料理をしたくないならしなければいい。

料理って結婚すれば女性がやるのが当たり前だと思っている人が多いんですよね。しかし、これは実は違うと思うわけなのです。

 

女性だって働いていればそれなりにストレスだって溜まってしまいますし、女性の中には料理が得意じゃなかったりとか、

 

好きじゃないという人だっているわけなんですよね。ただ、そういった時にも夫や彼氏は「料理をしたくないなんて…」となってしまう人が多いわけなんですよね。

 

こういった気質っていまも昔も実は変わらなかったりするわけなんですよね。でも、料理をしたくないのであれば、しなければ良いと思うのです。

 

 

なぜ料理をしたくないのか?

 

 

料理をしたくないという人って実際にいるんですよね。ただ、なぜ料理をしたくないと思ってしまうのでしょうか?

 

まずはそこから書いていきます。

 

 

・旦那からの感謝の言葉がない

 

 

これは料理をしたくないと女性が思ってしまう原因だと思うんですよね。確かに、結婚していれば、料理をしなくては生活を送る事ができないので、

 

するわけなんですよね。女性が料理を担当しているという家庭だって多いでしょう。しかし、この料理というものは、

実はとても大変な仕事でもあるんですよね。

 

毎日3食の料理を作るわけなんです。食材の調達から、メニューの選定、そして後片付けまで料理をする時には、

 

やるべき事というものがたくさんあるんですよね。だからこそ、料理をしたくないと思ってしまう女性がいるわけなんですよね。

男性が料理を担当しているなら男性も同じです。

 

 

料理を出されている方としては「どのくらい大変なのか?」という事を理解する事ができないわけなんですよね。

 

時間がかかる事ですし、思考だって必要になってきます。しかし、その一方で当たり前の日常すぎて、感謝の言葉が相手から出てこないという事が多いんですよね。

 

だからこそ、料理をしたくないと思ってしまうわけなんです。誰でも褒められたいものですよね?自分が努力したらその分だけ

 

「ありがとう。」を言って欲しいものなのです。結婚生活が長かったりすると、どうしてもこうした小さな感謝って忘れがちなんですよね。

しかし、これは忘れてはいけないものなのです。

 

 

料理をしたくないと思う原因はパートナーにもあるという事なんですよね。

 

 

 

・料理があまり好きではない

 

 

これもあると料理をしたくない原因だと思いますね。原因というよりも、根本的な要因ではありますが。

 

実際、女性だからといって、料理が好きというわけでもないんですよね。掃除の方が好きという人もいるだろうし、

 

料理をしても、片付けるのは面倒だという人だっているでしょう。そういう人だと、やはり料理をしたくないという感情を持ってしまう事だってあると思っているのです。

 

料理をしたくないという事だって別に悪い事じゃないんですよね。料理をしたくない人なんて世の中にいくらでもいます。

 

だからこそ、別に罪悪感を感じる必要性ってなかったりするのです。

 

 

・日々のメニューを考えるのが面倒

 

これも料理をしたくない原因になっていると思いますよ。

 

毎日3食、あるいは2食のメニューを考える事って実はとても大変な事なんですよね。

 

「この前もハンバーグ作っちゃったから今日は作れないな。でも、材料から考えると作れるものは…」と考える必要があるんですよね。

 

これって実はとても面倒な事なんです。料理をしたくないと思ってしまっても仕方がないと思うんですよね。

 

年を取ってから最初にできなくなる事って実は料理なのです。料理は高い思考レベルを必要とする脳の運動なんですよね。

つまり、それだけ、体力を使う行動だと言えるわけです。

 

 

日々のメニューを考えるくらいなら料理なんてしたくないと思ってしまうのもわかります。私自身、料理をする事があるのですが、

 

やはり一番面倒になってしまうのが、メニュー選びなんですよね。料理を終えると、「なんか疲れたな」と感じる事もしばしばです。

 

それだけ料理をするという事は疲れる事なのです。

関連記事:専業主婦でも働きたいという人は結構いる。

 

 

料理をする時間を他の時間に使える

 

 

ただ、料理をしたくないのであれば、本当はしなくても良いと思うんですよね。料理の時間って1日の時間の中でも、

 

多くの時間を割くようなものなんですよね。でも、もしもこの料理の時間を他の事に使えたらどうでしょうか?

 

もしも、料理の時間を他の時間に使えば、良いですよね。でも、これって実は可能な事なんですよね。料理をしたくないという人は、

 

別に料理を無理してしなくても良くなっているのです。例えば、CaSy を使えば、料理はもちろん、家事を頼む事だってできるわけなんですよね。

 

これからの時代は多くの事をアウトソーシングしていく時代です。だからこそ、料理もアウトソーシングしたいと思うのであれば、

 

してみたら良いと思うわけなんですよね。ただ、とはいえ高いでしょ?という人もいるんですよね。しかし、そんな事ないのです。

 

1時間2,190円で料理を代行してくれるわけなんです。これって実は大きな時間短縮になるわけなんですよね。

 

料理をしたくないという感情は別に悪い事ではありません。むしろ、そういった家庭の何気ない事からアウトソーシングする事が大切なのです。

 

だって、よく考えてみてください。1日に3時間は料理を作っているとしますよね。すると、1年で1095時間は料理をして皆さんは過ごしているわけなんです。

 

これが10年になると、1万950時間も料理をしているわけなんですよね。

 

1年が8,760時間なので、10年料理をすると1年以上も無駄にしている事になるわけなんですよ。だったら、アウトソーシングして別の事をした方が良いと思いませんか?

 

料理をしたくないという人が料理を委託するだけで1年間寿命が伸びると思えば、安いものだと思うんですよね。

関連記事:主婦でも出来る副業?在宅で稼げる時代なんです。

 

 

海外だと料理をほとんどしない家庭もある

 

 

これも思う事なんですよね。私はシンガポールが好きでよく渡航するのですが、シンガポールだと料理をしない人も普通にいますし、

 

結構多かったりするんですよね。料理をしたくないのではなく、そもそも料理をするという概念がない人たちもいるのです。

 

私は実際現地の安い物件を見に行ったのですが、その時に「この部屋では簡単な料理以外は禁止なの」と言われました。

 

日本では考えられない事なのですが、海外だと普通にこういう事があるんですよね。料理をしたくないと思うのであれば、

別にする必要はないと思いますし、実際料理をしなければいけないという事ではないと思うのです。料理をしたくないと思いながら、

 

料理をする時のストレスを考えれば、料理はしない方が良いわけなのです。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

 

料理をするストレスがないだけで円満

 

 

これもあるんですよね。料理をしたくないのにしていると、どうしてもストレスが溜まってきてしまうわけなんですよ。

 

そうなってくると、家庭も円満にはならないわけなんですよね。料理を作らなければいけないという状況になると、

 

「ああ、また料理を作らなければいけないのか」となるわけなんですよね。でも、料理をしたくないと思い、

 

アウトソーシングをすればそういったストレスから解放されて、家庭自体が円満になる事が多いのです。

 

確かに、料理をするという事は大切だと思っている人もいるでしょうし、料理をしたくないという人を「だらしない人」だと思ってしまう人もいるでしょう。

 

しかし、料理をしたくない人が料理をしない事によって得られるメリットって実は大きいという事を認識してみても良いのでは?と思うわけなんですよね。

 

という事で、今回は料理をしたくない人について書いてみました。

関連記事:主婦にストレスが溜まる理由

 

料理をしたくない