結婚相手を見極める時のチェックポイント7

 

みなさんは結婚相手を見極める時どんなことをチェックポイントとして見ているでしょうか?

 

単純に彼氏彼女として付き合うのと結婚するのでは大きく違いますよね。

特に女性の場合は「付き合うなら」というのと「結婚するなら」という目線では選ぶ相手も変わってくる人も多いかもしれません。

 

結婚相手をどういうポイントで見極めたらいいのでしょうか?

 

付き合っている時は一緒にいる時間も短いですから、相手のこともわからないところがまだたくさんあるはずなんです。

 

付き合っていた頃は優しい人だったのに結婚してから態度が急変した、なんてことになったら最悪ですよね。

 

今回は結婚相手としてふさわしいかどうか相手を見極めるためのチェックポイントをまとめてみました。

 

店員さんに優しいかどうか

 

デートでカフェに入ったり、ショッピングをしたり、ということは多々あるかと思いますが、

そんな時に相手が店員さんにどう接しているか、ということは結婚相手を見極める上で重要なチェックポイントです。

 

例えばお店で料理の注文をする時、相手は店員さんに対して丁寧に対応しているでしょうか?

もし結婚相手の候補として考えている人が店員さんに横柄な態度をとったりしていたら、その結婚は少し考え直した方がいいかもしれません。

 

店員さんに対して「自分はお金を払っている客なんだから」という理由で横柄な態度をとる人は、

結婚した後に「自分は働いて金を稼いできている夫なんだから」という理由で妻に当たる傾向があります。

 

もちろん女性の場合も同じです。

 

店員さんに横柄な態度をとる人は人に上下関係を作る傾向が強く、相手のことを下だとみなした時に急に態度が変わる人なのです。

関連記事:DVをする男の特徴

 

一緒にいて楽か

 

結婚相手としてふさわしいかどうかを見極めるために一番重要なのが「長い時間一緒にいても苦にならないか」ということです。

 

付き合っているだけだと、食事をしたり日中のデートでしか一緒にいないと思いますが

結婚して一緒に生活をする、となったら生活のほとんどの時間を一緒に過ごすことになります。

 

なのでデートをしている時に少しでも「窮屈だな」と思う瞬間があったら、

その相手と結婚した場合、結婚生活は倍以上窮屈だなと感じる瞬間がある、くらいの覚悟をしておいた方がいいと思います。

 

結婚するかどうかを悩む相手がいるなら、まずは結婚する前に相手を見極めるため、短期間でもいいので一緒に住んでみる、というのをおすすめします。

関連記事:結婚する前に同棲をおすすめする理由

 

仕事の相談ができるか

 

結婚相手候補に自分の仕事の相談ができるかどうか、というのは相手を見極める上で大切な判断基準になります。

 

というのも、男性においても女性においても、同じ職場で働いていない限りは仕事の話はパーソナルな話になってくるんですね。

 

仕事での人間関係には結婚相手にはわかりません。

仕事の内容も、相手には説明をしないとわかってもらえないものだと思います。

 

だから仕事の話をちゃんと説明したいと思えるか、その上で相手も話をちゃんと聞いてくれるのか、というのはとても大切な見極めポイントなのです。

 

私の友人にも「彼氏には仕事の相談ができない。そもそも仕事内容も知らないし、仕事を一緒にしてる人の話もあまりしないから言ってもわからないだろうし。」と話している子がいましたが、

その子は仕事でのストレスも多く、それを彼氏に仕事の相談ができないこともあって結局別れてしまっていました。

 

自分パーソナルな部分を諦めてしまうのではなく、相手に相談できるかどうか、というのはとても大切な見極めポイントなのです。

関連記事:就活中の彼氏と別れる人が多い理由。

 

一緒にいて我慢することはないか

 

結婚するかもしれない相手と一緒にいて我慢することがないかどうか、というのも大切な見極めポイントです。

 

相手によって我慢させられることはないでしょうか?

 

例えば相手と一緒にいる時は気を遣ってしまって携帯を見ることができない、だとか

もっと関係が発展したら「相手が嫉妬深いから、友達とも出かけることができなくなった」だとかそういったことですね。

 

結婚するかもしれない相手と一緒にいることによって、自分の生活が制限されてしまうようなことがある場合はその結婚は考え直した方がいいかもしれません。

 

もちろんお互いにそういった我慢をしあってうまくいくケースもありますが、

お互いがお互いの生活を尊重できる関係性でいられる結婚相手の方が、ずっとこれから一緒に暮らしていくなら幸せだと思います。

関連記事:幸せになれる結婚の法則

 

金銭感覚が似ているか

 

付き合っている時はあまり気にならないかもしれませんが、いざ結婚する、となった時は金銭感覚が似ているかどうか、というのはとても大切な見極めポイントです。

 

結局一緒に結婚生活を送る、ということは二人で生計を立てていく、ということですから

近しい金銭感覚を持っていないとストレスがたまるでしょう。

 

電車で移動する時ひとつとっても、安いルートでいくのか早いルートでいくのか、など判断ポイントはいくつもあります。

 

同性の友達が多いか

 

結婚するかもしれない相手に同性の友達が多いかどうか、というのは見極めるべきポイントです。

 

異性の友達っていうのは割と簡単に作ることができるんですよね。

でも同性から好かれる、というのはその人の根幹の部分、人間性が良くないと無理なんです。

 

相手が同性からも好かれるタイプなら、その人は人間的にも素晴らしい人だと思うので結婚相手としてもふさわしいでしょう。

関連記事:彼氏の友達で判断する?

 

家族関係は良好か

 

結婚する相手の家族と結婚相手との関係性が良好かどうか、ということは見極めるべきポイントだと思います。

 

結局結婚をしたら親族になるわけですから、結婚する相手とは性格が合っても、その家族と性格が合わないとストレスになってしまいますよね。

 

もちろん一番大事なポイントは結婚する相手のことを好きかどうかだと思いますが

親族とどういう距離感で付き合っていくのか、というのも結婚するなら考えておきたいポイントです。

 

結婚相手を探すなら

 

結婚相手を見極める時のチェックポイントについてお話してみました。

 

結婚相手の候補がまだ見つかっていない、という人は自分の好みの条件を指定して結婚できる可能性を診断することができる結婚力診断テストなんかも試してみてもいいかもしれませんね。

 

結婚相手を見極めなくてはいけない状況になった時にぜひ参考にしてみてください。

 

では今日はこのあたりで。

結婚相手を見極める時のチェックリスト