ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

退職の引き止めがしつこい時にすべきこと

会社に退職するという旨を伝えてからもなかなか退職することができない、という人が多くいます。

それは会社からの引き止めがしつこいのが理由であることが多いのですが、正直、会社の引き止めがしつこい場合、

 

こちらがきちんと退職の決意を示して、退職するという事実はかわらないのだ、ということを明示していかないと、そのまま退職することができない、なんてこともあります。

 

私も以前の同僚で、「会社を退職したい」という人がいて、
その旨を会社に申し入れていたのですがそれからもう2年以上経っています。

未だにその人は同じ職場で働き続けているんです。引き止めがしつこいからこそ辞めることができなくなってしまうのです。

 

会社が退職したいと思っている会社員を引き止めるのは当たり前のことなんです。

そこで会社に押し切られずに、ちゃんと退職しましょう。

良いんですよ。辞めても。

 

退職日程をきちんと決める

 

退職することを会社に伝えたら、具体的にいつ退職できるのか、ということをこちらからもきちんともちかけるようにして日程を決めましょう。

 

「できるだけ早く」などといった曖昧な言い方をしてはいけません。

「できるだけ」でいいならまだ大丈夫かな、と会社側に思われてしまうからです。

 

みなさんが人事なら「できるだけ遅くしよう」となりますよね……。

退職の引き止めがしつこいような会社だったら、無理やり退職時期を遅らせますよ……。

 

会社側から退職時期が「いつ」なのか提案がない場合はこちらから「いつ退社できるか」ということを積極的に聞いていきましょう。

 

また、そうそうに退職できなさそうなら

  • なぜすぐに退職できないのか
  • 引き継ぎをしなくてはいけない仕事がどれだけあるのか
  • 入職中にやりきらなくてはいけない仕事は何か

ということを会社と相談して明確にしておきましょう。

 

どの仕事が終われば会社を退職して離れることができるのか、という認識をすり合わせておくことが大事です。

関連記事:退職する勇気が出ないってかなり損してる

 

退職意志をはっきり示す

 

退職するにあたって、

その意思表示があまりはっきりしない人ほど会社にしつこく引き止められてしまってなかなか会社を退職することができない人が多いです。

 

「退職することは変わらぬ事実である」ということをはっきり言動で示すように心がけましょう。

退職の引き止めがしつこいと、意思表示をしっかりとできなくなってしまうこともあるけrど、

人生の重要な決断ですから。しっかりと示した方が良いんですよ。

ただもちろんこれは会社と喧嘩をする、関係を悪化させることを良しとしているわけではありません。

円満に退職することができそうな会社なら円満退職することにこしたことはありません。

 

 

ただやはり退職する旨を伝えてからきちんと退職できるまでは引き止めるようなことを言われることがたびたびあるでしょう。

それがどんなにしつこくても「退職するという事実は変わらない」という姿勢でこちらが突き通すしかないのです。

 

その姿勢が少しでもぐらついてしまうようなら、会社側はやはり引き止めざるをえません。

一人の会社員が辞める、ということは、

その一人分また新たに誰かを研修するための時間もお金もかかるわけですから会社にとってはダメージでしかないのですよ。

だから引き止めるわけ!

関連記事:転職したいけど、時間がないという人はどうすれば良いのか?

 

 

退職する会社の未来を心配しない

 

退職がなかなか上手くできない人の特徴として辞めたあとの会社の未来を想像して退職できない、というものがあります。

 

「自分が辞めてしまったら会社の仕事が回らなくなってしまう」というふうに考えている人です。

でもそれは、結局自分が辞めたあとの会社の心配なんてしても自分とは関係のない未来です。

だから、正直な話、どうでも良いことなんですよ。

自分は退職する身であって、その会社の心配をしても意味がない、ということを前提で物を考えましょう。

もしそれでも後ろ髪を引かれるようなら、会社からしつこい引き止めにあって最終的に退職することができなくなってしまう可能性も覚悟した方がいいです。

 

もちろん会社と関係を悪くして退職するよりは円満に退職できた方がいいですが、

その気持ちが強すぎてしまって会社を退職する時期がどんどん伸びてしまったらそれこそ本末転倒なのです。

 

会社は一人の人がやめたぐらいでは傾きません。

もし一人抜けて傾くような会社なのだとしたら、その会社は傾く運命にある会社です。

基本的には代わりの人間がいるのが会社というものです。

関連記事:会社を辞められない人の特徴

 

転職活動を始めておく

 

次のステップに向かってなるべく早く活動しておくことが大事です。

退職の引き止めがしつこいならなおさら早く活動していくべきです。

 

例えば会社から「次はどんなことをやろうと考えてるの?」と聞かれた時には「まだ考えてないんですけど…」なんて答え方をしてしまっては、

それこそ引き止めがしつこくなる原因を自ら作り出してしまいます。

 

まだ会社に在籍している段階だとしても動き出すことは可能なのです。

 

最近だとマイナビエージェント などのエージェントを使って在職時から転職相談をする人が増えていますよね。80%は非公開求人だったりするし。

 

転職することは決めたけど、自分がやりたいことがわからない、向いていることがわからない、という人は、

自分の強みを診断することができるリクナビネクストのグッドポイント診断なんかもおすすめ。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

自分の強みを診断してくれるだけでなく、それをそのまま資料として転職先の会社に添付することができるので転職活動を有利に行うことだってできちゃいます。

転職したいけど時間がない」という人には良いんじゃないかな。

 

会社をまだ辞めてないうちはできることはないと思っている人も多いかと思いますが、転職は今かなりメジャーになりつつあります。

私の周りでも転職をしている人はいっぱいいますし、

それは自分に合った環境を自分に作ってあげることなので、転職は悪いことでもなんでもないのです。

退職の引き止めがしつこいと「やっぱりもう少し先にしようかな」と思ってしまう人もいると思いますが、

本当に辞めたいなら辞めて良いのです。

 

自分の退職決意を貫き通そう

 

 

転職を決めたら、ちゃんと会社を正式に退職できるまで、自分の退職決意を貫き通しましょう。

誰に反対されても、しつこい引き止めにあっても、それが最善の選択だと思って頑張ってください。

いい人すぎると損します。

 

 

転職しようと思うという事はそれなりに理由があると思うんですよね。だからこそ、退職の引き止めがしつこいという理由で、

 

転職を辞めようと思うのは、良くない事なのです。

関連記事:面接が怖いから転職できない?

 

仕事になかなかなじめず、自分は落ちこぼれなんだ、というところまで悩んでいる人向けの本です。

本当は自分に適した仕事おが見つかってないだけ。
考えすぎているだけなんです。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