就活において内定がない人は本当に優秀ではないのか?

就活で内定がない人って実は最後の方までいるものなんですよね。内定って出る人には不要なほどに出るという事もある一方で

 

内定が出ない人には徹底的に内定がないという状況が実際にあるんですよね。就活において内定がないと、

 

「本当にダメな人間なんだ」と思ってしまう就活生も実は多いんですよね。でも、就活で内定がない人は本当に優秀な人間ではないのでしょうか?

 

 

内定がない人でも優秀な人はたくさんいる

 

 

これは思う事なんですよね。就活で内定がない人って周りからも自分でも「ダメな人間だ」と思われてしまいがちなのですが、

 

実はそんな事ないんですよね。私の知っている優秀な人でも内定がない人というのはいたんですよ。つまり、内定があるという事と優秀という事は必ずしも合致しないという事なんです。

 

 

そもそも、就活って「短い時間で判断する」ものじゃないですか?面接だって2次面接・3次面接くらいですよね?

 

その間に性格がわかる事なんて実はありませんし、そこで優秀かどうか?を判断する事って実は出来ない事なんですよ。

 

就活で内定がないというと、焦ってしまう人は焦ってしまうんですよね。

 

「このまま内定が出なかったら社会にも出る事が出来ない」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

 

私の友人でも内定がない人がいて、その時にはモノにあたったり等、かなり精神的に不安定な状態にいました。

 

そのくらい就活って精神的に影響力を持つものなんですよね。でも、就活で内定がないからといって、落ち込む必要なんてないんですよ。

 

優秀な人でも落ちてしまうのが就活というものです。優秀な人でも内定がない場合があるのが就活なのです。

 

だからこそ、落ちてしまっても割り切って次に行く必要性があるんですよね。

関連記事:就活に失敗して引きこもりになったらするべき事。

 

 

内定がないから内定が取れない

 

 

これってあると思うんですよね。就活においては内定がない人って「ダメな人間」だと思われてしまいがちですが、

 

就活なんて運の側面も非常に強いんですよね。面接官とたまたま相性が良ければ採用してもらえるだろうし、

 

相性が悪ければ採用してもらえないものなんですよ。

 

そして、初期の段階で内定をもらえると、余裕が生まれてくるんですよね。「就活なんて意外と大丈夫じゃん!」という余裕が生まれる事によって、

 

新しい内定をもらえる可能性というものが高まってくるんですよね。

 

だからこそ、逆に内定がない状態で就活をしても悪循環に陥ってしまい、「内定がない人がさらに内定がないような状態」になってしまうんですよね。

 

 

内定がないと人って自然と「負のオーラ」が出てきてしまうものなんですよね。だからこそ、内定がない人は自然とその後も内定がもらえなくなってしまうんですよね。

 

就活の早い段階で内定を持っていると楽になるので、そういった人は初期の頃に内定がない状態を作らない方法を考えておくと良いかもしれませんね。

関連記事:内定が欲しいなら違うアプローチをしてみる

 

 

 

緊張してしまう人は就活で不利

 

 

これはあると思うんですよね。

就活で内定がない人が必ずしも、優秀じゃないというわけではないという事は申し上げたと思いますが、

なぜか?というと、

 

緊張によっても変わってしまうからなんですよね。緊張をしてしまって、面接やグループディスカッションでうまく話す事ができないと、

いくら優秀でも内定がないという状態になってしまうものなんですよ。

 

 

優秀な人の中でも、緊張をしてしまう、所謂あがり症の人っているんですよね。そういった人は優秀でも内定がない場合があるのです。

 

 

でも、これはそこまで気にしなくても良いと思いますよ。慣れてくれば自然と緊張ってなくなっていくものですし、

 

だんだんと就活が楽しいと感じる事ができるようになってくると思いますから。また、就活の方法だって検討すれば良いと思うんですよね。

 

緊張してしまいがちな人で内定がない人は「その日の体調で緊張度合い」というものが変わってしまうんですよね。

だからこそ、2次面接ではきちんと話せたのに、3次面接では緊張して話せなくなってしまい、内定がない状態になってしまったという人っているんですよね。

 

しかし、それだってキミスカ を使えば、「最終面接にいったという事実」を評価して、面接工程を省略してくれたりするんですよね。

 

また、本当に面接が苦手なのであれば、マイナビ新卒紹介等のエージェントを使ってみるというのもありだと思うんですよね。

マイナビ新卒紹介

 

ここだと、面接の練習をしてくれる事はもちろんですが、企業からの面接後フィードバックを受ける事が出来たり、企業の採用動向を提示してくれるわけなんですよね。

 

こういったサービスをきちんと使う事ができれば、就活で内定がないという状態になる可能性を低くなるのです。

関連記事:なぜ内定がもらえないのだろう?

 

 

 

大企業だけを受けてしまっている

 

 

これもありますね。就活で内定がないという人っているのですが、聞いてみると「大企業しか受けていない」という状態だったりするんですよね。

 

しかしながら、就活において大企業の内定をとるという事は簡単な事ではありません。300倍を超えるような採用倍率の企業だってあるんですよね。

 

つまり、本当に狭き門になっているのです。

 

優秀な人でも、大企業を受けていたら内定がないような状態になってしまうと思うんですよね。先ほども申し上げましたが、

 

面接官の相性という不明瞭な要素もあります。だからこそ、大企業を受けるという事は、就活において内定がない状態を作る確率を上げてしまう事になるのです。

 

大企業じゃなくても、隠れた優良企業ってあるんですよね。

大企業だけじゃなく、中小企業や、大きくても有名ではない企業を受けてみる事も大切な事なのです。

就活で内定がないからといって、優秀じゃないわけではないのです。就活でとる戦略によって、内定がない状態になってしまう場合が多いんですよ。

関連記事:就活のコツって何だろう?

就活で内定がない