談する

 

相談をするなら会社の人以外に相談をすることが大事なことです。

同僚や上司には絶対に相談はしてはいけません。

 

できれば適度に距離感のある友達に相談するのが一番良いと思います。

関連記事:転職を妻に相談するべきではない理由。

 

同じ会社に勤めている人に相談しても「もう少し一緒に頑張ろうよ」というような話をされるのがオチです。

 

そもそも一緒に仕事をしている人なのですから、そこから抜けようとしている人がいて大手を振って応援してくれる人なんていないんですよ。

 

確かに今の仕事の状況は同じ会社で一緒に仕事をしている人の方がわかってくれるかもしれません。

でも例えばその仕事を同じように苦しいと思っている同僚だとしたら、転職の相談をして応援してくれるはずがないんですよ。

 

だから仕事を変えたい、と思い、誰かに相談したいなと思うことがあったら

会社の人ではなく、会社以外の人に相談するようにしましょう。

 

なぜ仕事を変えたいのか明確にする

 

仕事を変えたいと思った時にまず考えておくべきことは「なぜ仕事を変えたいと思っているのか」ということです。

 

転職を決断する人の主な転職理由は

  • 人間関係が辛い
  • 仕事の内容が嫌い
  • 会社の将来が心配
  • 給料が低い
  • 他に挑戦してみたい仕事がある
  • 雇用形態に不満がある
  • 尊敬できる人がいない
  • 社風が合わない
  • 自分の仕事が評価されない

こういったものが挙げられます。

 

自分がどうして仕事を変えたいのか、ということを明確にしておくことによって転職先も選びやすくなるんですね。

 

仕事を変えたい理由が複数個ある場合はそれを並べてみて、優先順位をつけてみるとより転職先を選ぶ上で選択肢を絞りやすくなるかと思います。

関連記事:転職をするか迷うならその原因を考えよう。

 

自分の適正年収を調べる

 

仕事を変えたいと思っている人が気になるのはやはり給料のことだと思います。

 

転職して今の仕事よりも給料が下がるのか上がるのか。

今の自分のスキルとキャリアではどれくらいの給料をもらえるのが妥当なのか。

 

これを適正年収を調べることができるMIIDAS(ミーダス) で調べておきましょう。

 

miidas2-tet

 

もし仕事を変えたいと思っている理由が給料でないにしても

今の自分がどれくらいの給料をもらうのが妥当なのか、ということがわかっていれば転職先を選ぶ際に一つの指標として考えることができると思います。

 

給料にあまりこだわらないけど仕事を変えたい、という人だったとしても、やはり最低限必要な給料はありますよね。

 

例えば今の自分の適正年収より少し年収が低めの会社に行くにしたって、それよりも魅力的な理由があるからその会社を選ぶんだと思います。

 

そういった意味でも適正年収よりどれくらい上なのか、下なのか、ということを把握しておくことで

新しい仕事のモチベーションも変わるでしょう。

関連記事:給料が少なすぎるのは自分のせいじゃない

 

 

参考サイト:MIIDAS(ミーダス)

 

 

仕事の種類を調べる

 

 

これも仕事を変えたいと思っているのであれば、大切な事だと思うんですよね。世の中にはたくさんの仕事があるものです。

 

商社もあれば、メーカーもありますし、小さな企業でもニッチな産業で大きなシェアを持っている企業ってたくさんあるわけなんですよね。

 

「有名な企業にいきたい」と思っているかもしれませんが、実は有名ではなくとも世の中にはたくさんの仕事と会社があります。

 

だからこそ、1度自分で「世の中にはどのような仕事があるのか?」という事を調べてみる事が大切だと思うんですよね。

 

それにより、自分が本当にやりたいと思えるような興味のある職業を見つける事だって出来ると思います。

 

私自身も就活をしていた時には「職業一覧」というものを見て、勉強していたんですよね。意外にも自分が知らないような職業ってたくさんあるものですし、

 

環境が変われば働いている時のモチベーションだって変わってくるものですし、自分に合った企業に転職する事が最も大切だと思うんですよね。

 

石の上にも3年なんて言葉がありますが、自分に本質的に合っている職業や企業についていれば、そんな言葉がいかに愚かなのか?という事がわかると思うのです。

 

仕事を変えたいのであれば、変えても良いと思いますし、今やるべき事は仕事の種類を知っていく事だと思っているのです。

関連記事:転職するのにおすすめの業界って何だろう?

