就活ってどうにかなるものだと思う。

就活というと、「内定が出なくて辛い」とか「エントリーシートが全く通らなくてもう嫌になった」という話ばかりが取り上げられると思うんですよね。

 

でも、実際どうなのでしょうか?

 

就活というと、ネガティブなイメージで語られる事が非常に多い一方でなんだかんだ就活はどうにかなるものだと思うんです。

 

なぜでしょうか?

 

 

世の中にはたくさんの企業がある

 

 

これは言える事ですね。

就活というと、受からないイメージを持っている人も多いと思います。先輩の話を聞いても「私なんかで本当に内定がもらえるのだろうか?」と考えてしまう人がいるんですよね。

 

でも、実際、就活ってどうにかなるものだと思っているのです。

 

そもそも、企業の数だって数え切れないほどあるんですよね。確かに大企業に就職できる確率を考えると、厳しいものがあると思います。

 

平均年収1000万円の会社に行きたいのであれば、それなりに厳しいものがあります。でも、世の中には就職できる会社がたくさんあるんですよね。

 

中小企業なども合わせたら数える事ができないくらいに存在するのです。

だからこそ、就活ってどうにかなるものなんですよね。

 

もちろん、そこには努力というものは必要です。どこの企業だって優秀な人材が欲しいものですからね。

 

ただ、そうはいっても、特に選ばなければどこかの会社には入れるものなんですよね。私の周りでも就活って結局はなんとかなっていましたから。

 

最後の最後まで「まだ内定がもらえなくて辛いんだ」といっている人だって最終的にはどこかの会社には就職する事ができているんですよね。

皆さんもいまは内定がないとして不安だとしても、最終的にはどうにかなるものだという事を覚えておいた方が良いのです。

 

確かにそのあと、やめてしまった人とかもいるのですが、それは別にしょうがない事だと思うんですよね。

最初の就活で全てを正解にする必要はないのです。

関連記事:就活をさっさと終わらせるコツ

 

 

就活の対策が容易になってきた

 

 

これもあると思うんですよね。

昔は就活の対策なんて自分でなんとかするしかなかったと思うのですが、インターネットの発達により、これも変わってきたと思うんです。

 

例えば、エントリーシートの対策にしたってビズリーチ・キャンパス とかを使えば、OB・OG訪問をする事ができるので、

 

こういったものを使い、自分のエントリーシートを見てもらうのもありですよね。OB・OG訪問をしているという事実も就活ではプラスに働きますしね。

 

面接だってそうです。面接も就職AGENTneo等のエージェントと一緒に就活をすれば、企業毎に対策をしてくれるんですよね。

つまり、就活の対策をしやすくなってきたのが今なのです。

 

そのため、努力さえすれば、就活ってどうにかなるものなんですよね。きちんと入りたい企業を決めて、対策をする事によって、

 

就活をどうにかなるものにする事ができるのです。確かに面接官との相性や、その時の健康状態などによって、左右される事ってあるのですが、

 

それでも、きちんと対策をしていれば、どうにかなるものなんですよね。

 

世の中にも対策本がたくさん出ているじゃないですか?そういったものを買ってみて、勉強するのもありだと思いますし、

 

実際、面接とかってだんだんと慣れてくるものなんですよね。最初は「面接だけはなんとなくなるものじゃない」と思っていた人でも、

 

数をこなしていくと、「あれ?意外と就活ってどうにかなるんだ」と思うはずなんですよね。

 

 

数をこなせばこなす程、人はそのモノゴトを得意になるものなんですよ。私の周りでも、最初は全然内定がもらえなくて辛そうにしている人っていたんですよね。

 

でも、そういう人でも、きちんと対策をする事によって、いくつかの会社から内定をもらう事ができていましたからね。

 

面接対策でも、エントリーシート対策でも容易にできるようになったからこそ、就活ってどうにかなるものになってきたと思うのです。

関連記事:就活をめんどくさいと思うのが普通だと思う。

 

 

人が不足している

 

 

これもあるんですよね。就活ってどうにかなると思っている事にはそもそも「人が足りていない」という事実があると思うのです。

 

景気が良いわけではありませんが、働き手は昨今の人口減少によって少なくなってしまったんですよね。そのため、

 

企業も採用活動には大きく力をいれているのです。リクルートとかだってそうですよね。リクルートでは最も優秀な人を人事部に送っているのです。

 

 

それくらい、企業は四苦八苦しているんですよね。そのため、働きたいと思っているのであれば、就活ってどうにかなるものなんです。

 

 

人が不足していると、どんな人でも企業に入りやすくなるものなんですよ。就職氷河期の時代の方のお話とか聞いた事ありますか?

 

本当に大変だったみたいですよ。

 

その時代に比べたら、今の就活って本当にどうにかなるものなのです。

 

 

今後は景気がどうなるのか?という事が不透明なのでわかりませんが、少なくともいまの就活の状態だと、就活って本当にどうになるものだと思うのです。

 

努力をするという事が大前提ではありますが、そこを怠らない限りは大きな失敗をしてしまうという事はないと思いますよ。

関連記事:就活はなんとかなる、くらいの気持ちが大事

就活はどうにかなる