転職したいけど、何がしたいかわからない時に考えること

今の時代、「転職する」ということが段々当たり前になってきたように思います。

私も一緒に働いている人の中で「前職は〜をやっていました」という話をしている人がたくさんいます。

 

一生涯で転職する回数の平均は4〜5回とも言われていますから、意外と皆さんが想像している転職回数より、多いのではないでしょうか?

だからこそ、今は転職をした事がなくても、ぼんやりと「将来的な転職」について考えている人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、今の仕事がなんとなく嫌で転職したい、と思っていても、
そこから転職先を具体的に考える段階になると、「転職はしたいけど、何がしたいかわからない」という人は多いと思うのです。

 

転職したいけど何がしたいかわからない、という人のために、何を考えたらいいのか、ということについて今日は話してみたいと思います。

 

転職を考える仕事なら辞めるべき

 

現職に対してぼんやりと転職したい、という気持ちがあるなら、それは何かしら転職したい理由が自分の中にあるのでしょう。

 

そんな時はなぜ転職をしたいのか、ということを自分の中ではっきり理由にしてみるのが得策です。

 

例えば転職するとしたとして、転職した先でも同じような気持ちにはなりたくないですよね?

どうせ時間と労力を割いて転職をするなら、今よりも良い環境の転職先に行きたいはずです。

 

だとすれば、今の職場にどんな不満があるのか、ということを把握するのが、まずは転職先を決める上での重要な判断材料になります。

 

  • 仕事がつまらない
  • 給料に納得がいかない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 上司が嫌い
  • 社風が合わない

転職したい理由は人それぞれにあるでしょう。

 

そこをきちんと自分で把握しておくことによって、嫌なことをクリアできるような転職先を選べばいい、という一つの指標が出来るかと思います。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

 

何をしている時の自分が好きなのか?

 

皆さんにも「こんな自分になれたら良いなあ」と妄想する時があると思うんですよね。私もたくさんの妄想をしました。

「航空会社で働いている自分もかっこいいなあ。英語も使うし、国際人になれるかな。」とか「商社で働いたら、世界と闘っていく仕事をするのかな。」とか。

 

そんな妄想をたくさんしていました。こんな事を言うと、馬鹿げた事にように聞こえてしまうかもしれませんが、転職をする時に「何がしたいかわからない」という気持ちがあるならば、

「何をしている時の自分が好きなのか?」という事を基準に転職先を探してみたら良いと思うのです。

転職をする時に「何がしたいかわからない」と思っている時って、だいたい頭が固くなってしまっている場合が多いのですよ。

 

だからこそ、もっとシンプルなところから考えてみたら面白いのかな?って思うんです。仕事は確かに人生において重要なものだと思いますけど、

「これはなれないな」とか「これになるのは難しいな」なんて難しい事を考えていないで、シンプルに真っ白な心で「何をしている時の自分が好きなのか」と考えてみれば良いのです。

 

転職で何がしたいかわからない人なんてたくさんいるし、わからないまま転職先が決まってしまう人もたくさんいるでしょう。でも、意外と自分にやりたい事なんて頭のどこかに落ちているものです。

自分が好きだと思うものの中から探せば良いのです。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

 

自分の強みは何か

 

転職したいけど、何がしたいかわからないのであれば、次に、自分の強みについて考えてみましょう。

 

自分が「これなら人に勝てる!」と思えることはありますか?

なんでもいいです。

 

きっと人よりも秀でて出来ることは、自分にとってやっていて楽しいこととほぼイコールだと思います。

なので自分の得意分野から仕事を探してみましょう。

私の場合には「ブログを書く事」が物凄く得意で、好きな事でもあります。だからこそ、「ブロガー」という職業をやっているわけなんですよね。

 

もしそういったものが考えても見つからず、「転職を考えるようにもやっぱり何がしたいかわからない」と悩んでしまっている人はグッドポイント診断を試してみてください。

 

リクナビ

 

グッドポイント診断はリクナビネクストが提供している転職サービスです。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたがどんな人間性を持っていて、どんな仕事に向いているのか、ということを診断してくれます。

 

無料なので真剣にやる必要はありません。

あくまで客観的に自分のことを診断してくれる占いのようなものだと思って気楽にやってみてください。

 

私も一度診断してみましたが、心理テストのようで面白かったです。

 