 

自分に向いている仕事を調べる

 

また、仕事を変えたいと思っている人の中には「今の仕事の内容がそもそも自分に合っていない」という人もいると思います。

 

そういう人は、今度こそ自分に向いている仕事に就きたいですよね。

 

なので客観的に自分の長所を診断してくれるグッドポイント診断を使いましょう。

 

リクナビ

 

グッドポイント診断は設問に答えていくことによって客観的に

  • どんな仕事が向いているのか
  • 自分の強みはなんなのか

ということを診断してくれるサービスです。

 

仕事を変えたいと思っているなら、こういったもので職業診断をしてみて、

今までとは全く違う仕事を視野にいれてみる、というのもいいのではないかと思います。

 

なかなか自分では気づくことのできていなかった自分のいいところが見つかるかもしれません。

それが新しい仕事に活かせたらいいですよね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

参考サイト:グッドポイント診断

 

 

企業の実態について調べる

 

 

仕事を変えたいと思っているという事は転職をするという事なのですが、仕事を変えたいと思って転職をしても、結果的に失敗してしまう人だっているわけなんですよね。

 

ブラック企業が辛くて辞めたのに、結局またブラック企業に入ってしまったという人って意外と多いものでして、

ブラック企業にいた人はまたブラック企業にいってしまうという循環が起こっていると思うのです。

 

しかし、これってきちんと企業について調べていないからこそ、起こってしまう事だと思うんですよね。

 

今は、企業の口コミ情報なんてキャリコネ 等の企業口コミサイトを利用すれば、簡単に調べる事が出来るわけなんですよね。

 

だからこそ、仕事を変えたいと思っている人はきちんと転職先について調べる事が大切だと思っているのです。

 

面接官は優しい人だったとしても、会社の実態としてはブラック企業だったという事だってある事なんですよね。

 

 

情報という裏打ちがない状態での転職は危険なのです。本当に仕事を変えたいと自分で思っているのであれば、

 

然るべき対応をしていくべきなのです。辛い仕事をしていたのであれば、次はより良い環境をきちんとした方法で選択していくべきだと思っているのです。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

転職エージェントを利用する

 

仕事を変えるのに相談をしたいと思っているなら転職エージェントを使ってみるのもいいでしょう。

 

リクルートエージェント等もあるんですよね。ここだと、75%の求人が非公開求人ですし、大手なので求人数も多いわけなんですよね。

非公開求人

 

転職するにしても自力でやるのは結構大変ですよね。

 

仕事を変えたいとは思っていても、今よりも環境の悪い仕事へ転職してしまったら意味がありません。

 

なので専門スタッフと相談しながら転職活動をする、という方が確実に自分の希望に合う仕事に就くことができると思います。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

仕事を変えたいなら今から動く

 

仕事を変えたいと思っているなら今この瞬間から動き始めましょう。

 

仕事を辞められないままずるずる過ごしていると結局仕事をそのまま続けることになってしまいます。

今回紹介したやることリストは今この瞬間から始めることのできるものばかりです。

 

迷っている時間がもったいないです。

 

何もしないまま、自分の現在の環境が変われば良いのですし、その方が楽だと思いますが、行動を起こさない限り、

 

状況って変わらないものなんですよね。これは仕事を変えたいという時以外でも同じ事だと思うし、共通して大切な事だと思うのです。

 

自分の仕事環境をより良いものにするために、今すぐ行動を起こしましょう。

 

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:人のためになる仕事をする事で幸せになる。

仕事を変えたい時にやることリスト