大学受験に落ちたという人がやるべき事

大学受験って本当に大変なんですよね。高校2年くらいになると、予備校に通って、勉強をしているという人も多いのではないでしょうか?

 

これって実はとても大変な事だと思うんですよね。学校でも勉強をしているのに、また予備校でも勉強ですよね。

 

予備校に行けない人や行かない人とかはさらに大変で、自宅に帰って勉強をしていますよね。しかしながら、そういった努力を発揮できるのって、

 

たったの1回だけなんですよね。第1志望の試験日に全てが決まってしまうのです。この緊張ってとても大きなものがあると思うんですよね。

 

お腹を壊してしまう人だっていると思うし、家庭の事情で多くの学校は受ける事ができないという人だっているでしょう。

 

だからこそ、大学受験で落ちてしまうという人もいるんですよね。では、そんな大学受験で落ちた人が浪人の時にするべき事とは何でしょうか?

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

なぜ大学受験に落ちたのか?を周りに相談する

 

 

これは大切な事だと思うんですよね。大学受験に落ちたという事はそこには何かしたらの原因があるんですよね。

勉強を十分にしなかったとか、試験日までの体調管理ができなかったとか、過去問をやらなかったとか、そういった事ってあると思うんですよ。

 

 

しかし、人間は自分の失敗に目を向けられない生物です。だからこそ、「今年は運が悪かっただけだから、来年は頑張ろう」と思ってしまう人も多いんですよね。

 

ただ、その状態のままだと、また「今年も大学受験に落ちた」という事になってしまう可能性が非常に高いのです。

 

 

大学受験に落ちた事には必ず理由があるんですよね。いくら言い訳をしても「きちんと勉強をして受かった」という人がいるのですから。

 

また、大学受験に落ちた理由を考える時には、周りの人に意見を求める事も重要になってきます。自分で自己分析をしても、

 

人間ですから、自分に良いように考えてしまうんです。しかし、それだとまた同じ結果になってしまう事はわかるじゃないですか?

 

だからこそ、周りで受験に成功した友人に「俺は今年、こういう風に頑張ったけど、何が悪いと思う?」と聞いてみるのが良いと思うんです。

 

プライドが傷ついてしまう事を怖れる人もいるのですが、大学受験に落ちた過去と同じ事が繰り返されるりは良いと思いますよ。

 

 

友人の客観的な意見を聞く事により、自分の悪い部分や至らない部分というものが浮き彫りになるのです。

 

チャレンジしてみてください。

関連記事:小さいストレスを減らしていこう

 

 

大学受験にかかる金額を知る

 

 

これも大学受験に落ちたという時には大切な事だと思います。大学受験に落ちた方は学生だと思うので、あまり大学受験にかかる金額とかを考えた事はないかもしれませんが、

 

 

実際、かなりの金額がかかってきているんですよね。予備校の代金もそうですが、予備校までの交通費や食事代、

 

さらに受験するための費用までかかってきてしまうのです。普通の家庭であれば、大学受験にかける金額って、

 

支出の中でも大きな割合を占めてしまうと思うんですよね。だからこそ、大学受験に落ちたという人は、その金額を自分で知った方が良いと思うのです。

 

 

そうする事によって、予備校での受講態度も変わってくると思いますし、どれだけ親が自分に対して投資してくれているのか?

 

という事がわかるようになると思うんですよね。聞きたくないという方もいるかと思いますが、これは是非やってみて欲しい事です。

 

大学受験の時って精神的に大変なんですよね。「お金の事までなんで考えなければいけないんだ!」とストレスに感じてしまう事もあるかと思います。

 

しかし、そういった感情も大学受験に来年受かれば、変わると思います。

関連記事:睡眠不足はストレスになる。だからこそするべき事。

 

 

過去問をひたすら研究する

 

 

これも大学受験に落ちたという人には大切な事だと思うんですよね。大学受験に落ちた人の共通点として、

 

 

過去問を研究していないという事があげられると思うんです。過去問って勉強するのが1番面倒な部類だと思うんですよね。

 

長い時間問題を解かなければいけないし、時間がただでさえないのに、苦痛に感じてしまう事だってあると思うんですよ。

 

しかし、大学受験に落ちたという事であれば、やってみた方が良いと思うんですよね。過去問を徹底的に研究する事によって、

 

受験する大学の問題傾向がわかると思いますし、試験時間にも慣れる事ができるので、とても良い事だと思うんですよね。

だからこそ、大学受験に落ちたという事であれば、過去問を研究するという事をやるべきなんですよ。

 

私自身、浪人した経験を持っているのでわかりますが、過去問を研究する事って本当に大切なんです。大学受験に落ちた時に、

 

圧倒的に足りないのが、過去問の研究でしたから。その上で、皆さんにおすすめしているのです。

 

 

また、最近は過去問の入手だって簡単になったんですよね。スタディサプリを使えば、全国140大学の大学過去問が最大3年分、センター問題集が過去7年分ダウンロードできるんですよね。

 

大学受験に落ちたという人はこういったサービスを使ってみても面白いと思います。

という事で、今回は大学受験に落ちた人がするべき事について書いてみました。

関連記事:ストレスに効く食べ物・グッズをまとめてみた。

 

 

 

大学受験に落ちた