第二新卒で転職に失敗してしまう人の特徴

第二新卒という言葉が最近だとポピュラーになってきましたよね?

第二新卒とは、新卒として会社に入ったものの数年以内に辞めてしまった人の事なのですが、こうやって辞めていく人が最近はどんどん増えてきているんですよね。

 

でも、これって真っ当な行動だと思うんですよね。大学にいる時に「就職しよう!どこにしよう!ここ!」という感じで決めた会社が自分に本当にマッチしているのか?

というと

 

そうではない場合の方が多いですからね。私の友人でも何人も第二新卒で他の企業に転職していったのです。

ただ、第二新卒というと、マイナスなイメージを持っている人が多いと思うんですよね。日本人って3という数字が好きなんですよ。

 

だから「3年は同じ職場に勤めなければいけない」といった風潮が今でもあるんですよね。

そのため、会社を辞めて転職をする事になっても、失敗してしまうのではないか?という心配をする人がたくさんいるのです。

 

確かにこういう人も実際にいるんですよね。でも、そういった第二新卒で転職に失敗してしまう人には

 

「ある特徴」

 

があるのです。そこを押さえていれば、どうにでもなるものなんですよ?

そこで、今回は第二新卒で転職する時に失敗してしまう人の特徴というものを書いていこうと思います。

 

転職理由が批判的

 

これはありますね。

確かに、新卒で就職した企業を転職する時ってそのほとんどが「マイナスな要因」なんですよね。ブラック企業であったりとか、

上司との関係性であったりとか?

 

それで鬱になって辞めてしまったなんて人も私の友人にはいます。

 

だからこそ、「転職理由はなんですか?」と訊かれた時に

 

 

「以前の会社は….(悪いとこの羅列)」

 

 

といった感じになってしまうと、どうしても転職先の人事の印象は良いものにはならないんですよね。

 

「この子、なんか甘いな。どうせうちの会社に来ても辞めるんでしょ?」と笑顔の裏で思われてしまうのです。

 

こうなってしまうと、転職に失敗してしまうんですよね。

第二新卒だからといって、一概に悪いとは思っていません。そして、人事だって前の会社に不満があったからこそ転職する事だってわかっているのです。

 

しかし、それを面接で言割れると、人事としては印象が悪くなってしまうんですね。

 

 

だったら思っていなくてもプラスの事を行っておいた方が良いのです。

「より挑戦出来る環境に身を置きたくなった」というような前向きな回答をする必要があるんですよ。

 

確かに、前の会社の就職に失敗したという経験があると、恨みに思ってしまう人がいるのもわかるんですよ。

 

 

「説明会で言っていた事と違うじゃないか!」となっている人だってたくさんいると思います。

「説明会の時に推してたワークライフバランスはどこいったんだ」となっている人だっている事はわかります。

 

でも、だからこそ第二新卒で転職する時には失敗しないように前向きな転職理由を伝える必要があるのです。

関連記事:第二新卒の就活は厳しいのか?

 

なんでこの業界なのか?会社なのか?が不明確

 

 

これもあるんですよね。

第二新卒で転職する時って同じ業界を選ばないという人も多いのですが、

同じ業界を選ぶにしても選ばないにしても業界に来る理由会社に来る理由というのは明確にしておく必要性があります。

 

例えば、同じ業界に第二新卒で転職しようとしているとしましょう。

すると、人事は思うわけです。

 

「この人はなぜ同じ業界で大した違いもない弊社に転職したいのだろう?前の会社のプレッシャーに耐えられなかったな?いや、上司とうまくいかないタイプか!」となるのです。

関連記事:ESを書く時の絶対的なコツ!これさえ押さえれば確実に通ります。

 

だからこそ、同業界に転職する時には

 

「なぜその会社を選ぶのか?」という事を明確にしなければいけないのです。同業への転職だと、多くの場合、交流があったり噂があったりでその会社の様相を知っているものです。

 

だからこそ、より細かく明確に会社の特徴を捉えて説明する必要性があるのです。

それが答えられないと、やはり転職に失敗する事になってしまうのです。

 

また、違う業界でもそうです。

今度は

 

「なぜこの業界に?」という事に適切に答える必要性が出てくるのです。

自分の業界以外の事を知らない人がほとんどだと思いますが、ここは第二新卒が多少不利であるという事を考えて、業界の内情についてもしっかり調べましょう。

 

失敗しないためにはそういった努力も必要です。

 

でも、最近だとそういった事を自分で調べなくても対策を一緒にしてくれたりするところもあるので、そういったところを使っても良いと思うんですけどね。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

 

転職サイトの使い方が下手

 

これも実は大切な事だと思うんですよね。

第二新卒で転職する時ってやはり大手の従来型のサイトを使う人が多いと思うのです。しかし、今って転職市場も少し変わって来ているのです。

 

従来型のサービスを使っている人がたぶん多いかと思うのですが、実際には多くの特化型サービスが出て来ているのです。

 

例えば、第二新卒の転職に特化しているハタラクティブ とかありますよね。

 

 

ここだと、面接対策や履歴書の添削、業界説明会、企業説明会を行ってくれるわけなんですよね。

 

こういった第二新卒のための特化型のサイトってあるんですよ。しかし、多くの人は従来型の転職サイトを使っているのです。

 

しかし、それは闘わなくても良い多くの人とも転職争いをしている事になるんですよ。だったら、敵がいない方が良いじゃないですか。

 

第二新卒で転職に失敗してしまう人ってこういったサイトの使い方や見つけ方もあまりうまくないんですよね。

 

効率的に転職活動が出来るように自分でマネージメントをしていく必要があるのです。

 

 

第二新卒で転職に失敗してしまう人の特徴を書いてきましたが、どうでしたか?なんでもやり方次第だと思うのです。

 

是非、頑張ってみてください。

紹介サイト:ハタラクティブ

dainishinsotsutenshoku