就活でどうしたらいいかわからないという人はどうすれば良い?

就活って突然始まりますよね?

周りは就活を始めて、周りは一気に就活モードに突入。そうなってくると、焦ってしまう人もいると思うんですよね。

 

就活なんて始める時には経験をした事がない人がほとんどですから、

 

「就活が始まったけど、どうしたらいいかわからない」という人っているんですよね。これはそういう人がいて当然の事だと思うのです。

 

だって、やった事がない事なんてみんなわかりませんよね。当然なのです。

 

という事で今回はそんな「就活でどうしたらいいかわからない」という人向けにやるべき事を書いていこうと思います。

 

 

 

最初の時期はとにかく説明会と面接を受ける

 

 

これは大切な事だと思います。就活って人によって始める時期が全く違うんですよね。

例えば、福祉系とかだったりすると、翌年の就活になってしまうなんて事もあり、自分の行きたい分野によって、

 

選考の時期というものは変わってくるんですよね。ただ、興味のない会社や、そこまで行きたくない会社でも、行ってみれば良いと思うんですよね。

 

様々な会社に行く事によって、面接にも慣れてきますし、説明会で「どんな事を聞けば良いのか?」という事もわかるようになるんですよね。

 

最初から第一志望の会社を受けると、どうしても緊張してしまって良い結果が出ないんですよね。だからこそ、行ってみた方が良いのです。

 

就活でどうしたらいいかわからないといって、ずっと家で情報収集をしていても、実践的ではないんですよね。

 

だったら、本気で「就活はどんなものなのか?」という事をきちんと学んだ方が良いんですよね。私も就活をしていた時には、

 

毎日、毎日説明会や面接にいっていましたよ。確かに、時間がなかったのですが、それでも行っていたんですよね。

 

でも、これで就活シーンで緊張する事ってなくなりましたし、面接をどうすれば乗り切る事ができるのか?説明会ではどうやって振る舞うのが正解なのか?

 

という事を学ぶ事出来たんです。

 

 

時間がない事はもちろんわかっていますが、それでもやってみる価値はあると思っているんですよね。

関連記事:就活を早く終わらせるにはどうすれば良いのか?

 

 

 

どんなエントリーシートが通るのか?を研究

 

 

これも大切な事だと思いますね。

 

エントリーシートって大切なものなんですよね。でも、これってとりあえず出して見なければわからないものです。

 

ただ、それでもできる事あると思うんですよね。就活でどうしたらいいかわからないのであれば、過去のESを研究してみても良いと思うのです。

 

過去のESには多くの情報があります。

 

  • どんな性格の人が欲しいのか?
  • 学歴は?
  • 部活は?
  • 志望動機は何を書いている?

 

 

など、多くの情報があるのです。過去のエントリーシートを研究出来ている人って実は少ないんですよね。私の周りでもしている人はしていましたが、

していない人は全くしていませんでした。

 

でも、だからこそやってみる価値があるんですよ。就活でどうしたらいいかわからないという不安は誰もが持っているものだと思います。

 

だったら、その中で1つでも良いので他人があまりやっていないような面倒な事をやってみてください。それで通る事だってありますからね。

 

過去のエントリーシートを見れば、どんな事を書けばよいのか?という事がわかってくると思いますよ。

 

 

そうする事によって、見えてくるものがあると実感すると思います。

関連記事:就活にやる気がでない時の解決法

 

 

 

OB・OG訪問をする

 

 

これもやってみると良いと思いますね。OB・OG訪問って大切な事なんですよね。確かに企業は説明会等で企業についての説明をするもなんですよね。

 

いま、力をいれている分野、セグメントを紹介したりとかを説明するんですよね。ただ、それだけではわからないものなんですよね。

 

実際にはどんな人が働いているのか?という事や、実際に会社の内部ではどんな事が起こっているのか?そして、どんな仕事をするのか?

 

という事を理解する事ができるんですよね。就活でどうしたらいいかわからないのであれば、

OB・OG訪問をやってみても良いのです。そうすることによって、わかってくる事が非常に多いのです。

 

 

確かにOB・OG訪問って面倒なんですよね。中には下心があって出てくるような人もいますし、話すのがうまい人でなければ話もきちんと聞けない場合があります。

 

ただ、それでも会う事によって、社員さんはどんな人なのか?という事くらいはわかるようになります。だからこそ、やってみて損にはならないのです。

 

また、最近はビズリーチ・キャンパス とかを使えば、OB・OG訪問だって簡単にできるわけなんですよね。こういったものを使って、自分のESを判断してもらったりとか、

OB・OG訪問をしたという事実を作る事だってできるわけです。

 

就活でどういたらいいかわからないのであれば、こういったOB・OG訪問をしてみるのもありですよ。

関連記事:【就活生必見】面接で好印象を与える方法

 

 

就活エージェントを使ってみる

 

 

就活でどうしたらいいかわからないという人がどうするべきか?という事に書いてきましたが、それでも自分一人では出来ないという人がたくさんいると思うんですよね。

 

そういう人は、どうしたらいいか?という事を就職AGENTneo等のエージェントに聞いて見ても良いんですよね。

 

エージェントに聞く事によって、どういったエントリーシートを書けば良いのか?等といった事がわかるようになってくるんでしょね。

 

就活でどうしたらいいかわからないという人は使ってみるべきものだと思いますよ。別に一人で孤独な戦いをする必要性もないのです。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

就活でどうしたらいいかわからないという人