ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

民泊への不動産投資加熱を踏まえて。

不動産投資にも種類があるわけなんですよね。マンションに投資するという人もいれば、アパートに投資するという人もいる。

戸建だという人もいるでしょう。

 

しかし、その中でも最近増えてきているのが、「民泊への不動産投資」だと思うわけなんですよね。日本は世界的にも人口減少が著しい国の1つです。

 

地方の方なんかは人口の減少を肌で感じているという人も多いのではないでしょうか?実際、私自身が地方に出張にうかがうことが多いのでわかるのですが、

 

地方の人口減少って実際に経済を疲弊させていると思うんですよね。不動産会社でも同じです。

 

 

知り合いの不動産会社に聞いたら「最近は入居する人よりも退去する人の方がだんだんと多くなってきた」とおっしゃっていました。

 

それくらい人口が減少しているという事なんですよね。ただ、観光客については地域によって様々ですが、実際多くの観光客がきているわけなんですよね。

 

そんな中、最近注目されてきているのが、「民泊」だと思うんですよね。不動産投資家の中には民泊に力をいれているという人も珍しくありません。

 

そこで、今回は不動産投資における民泊について書いていきたいと思います。

 

 

 

所有型の民泊ではないと、かなり厳しい

 

 

これは思う事なんですよね。不動産投資の選択肢として民泊を考えるという人はかなり多いのですが、

 

 

不動産投資の選択肢として、考える時に「転貸型」を考える人も少なくないのです。転貸型だと大きな資金が必要ないという事がメリットとして挙げる事ができると思うんですよね。

 

 

7万円で物件を借りて、それを転貸するような形なんですよね。ただ、不動産投資の選択肢として「民泊」を考えるならば、

 

圧倒的に所有型の民泊の方が良いと思うんですよね。確かに、簡単に始める事ができるのが転貸型の民泊である事は確かですし、

 

撤退だって簡単に出来るんですよね。しかしながら、それだと不動産投資としての成功はないといっても過言ではないと思うんですよね。

 

最近は民泊事業に参入してくる人も少なくありません。つまり、競合他者が多いわけなんですね。すると、だんだんと

 

 

宿泊料金も低くなってきてしまうのが、現実だと思うわけなんですよね。

 

所有型の民泊にだってもちろんリスクはあります。しかしながら、不動産投資として民泊を考えているのであれば、

 

所有型の民泊にした方が良いのです。認可をきちんととる事も必須ですよね。

関連記事:海外への不動産投資はなぜ危険なのか?

 

 

民泊で成功するには差別化が必要

 

 

これは言える事だと思うんですよね。

民泊を始める人って物件を確保して、Airbnbでやれば、どうにかなると思っている人が多いのですが、実際にはそんなに簡単にはいかないわけなんですよね。

 

 

例えば、私の知り合いでは地方での民泊である程度成功している人がいらっしゃるのですが、この人とかだと、

 

「泊まりに来た人との交流」をしっかりとやっているわけ。ご当地グルメが食べる事ができる場所に連れていったりとか、

 

ホテルよりもより高いレベルのサービスを提供しているのです。こういった努力が結果的には必要になってくるんですよ。

近くに住んでいないと、中々厳しいですよね、ここまでのサービスを提供するのは。

 

不動産投資として民泊を考えると、「どれだけ労力をかけずにできるのか?」という事を主眼に置く方が多いのですが、

 

そういった姿勢で民泊を始めてしまうと、どうしても競合他社に勝つ事ができなくなってしまうわけなんですよね。

 

労力をかけて不動産投資としての民泊を運営している人って実はたくさんいるのです。そういった人たちと競っていかなければいけないという事を、

 

まずは考えなくてはならないと思うんですよね。その上で「民泊は不動産投資としてうまみがある」と思えばやれば良いと思いますし、

 

 

なんか面倒だな」と思うのであれば、撤退した方が良いわけなんですよね。だって、いまは不動産投資をしたいと思ったら、

 

別に民泊にしなくても良いわけですからね。クラウドバンク等のソーシャルレンディングサービスを使えば、

 

ある程度の利回りのものを見つけ、太陽光や風力発電等の代替エネルギーに投資する事もできますし、不動産投資ファンドに投資する事だってできるわけなんですよ。

 

だからこそ、労力を使いたくないのであれば、別に他の選択肢を選んでも良いわけなのです。

実際、知り合いの話を聞くと、近所の人たちとの関係性も重要らしく、自治体等が協力的ではない場合、民泊を始めても、

批判の対象になってしまう事も多いみたいで、そういった点でも大変なビジネスではあるんですよね。

関連記事:30歳から資産運用を考える人が増えるのはなぜ?

 

 

民泊ビジネスは結局のところ好きなのかどうか

 

 

 

これだと思うんですよね。不動産投資としての民泊を選択肢として考えているという人は多いのですが、

 

労力があまりかからないのか?というと、決してそういうわけではないんですよね。労力はかかってしまうものですし、

 

不動産投資としての民泊を本業にしていかなければ、なかなか厳しいという側面は実際にはあるんですよね。

 

だからこそ、結局は「民泊が好きなのか?」という事が大切になってくるのです。民泊じゃなくても「お金儲けだけ」になってしまうと、

 

人ってそこに面白みを感じる事ができなくなってしまうわけなんですよね。だからこそ、不動産投資としての民泊を考えるのであれば、

 

「自分が民泊を好きなのか?」という事を最重要視した方が良いのです。

 

外国人が泊まりに来て、日本のユースホステルに近いような形で一緒にご飯を作ったりだとか、

 

英語を使って、実際に泊まってくれた人たちと自国の文化について語り合うのが好きだったりしないと、やっていけないビジネスだと思いますよ、民泊は。

 

不動産投資家として「民泊」を検討した事もあるのですが、民泊を成功させるには、かなりの時間が必要なのです。

片手間でやっても、本業でやっている人には中々勝てないのが現実ですねえ。

という事で、今回は不動産投資と民泊について書いてみました。

関連記事:資産運用で不動産を買うメリット・デメリット