お金の話

資産の増やし方を知っている人のお金が増える時代。

資産の増やし方

皆さんも働いていれば、ある程度の資産が形成されてくると思うんですよね。結婚資金のため、老後のため、養育費のためなど、

用途は多岐に渡りますが、それぞれがある程度の貯金をしていると思いますし、ある程度の資産があると思うんですね。

 

ただ、その一方で「資産の増やし方」を知っている人って実はとても少ないのです。皆さんの給料は現金で支払われますよね?

そのお金が銀行にはいり、必要に応じて使う、という形をとっていると思うのです。

しかし、銀行に預けても、今は、大手の定期預金の利息で0.01%程度でしょう。つまり、数円、数十円程度でしか資産は増えないわけなんですよ。

これってあまり良い状態ではないと思うんです。資産を活用する事ができていないわけ。

 

インフレ進行により、通貨の価値がどんどんなくなっていきます。

10年前の円の価値と、現在の円の価値は異なる。全く違うのです。

だからこそ、自分の「資産の増える割合−インフレ率」を考えると、資産は増えていないどころかどんどん減っていってしまうわけなんですよね。

私たちは資産の増やし方を知っていかなければいけないのです。

 

 

なぜ資産の増やし方を知らない?

 

 

「でも、そもそもなぜ資産の増やし方を知らないの?」と思いませんでしたか?銀行に預けても「国債等の金融商品」を買って運用しているわけです。

 

つまり、皆さんに払っている利息よりも、より多くの金額を貸し付けや資産運用で稼ぎだしているため、銀行の売上が出てくるんですよね。

銀行もボランティアではないわけですから、雀の涙程の利息を預金者に払って、より大きな利率でお金を必要としている人たちに貸し出していたり、投資したりしているのです。

ただ、こういった事も実際にはあまり知られていなかったりすると思う。

銀行について知っている事と言えば、メガバンクがあって、地銀があって、信金があって・・・という事くらい。

 

運用については何も知らないのです。銀行の事も、資産の増やし方も知らないままに過ごしていると思うのです。

なぜこうなったのか?って、日本の教育だと思うんですよね。なぜか日本の教育って「お金を稼ぐ事」に関して教えないのです。

 

お金について講義したり、解説したりする事って本当は必要な事だと思うんですよ。資産の増やし方だって知っておいた方が良いし、これからは知らない人が損をするような時代に突入するわけですから、

 

余計に必要だと思うんですよね。

 

「お金は汚いもの」であって、日本人たるもの清貧を貫くべきだ!みたいな風潮があるような気がしています。

でも、資産の増やし方も知らないなんて、おかしいと思うし、お金は汚いものではないはず。

関連記事:投資家は勉強をし続けるべきだと思う。

 

 

資産の増やし方には何がある?

 

 

でも、資産の増やし方っていっても実際には何があるの?と思いませんでしたか?思った人が多いと思うんですよね。

そこで、今回は私がおすすめする手法を紹介していきたいと思います。

 

・人工知能による運用

 

人工知能によるAI投資について既に知っているという方もたくさんいると思いますが、資産の増やし方として注目されているんですよね。

 

ウェルスナビ THEO、クロエ等の人工知能による運用サービスを展開している会社ってたくさんあるんですよね。

 

個人レベルでポートフォリオを構築し、リバランスも行っていかなければならないとなると、非常に多くの時間を割く必要性が出てくる。

 

でも、AIにお金を預けて、資産を運用してもらえば、自分の時間を確保しながらお金を増やす事ができるのです。

これからの時代はこういったお金の増やし方も選択肢の1つとして考える人がいるのではないでしょうか。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

 

 

不動産投資で資産を増やす

 

これはいつの時代でもある資産の増やし方なんですよね。

皆さんは不動産投資というと、

 

「怖い」というイメージを持っているかと思うのですが、実際にはそんな事ないんですよね。資産の増やし方としては非常にポピュラーで安全性も高い資産運用だと思うのです。

関連記事:不動産投資で失敗してしまう人の特徴

 

例えば、地方で戸建てを200万円程度で買って100万円のリフォームをしたとしましょう。(建物の価値は経年劣化でほとんどなくなるので200万円は土地値だとします。)

地域にもよりますが、私の知っている地域だと、これくらいだと5万円で貸す事が出来ます。

少なくともそういう地域で投資をしているのが私です。

 

すると、

5万円×12ヶ月=60万円(年間収益)

 

60万円÷300万円=0.2(利回り20%)となるんですよね。

つまり、300万円投資したものが、約5年で回収する事ができ、

その後、売却時も200万円が入ってくるので、

 