転職時には「何がしたいかわからない」状態になってしまっている人って皆さんが思っている以上に多いものです。

だからこそ、第三者的な目線で診断してもらうと、自分が考えた時とは違った目線で診断してもらえるかもしれないのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

自分の適正年収について考える

 

特に現状の仕事の給料にあまり納得がいっていなくて転職したい人、

転職するならやっぱり今よりいい給料をもらいたい、という風に考えている人はまず、自分の適正年収について考えてみましょう。

転職をしたいけど、何がしたいかわからないのであれば、「給料」でまずは企業を絞ってみても良いと思うのですよ。

 

MIIDAS(ミーダス) では自分の学歴やスキルを入力するだけで自分の適正年収を診断してくれます。

 

転勤のない職業

 

また適正年収を教えてくれるだけでなく、その適正年収に応じて、企業側から面接のオファーもきます。

 

簡単に転職活動を始められるサービスなんですね。

 

ミーダス

 

質問自体も選択形式になっているので面倒な入力なくサクサクと進めていくことができます。

 

転職先での給料がどうなるか、ということについて悩んでいる人はこのサービスは最適でしょう。

 

それぞれに「このくらいの年収は確保したいな」という基準のようなものがあると思います。だからこそ、最初に「転職したらどの程度もらえるのか?」という事を知った上で、

「何がしたいかわからない」という気持ちを整理していけば良いと思うのです。たくさんの選択肢がある事も良い事ではありますが、

あえて年収で絞ってみた上で「転職先を考える」というのも効率的な方法だと思います。

 

転職をしたいと思っている時に「何がしたいかわからない」ような感じだと、選択肢の数だけ悩んでしまうと思いますし。

参考サイト:MIIDAS(ミーダス)

 

企業の口コミを見る

 

いざ転職、と言ってもなかなか踏ん切りがつかないという人も多いとおもいます。

 

転職してみた先でまた仕事に対して不満が出てきてしまい、さらに転職を考える、なんてことにはなりたくないですよね。

 

ただ、仕事が難しいのはやはり、その現場に入ってみないと具体的に

  • どういう仕事をするのか
  • どんな役職に配属になるのか
  • どんな人たちと一緒に働くのか

というところがわからない、というところですよね。

 

そんな時におすすめの企業口コミサイトがキャリコネ です。

 

企業口コミのキャリコネ

 

このサイトは、企業で実際に働いている人の企業への口コミを見ることができます。

 

実際に働いている人の生の声を聞くことができるのは転職において良い判断材料になりますよね。

「この会社、実態はブラックだから気をつけた方が良いよ・・・」とか「人間的には素晴らしい人たちばかりなので、転職先としてはおすすめ」といった感じの口コミだってあるでしょう。

 

ちなみに実際もらっている給料事情も見ることができます。

 

サラリーマンの年収

 

転職してみないとわからない、という不透明なところをまずクリアにしていってから転職活動を始めてみるのもいいでしょう。

 

キャリコネは、転職活動にまだ本腰を入れていない人に向けて情報収集するのにとても適しています。

転職したいけど、何がしたいかわからないのであれば、「内部の雰囲気を掴んでいく」という作業から入ってみると、

もっと楽な気持ちで転職活動を効率的に進めていく事が出来るのではないか?と思います。

参考サイト:キャリコネ

転職は悪いことじゃない

 

転職をするのは人にも迷惑をかけるし、自分の社会的評価も落ちるから悪いことだ、と思っている人が多いでしょう。

 

でも転職をすることは決して悪いことではありません。

 

自分に合った仕事に就くことで自分の人生を豊かにすることができますし、幸せな人生になると思うのです。

人生において「仕事」というものは大きな意味を持つものです。週に5日間も会社に行くわけで、40年程度は仕事をするのです。

そう考えると、「転職をしたいけど、何がしたいかわからない」と言っていないで、きちんと考えていく事が大切だと思うのです。

 

転職は悪い事ではないし、現時点で「何がしたいかわからない」という状態でも良いでしょう。でも、仕事というものは人生においてどんな役割を果たすのか?

そんな事についてはきちんと考えた方が良いと思うのです。転職をしたいけど、何がしたいかわからない?

そう思うのであれば、外部の診断テストを使っても良いし、自分で分析しても良いじゃないですか。転職をしたいという気持ちがしっかりとあるのであれば、

「何がしたいのかわからない」と思ってしまう根本的な原因を解決していく必要があるのです。

 

 

自分のために、ぜひ、良い転職をしてください。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

転職で何がしたいかわからない