部下が辞めていく上司の特徴

会社って辛いと感じる人が多いのですが、何が辛いのか?というと、上司が原因である事が非常に多いんですよね。

私の友人も上司が原因で辞めてしまったんですよ。会社における上司ってやっぱり大きな影響力を持っているんですよね。

 

そこで、今回は部下が辞めていく上司の特徴を書いていこうと思います。

 

 

高圧的な上司

高圧的な上司

 

これは部下が辞めていく上司としてまず最初に挙げるべきものだと思うんですよね。

上司にだって「新人の時期」があったはずです。その時は謙虚で、部下に対して高圧的な態度を取ってしまうような上司になるような人だとは上司自身も思っていなかったと思います。

 

しかし、会社に慣れてきてしまうと、だんだんと「高圧的な上司」になってきてしまうんですよね。

 

部下が辞めていくという事はよくある事ではありますが、

 

「Aさんの部下はいつも辞めていってしまう」なんて事はありませんか?実際にそういう事ってあるんですよ。

 

私の上司もきっと「部下が辞めていく上司」として生きているんだろうなあ・・・

 

部下が辞めていく上司というものは実際に存在するのです。

 

部下が辞めていく時って実はそこまで前兆がないんですよね。いきなり「プツン」と切れたようにいなくなってしまう人が多いのです。

 

でも、これって、会社にとっても良くない事だと思うんですよね。

 

会社も採用には「多くのお金」をかけていますからね。だからこそ、一度入った部下が辞めていくなんて事は本来はあってはならない事だし、

会社としても「部下が辞めていく上司」って不都合な存在なんですね。

 

ただ、そういった部下が辞めていく上司っていなくならないものなんですよねえ。多くの場合、その上司も面倒な上司に出会ってしまった可能性が高いんですよね。

優しい上司の下で良い部下は育つにも関わらず、高圧的な態度で接する上司というものは存在しているのです。だからこそ、そういった上司からは早く離れた方が良いと思うのです。

 

「部下が辞めていくような上司に育てられた部下」が、「部下が辞めていく上司」を作ってしまうのですから。

次は皆さんが「部下が辞めていく上司」になってしまうかもしれません。

 

 

仕事を教えない上司

仕事を教えない上司

 

これも部下が辞めていく上司の特徴だと思うんですよね。

誰でも新人の時って何をすれば良いのか?という事がわからないじゃないですか?新人の時は何もかもがわからない事で、

 

「そんな事まで?」と思う事を上司に聞いてしまうものなんですよね。しかし、部下が辞めていくタイプの上司は

 

仕事を教えようとしないんですよ。本来は部下を教える事だって上司の仕事なんです。

ただ、上司は上司で忙しいんですよね。自分の仕事はあるし、部下が「なんとなく合わない」と思ってしまったら、教えないという上司だっているんですよ。

 

上司だって人間ですからね。

 

でも、これも本当に非効率な事なんですよね。

こういう事をやっていると、部下は仕事がわからないままですし、わからない事を上司に聞くのも怖くなってきてしまうので、

 

だんだんとミスを隠すようになってしまうんですよね。そうすると、そのミスが原因で「会社としてのイメージ」が悪くなってしまうのです。

 

部下が辞めていくような上司の元でいつまでも働く事って出来ない事なんですよね。

私の友人の会社でも「仕事は見て覚えろ!」という昭和な考え方をした上司がいたんですよね。

 

まるで鮨職人の世界ですよね。まだあの会社で働いているのかな・・・

 

でも、これは実際にある事なんですよね。

 

部下が辞めていく上司が辞めれば良い話なのですが、会社に長くいるのは上司ですし、辞めていかないんですよね。

関連記事:気持ち悪い上司がいるから辞めたい?

 

会社としては「この上司を辞めさせたいな」と思っているかもしれませんが、なかなか辞めさせる事って出来ないのです。

 

だからこそ、こういった悪循環が1度起こってしまうと、中々断ち切る事が出来ないんですよね。

 

上司が嫌いだからという理由で辞めるのは悪い事?と考えてしまう人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。

部下が辞めていく上司の元で頑張る必要なんてないと思うのです。

 

 

自分の価値観を押し付けてくる上司

自分の価値観を押し付けてくる上司

 

これも部下が辞めていく上司としてありがちなんですよね。

人にはそれぞれ個性というものがあります。上司と部下でも価値観とか考え方って人によって違って良いものなんですよね。

 

 

しかし、部下が辞めていく上司は違うんですよね。部下が辞めていく上司というものは「自分の価値観こそ正しい」と思い、

 

それを部下に押し付けてしまう可能性があるのです。確かに、

 

そういった価値観を持って成功してきたからこそ、それを部下に伝えようとするわけです。しかし、部下としてはこれは本当に面倒な事なんですよね。

関連記事:上司と部下の関係って本当に面倒

 

特に今の世代は「個を大事にする世代」なんですよね。昔みたいに「上司の価値観が全て」という価値観は既に終わりを迎えているのです。

 

ただ、部下が辞めていくタイプの上司というものはやはり、どうしたって直らないものなんですよね。それが正しいと思ってしまっていますし、

 

そうやって部下が育ててきてしまった以上はこのような慣習がなくなる事はないのです。

関連記事:辛い仕事は辞めるべき理由

 

 

 

そんな上司に我慢しなくても良い

上司に我慢しなくても良い

 

ここまで部下が辞めていく上司というものに関して書いてきましたが、別にそういった部下が辞めていく上司を我慢する必要性なんてどこにもないと思うんですよね。

 

私自身、結局我慢せずに辞めましたし・・・。あのまま「あの上司」の下で働いていたら一体どうなっていたのだろうか?と想像すると怖いですね。

あの時は洗脳されてたのかな、なんて思います。

今は、転職だって自由に出来るような時代ですし、生涯で4〜5回は転職すると言われていますからね。

 

年収が気になってMIIDAS(ミーダス) で「もしも転職したらどのくらいの年収になるのか?」を算出してみたんですけど、

私の場合、経歴や年齢をいれたら「758万円」だったんですよね。あの時転職しても良かったかなあ。

でも、今の生活も満足しているからなあ。今は人材不足で企業側も「採用」に必死なんですね、きっと。

 

私の時代にはありませんでしたけど、「エージェントと相談しながら転職」とかも出来ますもんね。

 

「どこの企業がおすすめですか?履歴書はこんな感じで良いですか?」みたいな事をリクルートエージェントみたいなエージェントと相談しながら決める事ができるから、

転職活動ってだいぶ楽になりましたね。

 

ただ、グッドポイント診断で性格を診断してみたら「挑戦心・独創性が強い性格」だと私は出ているので、

グッドポイント診断

 

転職しても、結局は「サラリーマン向いてない・・・」となり、

辞めていたと思うんですけどね・・・

 

まあ、でも選択肢なんていくらでもあるわけです。

 

部下が辞めていく上司なんて我慢していたらその上司が辞める前に自分が倒れてしまいますよ。大切なのは自分の健康なのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

部下が辞めていく上司の特徴