5年後には300万円が500万円(300万円の運用益+200万円の売却価格)になっているんですよね。

 

年間でいうと、

 

500万円−300万円=200万円

200万円÷5年=40万円(年間の利益)

 

という事になるんですよね。不動産投資の場合、「減価償却」もできるので節税になるしね。不動産投資という資産の増やし方を知っている事によって、資産は増えていくのです。

 

資産の増やし方を知らないと、ただただお金の価値がなくなっていき、減る一方なのです。

 

資産の増やし方を教えてくれない日本ですが、自分で学ぶ事は出来るんですよね。自分で情報収集をし、資産を増やすという事は出来る事なのです。

 

・融資型のクラウドファンディングによる投資

 

 

株式投資も資産の増やし方の一つではあるのですが、自分できちんと運用するのって、思っている以上に難しいものなんですよね。

 

資産の増やし方として株を選んで100万円投資したとしても、8割くらいの人は1年後に元本すら維持する事が出来ないでしょう。

それくらい難しいものなのです。

 

だからこそ、最近は「SBIソーシャルレンディング」等の新しい仕組みに投資するという資産の増やし方を実行している人も増えてきていると思うんですよね。

SBIソーシャルレンディングって何か?というと、要するに「融資型のクラウドファンディング」なんですよね。

 

スクリーンショット 2018-05-17 21.26.29

これまでは大口の投資家しか手を出せなかったような「再生可能エネルギー」や「国内の不動産」、「海外ローン債権」等の投資先に、

 

投資する事が可能になったのがSBIソーシャルレンディングなんです。

 

スクリーンショット 2018-05-17 21.25.07

 

ファンドの仕組みにも似ていますよね。

 

こういったものも資産の増やし方の方法論として考えてみても良いと思うのです。

 

年利でいっても、

 

スクリーンショット 2018-05-17 21.24.53

このような感じで、「7%」を上回る利回りなんですよね。(※商品により異なります)

東京の不動産市場だと、表面利回り5〜7%くらいが平均なので、同じような成績が残せる可能性があるのです。

 

ただ、SBIソーシャルレンディングは金融商品なので、もちろんリスクがあります。余剰資金が100万円程度ある人ならやってみても良いと思います。

生活資金を投資に回してしまうと、どうしても疲れてしまうと思うんですよね。

 

資産の増やし方は様々ですが、どの方法をとるにしても、二次的なものにする必要性がありますね。

関連記事:資産運用はポートフォリオ視点が大事

 

 

資産の増やし方は学び続けるべきだ

 

 

というわけで、今回は資産の増やし方について書いてみました。

 

株式投資や融資型のクラウドファンディング、不動産投資等、方法はたくさんありますが、結局は自分の性格にあっているものを使った方が良いんですよね。

 

自分にあっていない資産の増やし方を実行しても、精神的に疲れるだけで「それなら普通に自分で稼いだ方が良いじゃん」という事にもなりかねません。

 

結局は自分で考え、選択する事が1番の資産の増やし方なのです。

 

ただ、個人的に家族とか、友人とかに「どうすれば資産増えるの?」とか「資産の増やし方教えて」と言われる時には、

AGG(債券ETF)※①」をオススメしています。正式には「iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF」という銘柄になります。

※①BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)もAGGと同じような商品です。

 

米国債券をたくさん集めて作ったETFで、変動幅が非常に小さく、利回りも2%〜3%と安定しているので、投資の初心者にはオススメの商品なのです。

毎月分配型だしね。

ただ、「実際にどうやって買えば良いのかわからない」という人もいると思います。でも、AGGだったらウェルスナビ のポートフォリオに最初から入っているので、

わからない、という人はウェルスナビを買って、自動運用してもらえば良いのかなあ、と思う。

 

1%の手数料はかかってしまうけれど、「資産の増やし方は知らないし、誰かに頼みたい」という人もいるからね。

資産の増やし方は人それぞれで良いと思いますが、資産を減らさないために何をするのか?どんな投資をするのか?は非常に大切。

だからこそ、慎重に投資すべきなのです。

 

最近だと「iDeCo」とかも出てきて、「老後の備えは自分でやってよね?」という方向性を政府が示してきているので、

なおの事、資産の増やし方を学び、投資した方が良いと思うのです。長い期間をかけてじっくりと学んでいきましょう。

関連記事:資産運用のシミュレーションをしていくべきだと思う。

ABOUT ME
水瀬まりも
「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/社員に支えられている系の経営者