ダメな会社の特徴

 

最近では名の通っている大企業が必ずしもいい企業で、これからも経営が安定して続いていく企業か、というとそうではないですよね。

 

むしろ大企業の方がリストラや倒産が危ぶまれる会社も多く、最近では就活中の大学生に人気なのは大企業よりも中小企業になってきています。

関連記事:リストラは大企業で起こる時代?

 

ダメな会社の特徴って実は共通しているものが多く、多くの項目に当てはまるような会社はもしかしたら倒産に向かっている会社かもしれません。

 

倒産した会社をいくつか見てきましたが、本当にダメな会社の特徴ってどの会社でも共通していることなんですね。

 

ダメな会社の特徴についてまとめてみました。

あなたの会社は大丈夫ですか?

 

無意味な研修が多い

 

無駄な研修が多いのはダメな会社の特徴です。

 

会社には新人を最低何時間研修しなくてはいけない、などといった決まりがあるものなんですが、

ダメな会社はその研修時間を「とりあえずこなさせよう」としてくるんですね。

 

でも基本的にはそれは研修なわけですから実際に働く仕事内容と合致していない内容ではまるで意味がありません。

 

会社でやった研修はその後の仕事にきちんと結びつくような研修だったでしょうか?

もしそうでないなら、ダメな会社である可能性が高いです。

関連記事:人材育成が下手な企業は潰れる

 

上司が尊敬できない会社

 

実は大企業と中小企業の決定的な違いは中小企業の方が嫌いな人と働く可能性が低い、ということころなんです。

 

というのも、大企業は組織として大きくなってしまっていますから、人事と会社の上層部とがかなり離れてしまっていることが多いんですね。

中小企業は大企業に比べて人数も少ないので、会社の上層部の人がそのまま採用を担当したりします。

 

つまり面接の時点で会った人が、一緒に働く人であったり、その人と似たような人が一緒に働く人である可能性が高いんです。

 

いいと思って入った会社に就職してみて、上司が合わない上司だった、ということはそれだけその会社が組織として巨大化してしまっていて

上層部の思考が末端まで行き届いていない、ということなのではないかと思うんです。

 

どうしても組織が大きくなればなるほど仕方のないことではありますが、今の時代にはこういった大組織はあまり合っていないんじゃないかなと思うわけです。

関連記事:個人プレーの仕事をおすすめする理由。

 

上司が尊敬できないような会社に就職してしまうと、仕事自体が嫌になってしまうものですよね。

 

上司がダメな人って、会社としてもダメだと思いますよ。

関連記事:優しい上司の下で良い部下は育つ

 

会社の雰囲気が悪い

 

仕事をするのにモチベーションを高くもつ、というのはとても大切なことだと思うんです。

 

気分が上がるような、仕事をしたくなるような会社の雰囲気作りってとても大事なことなんですね。

 

現に今勢いのあるIT企業はオフィスの家具や内装もビタミンカラーや緑をたくさん取り入れていて

わくわくするような会社の雰囲気作りを大切にしている節があります。

 

会社の雰囲気をよく観察してみてください。

息の詰まるような空間になっていないでしょうか?

整理整頓されていない書類の山、埃の渦の中で仕事をしていませんか?

 

そういった会社の雰囲気が悪いような会社はダメな会社なのです。

関連記事:転職においてワークライフバランスは大切なのか?

 

 

無駄が多い会社

 

無駄が多い、というのもダメな会社の特徴の一つです。

 

議題もないのに毎週やらなくてはいけない会議があったり、電話一本で済むことをわざわざ書面にして残しておかなくてはいけなかったり

おかしいな、と思うことはありませんか?

 

これからどんどんIT化が加速していき、社会全体の風潮として効率よく仕事をする、ということが尊ばれるようになるでしょう。

そんななか生産性のない多くのことが常態化してしまっているような会社はダメな会社です。

関連記事:生産性がないことをするのはもうやめよう

 

新しいことに挑戦していない会社

 

新しいことに挑戦できないのはダメな会社の特徴と言えます。

 

時代はどんどん変わり、進んで行っているのに、同じことをしていたら業績は確実に落ちていくでしょう。

 

今までうまくいっていたことを続けてこれからもうまくいくと思っているのがまず間違いなんですね。

中高年層は新しいことに挑戦するのがとても嫌いですが、そのままではいずれ会社は時代の変化についていけず潰れてしまいます。

 

新しいことに挑戦できていないと思うような会社はダメな会社なんです。

関連記事:転職の目的は何か?を考える事が大切だと思う。

 

 

転職を考えてもよいのでは?

 

ダメな会社の特徴について話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

もし多くの項目に当てはまるような会社に勤めているなら、転職活動を始めたほうがいいと思います。

 

 

リクルートエージェントを使えば、年収交渉もしてくれますし、非公開求人も75%を超えるんですよね。

リクルートエージェント

また、それでもブラック企業かどうか?という事が不安なのであれば、キャリコネ とかで企業の口コミを見てみれば良いのです。

キャリコネ

 

今は転職するということも当たり前になってきています。

ダメな会社に愛着が湧いてしまって倒産まで運命をともにするのではなく、さっさと転職してしまった方がいいですよ。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。