仕事なんてもう無理だと思うなら辞めても良いと思う。

どんな仕事でも、仕事である以上、大変だと思うんですよね。職場内での関係性もそうですし、仕事内容が満足できなければ、

 

仕事なんてもう無理だと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?でも、実際は仕事なんてもう無理だと思っていても、

 

辞める人ってほとんどいないわけなんですよね。でも、本当に辛いのであれば、我慢できないのであれば、辞めてしまっても良いと思うのです。

 

自分の人生なんですから。

 

 

嫌いな上司が与える影響は大きい

 

 

仕事なんてもう無理だと思う原因の1つには上司の存在があると思うんですよね。「この仕事がやりたい」と思っても、

 

嫌いな上司がいるだけで、辛くなってしまうものなんですよね。自分にとっての上司、特に直属の上司が自分にとって「面倒な上司」になる事もあるんですよね。

 

 

世の中には本当に色んな人がいるんですよね。嫌味を言ってくる人もいれば、すぐにキレる人だっているのです。

だからこそ、ストレスが溜まってしまい、仕事なんてもう無理だと思ってしまう人だっているのです。

私がサラリーマンとして働いた職場にも「神経質先輩」と呼んでいた「物凄い細かい上司」がいたんですよ・・・ああ、嫌いだった・・・

ただ、そういった環境で働く事って、

 

自分にとって良くない事だと思うんですよ。嫌いな上司が与える影響って実はとても大きくて、自分では「まだ大丈夫」だと思っていても、

 

だんだんと精神的にやられてきてしまい、いつのまにか追い詰められている事だってあるんです。

仕事なんてもう無理!と思っている時には、精神的にもかなり限界地点まで近づいている時だと思うしね。

 

私の知り合いでも、

 

職場の上司とうまくいかなくても、それが原因で吐き気が毎日出るような状態になってしまい、最終的には出社拒否のような状態になってしまいましたからね。

 

 

それだけ、「仕事によるストレスが与える影響」は大きいものですし、

仕事はもう無理だと思って、当然の事案だと思うのです。自分の辛い状況って意外にも自分ではわからないものなんですよね。

 

限界は自分で決めるものだ!といってくる人もいるかもしれませんが、実際は「大丈夫だ」と思っているよりもずっと前に辛くなってしまっているわけです。

 

だからこそ、仕事なんてもう無理だと思っているのであれば、辞めるという選択肢を考えてみても良いのではないか?

と思うのですよ。

関連記事:会社を辞めたい?おすすめ転職サービス

 

我慢する事はかっこいい事ではない

 

仕事なんてもう無理だと思っている時って本当に辛い時だと思うんですよね。私の場合も前職の時には上司が嫌いで嫌いでしょうがなかったんですよね。

そして、上司だけではなく、仕事内容にも疑問を持っていたのです。「これは世の中のためになっているのだろうか?」と思ってしまっていたのです。

 

しかし、そこで私は我慢してしまっていたんですよね。「それでも何とかするしかない」と思っていたのです。

 

何と真面目なサラリーマンだったのだろうか・・・

 

「逃げる事は悪い事である」とも心のどこかで思っていました。ただですね、我慢する事はかっこいい事でもないし、逃げずに頑張る事もかっこいい事ではないと気がついてしまったんですよね。

 

だんだんと我慢する自分だけを大切にするようになって、何もかもが見えなくなっていってしまったのです。

仕事なんてもう無理だと思っている人の中には、どれだけ辛い思いをしても頑張ろう!と思っている人もいると思います。

 

テレビのドキュメンタリーには「我慢する事を美談として語るような番組」だってたくさんありますしね。しかし、そんな事をしても、結局は自分のためにならないと思うのです。

 

現実的には「仕事なんてもう無理だ」と思ったら、辞めた方が良いのです。

私はサラリーマンとして働いているわけではありませんが、今はとても幸せな生活をしているんですよね。

あの時が嘘だったのかのように思えるのです。仕事なんてもう無理だと思ったなら、それは皆さんの心のサインなのです。

 

自分の内なる声を大切にしてください。その声は長い目で見れば、常に正しいのですから。

関連記事:モンスター上司がいるなら、すぐに逃げろ。

 

 

楽しくないと思ってやる仕事では身につかない

 

 

これは思う事なんですよね。仕事なんてもう無理だと思いながらも仕事を続けている人って「こんなの誰もが経験している事だ。頑張るしかない、スキルだって身につく。」

 

 

と思い、仕事なんてもう無理だと思っても続けるわけなんですよね。しかしながら、楽しくないと思いながらやる仕事って身につくものってないんですよね。

 

なぜか?仕事=我慢するものだと思ってしまうからなんですよ。休日には仕事の事を一切考えたくないだろうし、

 

泥酔するまで飲んでしまっているという人だっているでしょう。そういった状況下において、身につくものって何もないんですよね。

 

もちろん、我慢する能力はつくかもしれませんが、そういったあまり良くない環境で我慢する能力って本当に必要なものなのか?というと、

 

そうではないと思うのです。「仕事なんてもう無理だ」と思ってしまう会社に入ってしまった時に辞める事ができるスキルや勇気も、

 

実は1つの能力だと思うんですよね。

辞める勇気だって大切なんですよ。

 

会社を辞めるという事って人生において大きな決断だと思っている方が非常に多いわけです。

だからこそ、どんなに辛い目にあっても辞めないわけなんですよね。

 

 

しかし、それだと本当に動けなくなるような状態になるまで会社を辞める事ができないという事なんですよね。

 

