就活はなんとかなる、くらいの気持ちが大事

就活生は就活がうまくいかないと多大なストレスを感じて、しまいには就活がうまくいかないだけで人生終わった、と感じるくらいの就活生までいますよね。

私の友人も就活によって精神的にまいってしまったり、そのままうつ病になってしまう子がたくさんいました。

関連記事:今の大学生は就活に失敗したら人生終了だとなぜ思うのか?

 

しかし、結局のところ就活なんてなんとかなる、くらいの気持ちでいる人の方がさっさと就活が終わる人が多いんですね。

 

就活って無駄に時間がかかるしお金もかかるし、なるべく早く終わらせたいじゃないですか。

 

それなら就活はなんとかなる、と思うのが一番いいんです。

 

悩むと顔が暗くなる

 

就活生を見ているとみんな顔が暗いなぁ、と思うことが多々あります。

基本的に就活生は就活を楽しんでできていないのでしょう。

 

ただ、就活で思いつめすぎると結局顔が暗くなってしまうので内定を取りづらくなってしまうんですね。

 

というのも、結局は最後は面接で相手に与える印象が全てだと思うんです。

 

せっかく最終面接まで行き着いても、緊張しすぎてしまっていたり、顔が暗くなってしまっていたら

本当は受かるかもしれないものもやっぱり受かりにくくなってしまうんですよ。

関連記事:【就活生必見】面接で好印象を与える方法

 

特に最終面接あたりになってくると、他の企業も何社も受けていたり、中には結果が出ているものもあるでしょうから

就活を人生の一大事だと捉えすぎている人は疲れやストレスが溜まってしまっていると思います。

関連記事:ストレスに効く食べ物・グッズをまとめてみた。

 

人に与える印象といのはその人の気分でだいぶ変わるものです。

就活でストレスを感じすぎてしまってそれが蓄積して内定がもらえずさらにストレスを感じてしまう。

こういったデッドスパイラルが生まれてしまうんですね。

 

悩む時間をいくら作っても、時間が無駄に浪費されていくだけで何も良い事がないのです。だったら、就活はなんとかなるという気持ちでいた方が良いんですよね。

関連記事:就活で吐きそうになるって精神的にきてると思うんです。

 

 

就活で一生は決まらない

 

就活なんてなんとかなる、と思えない人の特徴は「就活で一生が決まる」と思い込みすぎているというところです。

 

はっきり断言できますが、特にこれからの時代、就活で一生は決まりません。

 

そもそも就活して初めて就職した会社に一生勤め上げる、なんてことはほぼほぼこれからはなくなるでしょう。

というのも、これからどんどんIT化が加速度的に進んで行き、今ある仕事の多くがロボットに代替されてしまうからなのです。

 

2030年には日本は深刻なエンジニア不足に陥るとも言われています。

 

今大企業と呼ばれている会社も、このIT産業の流れについていけなくなったらすぐにリストラ、倒産、と進んでいくことでしょう。

現に今、高学歴な人が年収の低さに悩まされている時代です。

関連記事:【高学歴プア】学歴の関係ない社会がすぐやってくる

 

今後どんどん仕事は実力主義になっていくんです。

 

そんななか、就活で内定をもらった会社で何十年も勤める、なんてことはなくなっていくんです。

日本は少し遅れていますが、2020年にはアメリカも労働人口の半分がフリーランスになると言われています。

 

つまり世界中で、今の仕事が人間の手から離れていく現象が起きている、ということなんです。

 

そう考えたら、定年退職までいるような会社を探しているわけではないんですから就活なんて大したことじゃない、なんとかなるだろうと思えませんか?

 

むしろ今就活に真剣になるよりも、隙間時間でプログラミングの勉強をした方がいいと思いますよ。

 

テックアカデミー なんかは自宅で学ぶことができるプログラミングコースを展開していて、チャットでのサポートも充実しているのでおすすめです。

 

テックアカデミー

 

参考サイト:テックアカデミー

 

楽な就活をする

 

就活はなんとかなる、と少しでも思えたら今度は楽な就活方法に移行していくことをおすすめします。

 

そもそも就活は無駄なことが多すぎて時間的にも金銭的にも本当に非効率だと思うんですよね。

エントリーシートも手書きで、何社も何社もたくさん説明会やら面接に行って、結局その中で就職するのは1社だけ、なんて非効率すぎるんですよ。

関連記事:就活が茶番だと感じる人へ

 

 

なので楽な就活であるスカウト型就活サイトキミスカ を使うといいと思います。

 

キミスカ

 

キミスカは登録をすると企業側からスカウトが受けられる就活サイトになっていて、そもそも自分に興味がある企業からスカウトがきて面接をしてもらえるので非常に効率的な就活なんですね。

 

これならなんとかなる、と思えませんか?

 

キミスカをわかりやすく説明している動画もあります。

 

 

現状の就活状況をいろんな企業とシェアすることによって、それを評価してもらえて、スカウトが受けられる、という仕組みなんです。

 

キミスカのいいところは内定を貰えなかった選考も無駄にしない、というところです。

 

どれだけ優秀でもやっぱりその企業とは合わない、ということはあると思うんですね。

でもその企業の選考を受けるためにもエントリーシートを書いて、足を運んで、と労力を割いているわけじゃないですか。

 

そういったものも評価してくれるのがキミスカ なのです。

 

また、最近はマイナビ新卒紹介等の就活エージェントもあるんですよね。

マイナビ新卒紹介

 

マイナビ新卒紹介だったら、

 

  • 面接練習
  • テレビ電話による面談
  • 面接後のフィードバック
  • 企業の採用動向提供

 

等をメリットがあるんですよね。

こういうものを使えば、効率的に就活をする事が出来るものですし、

 

なんとかなるという気持ちでもちゃんと就活は乗り切れるものです。

どうにでもなるよ。就活は。気にしないで良い。大丈夫。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:面接で泣くような就活はやめた方がいい