仕事なんてもう無理だと思うのであれば、「将来どうなりたいのか?」という事を考えて、選択するべきだと思いますよ。

関連記事:転職先の選び方で絶対に失敗しない方法

 

 

ストレスにより自分も周りも傷つける

 

これは過去の自分もそうだったと思う。仕事なんてもう無理だと思いながら働いていると、自分でも気がつかない内にストレスが溜まっていっているものなんですよね。

 

そして、ストレスが溜まってくると、自然と周りとの関係性も悪くなってしまうのが、悲しいところなのです。

家族や友人と衝突する事が多くなると思いますし、傷つけてしまう事が多くなってくるんですよね。そうすると、家族ならまだしも、

 

友人たちが離れていってしまう事だってあるのです。仕事なんてもう無理だと思っているのであれば、それは精神的な危険信号だと思うんですよね。

 

そういった信号が出ているにも関わらず、頑張っても自分と周りの人たちを傷つけてしまうのです。それであれば、仕事なんてもう無理だ!と思った瞬間から辞めてしまっても良い思いますし、

 

その方が結果的には周りとの関係性も改善され、人生がより良い方向に向いていく事だってあるんですよね。

 

仕事なんてもう無理だと思っている人ってたくさんいるとは思うのですが、それでも我慢している人はたくさんいるのです。

 

しかし、本当にそれで良いのかな?といつもながら、思ってしまうのです。

 

私も仕事で辛い時には家族や恋人、友人を傷つけていたのかな。あの時の事を謝る事ができるのであれば、謝りたいくらいです。

 

辛くて辛くて、どうしようもなかった。優しくも出来ていなかった。ごめんなさい・・・

お関連記事:仕事を辞めたいけど、上司に言えないという人が考えるべき事。

 

あの頃は自暴自棄になっていたような気がする

 

これは今思えば、なんですけど、「この仕事、もう無理だ・・・」と思っていたあの頃は自暴自棄になっていたような気がするんですよね。

どんな状況でも、客観的に物事を判断する癖がついていた私だったので、仕事で辛いからといって、自分を見失う事なんてないだろう、と思っていました。

でも、金曜日になれば、浴びる程飲んでいたし、何もかもがどうでもよくなっていたんだなって思うんです。

 

金曜日は毎回お酒を飲みに飲んでいたから、家に帰る事もなかったなあ。今の健康的な生活を考えると、あの頃の自分がおそろしいというか、不思議な存在ですね。

 

まるで別人。

 

仕事なんてもう無理だと思ったその時から随分と我慢してきたような気がします。そうやって我慢している姿を見て、「よく頑張っているね。偉いね。」なんて言う人もいると思う。

 

当然、そこに悪意はないはずです。

 

でも、その頃はもしもそんな言葉をかけられても辛いだけだったし、心が壊れてしまっていたんじゃないかな。

 

仕事なんてもう無理だと思っているにも関わらず、自分を騙し続けても、何も良い事はないのです。私の場合はうつ病になったりとか、

そういった症状は出なかったのですが、本当にあの頃の私はボロボロだったような気がします。今でも、会社の最寄駅には近付きません。

 

あと20年くらい経ったら行っても良いかもしれないけど、それまでは自分の記憶の奥の奥にしまっておきたいような、そんな気持ちがしているのです。

ボロボロだったあの時、私は何を思っていたのだろう?と今では不思議な感覚ですが、辞める直前には「昼休みに公園で休憩する」という謎の行動をしていました。

 

今思うと、本当に危ない人ですよね。でも、その当時はただただボロボロな自分で、精神的にも身体的にもキツくて、どこかに癒しを求めていたのではないか、と思います。

関連記事:上司が仕事をしないのはなぜだろう?

 

 

仕事なんてもう無理だと思うなら我慢しない

 

 

これが大切な事だと思うんですよね。

仕事なんてもう無理だと思うのであれば、仕事を辞めて独立をしても良いだろうし、転職をしても良いんですよね。

 

実は選択肢なんていくらでもあるのです。仕事なんてもう無理だと思っている時には既に精神的にはかなり辛い状態にある事が多いんですよね。

 

だからこそ、早々に辞めてしまった方が良いのです。

 

当時勤めていた会社は年収が高かったからこそ「転職をする事への抵抗」があったんですけど、MIIDAS(ミーダス) で「転職後の想定年収」を調べてたら、結構当時の会社の年収と変わらない値段が出てきて、

「なんだ、転職しても同じくらいの年収のところ行けたのか」と思ったものです。ああ・・・。

 

私が会社を辞める時にリクルートエージェントマイナビエージェント 等の転職エージェントに会社を辞める前から相談していたりしたら、

 

また変わっていたのかな?なんて思います。

 

リクルートエージェント

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

年収交渉や面接の日程調整等もしてくれますし、非公開求人のパーセンテージも高いので、優良な求人が多いんですよね。

 

実際に働く会社を決める時だって、キャリコネ で企業の口コミを見れば、「ブラックなのか?」だってわかるし、

今こうやって第三者程な視点で見ると、転職をするための基礎サービスってたくさんあったんですよね。

 

仕事なんてもう無理と思うのであれば、転職を考えてみても良いのです。

 

仕事なんてもう無理と思うのであれば、

 

辞めてしまえば良いと思うんですよね。もちろん、現在の状況とこれからの予想をしての決断にはなりますが、

 

良くない環境で働き続ける事は良い事ではないのです。

仕事なんてもう無理だ」と思える内に次の行動を起こした方が良いのです。

関連記事:新入社員が転職する時にやるべきこと

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。