仕事が早い人に共通する9つの特徴とは?

仕事には人それぞれやり方がありますよね?そして、仕事をしていると、その早さや遅さというものも重要になってくるのです。

 

よくこんな話になりませんか?

 

  • 「あの人って本当に仕事が早いよね。」
  • 「○○さんに任せると早く終わるな。」

 

こういった会話って会社の同僚内でも度々聞かれるものだと思います。

確かに、「仕事が遅い遅い人」と「仕事が早い人」がいるんですよね。

 

これは私が仕事をしている上でも感じる事です。

 

なんでこの人はこんなに仕事が早いんだろう?遅いんだろう?」と思うのです。

 

そこで、今回は仕事が早い人に共通する9つの特徴を書いていこうと思います。

 

 

仕事に優先順位をつける

 

これはありますよね。

仕事には優先するべき事と、後でやっても良い事がありますよね?それは当然の事なのです。

しかし、これをやっている人って実は少ないんですよね。ほとんどの人は仕事の順位を恣意的に決めるのです。

恣意的に仕事の順番を決めているからこそ、仕事が早くなったり、遅くなったりするんですよね。

仕事ができる人の特徴でも紹介しましたが、仕事が早い人って基本的に効率を考えて行動しているのです。

 

仕事が早い人は「優先順位をつける」という特徴を持っているのです。

 

例えば、朝来て何をするのか?という事を考えた時に

 

「ああ!あれをやろっかな…」といったものではなく、

 

「優先順位から考えると、1番最初にやるべきはあの仕事だな!」となるものなのです。

そうやって優先順位をつける事によって、適切に仕事を進める事が出来るんですね。

 

仕事が早い人はそうやって自分の仕事がどうすれば効率化されるのか?という事を常に考えているものなんですよ。

関連記事:仕事をしない人の特徴

 

 

無駄な時間を作らない

 

仕事が早い人というものは常に「どうやったら早く仕事が終わるのか?」という事を考えているのです。

普通のサラリーマンだと、その日をどうにか過ごそうと思っているだけなので、どうしてもダラダラと過ごしてしまうんですよね。

 

でも、それって実は大きな時間損失になっている事もあるんですよ。

 

休憩の時間が長過ぎたりとか、メリハリをつけて仕事をしない等といった事をしていると、どうしても仕事は遅くなってしまうものなんですね。

 

仕事が早い人になりたいのであれば、会社内における無駄な時間を徹底的に削っていく事が大切になってくるのです。

 

皆さんは普段、どれだけ無駄な時間を作ってしまっていますか?

残業時間にやれば良いや!と思って、業務中ダラダラと仕事をしていませんか?

 

自分に合っている仕事をしていない場合にこういった状態に陥りがちだと思いますし、自分に合う仕事を考える事が大切な理由。でも書いた通りなのですが、

 

自分に合う仕事をしていないと、ただ「こなすだけの仕事」になってしまい、ダラダラと過ごしてしまう事が非常に多いのです。

 

そんな事をやっていても顧客は喜びません。出来るだけ無駄な時間を省く事が大切なのです。

関連記事:定時に帰れる仕事を見つけるのではなく、帰りたくない仕事をしよう。

 

 

そもそも仕事が好き

 

 

これもありますよね?その仕事が好きかどうか?って仕事の早さにもろに影響してくる事なんですよね。

人間って自分が好きだと思っていない事に関しては頑張ってやろう!と思う事が出来ないものなんですよ。

 

皆さんも、買ったばかりのゲームをすぐに終わらせてしまったなんて経験を持っていると思います。

それと同じなんですよね。自分の性格がわからないと好きな仕事は見つからない。でも書いたのですが、自分の性格をぴったり合うような仕事につけば、

 

自然と好きな仕事は見つかるものですし、仕事が早くなるんですよね。

 

仕事が早い人は「仕事が好き」という特徴を持っているのです。

皆さんは今の仕事に対してどれだけ誇りを持っているのでしょうか?「本当にこの仕事が好きです」言える仕事をやっているのでしょうか?

そういった事を考えてみる必要があるかもしれませんね。

関連記事:仕事前になると吐き気がするってかなり危ない状態です。

 

 

早起きをする

 

これも仕事が早い人の特徴だと思いますね。

仕事が遅い人って何なのか?というと、要するにだらしないという事なんですよ。日々の生活がそもそもだらしない人は、

仕事においても、だらしなく仕事も遅いんですね。

 

仕事が早い人は朝早く起きて、スポーツをしていたりとか、瞑想をしているという経営者もいますよね?

それくらい自己管理がしっかりとしている人が多いのです。

 

仕事が早い人に習って、少しだけ早起きをして自分の好きな事をやってみるのも良いのではないでしょうか?

ここら辺の本とか早起きしたいという人にはお勧め出来るものなので是非。

関連記事:やりたい仕事が見つからない時にするべき事。

 

理解するのが早い

 

理解するのが早い人も仕事が早い人の特徴だと思いますね。仕事というものは「上司から任された仕事」であっても、

自分できちんと理解していない限りは仕事を進める事が出来ないと思っています。理解するのが早いと、上司が言った事を適切に、迅速に理解する事が出来るので、

 

それだけ仕事をするのが早くなるものなのですよ。理解するのが早いのかどうか?ってもちろん先天的な部分もありますが、

訓練すれば、誰でも身につける事が出来る能力だと思っているのです。

私もサラリーマンをやっていた事があるのでわかるのですが、会社組織というものは基本的に「価値観の異なる人の集合体」なんですよね。

 

だからこそ、「相手の事を理解する」という事自体、難しいものだと思っています。

 

そういった環境の中で、相手の意図を理解し、迅速に仕事を進めていく事が出来るという部分は「仕事が早い人の特徴」になるものだと思うのです。

関連記事:転職に挫折しそうな時に考えるべき事。

 

デスク周りが綺麗で整理整頓が上手い

 

私の経験でもそうですし、皆さんも同じ意見を持っているのではないかと思いますが、

 

デスク周りが綺麗で、整理整頓が上手い人って基本的に仕事が早い人だと思うんですよね。

ピカピカなんですよ。机が……。

 

デスクというものはその人の「仕事への姿勢」を表しているものだと思っています。整理整頓が上手いという事は、

それだけ仕事をきちんと整頓しながら進めていく事が出来るという事です。整頓上手は仕事上手なのよね。

 

仕事って、職種にもよりますが、「整理整頓しながら進めていく」という事が非常に重要なんですよ。

 

私もここは見習わなければいけない部分です…

 

デスク周りが綺麗な人って精神的にも余裕がある人だと思うんですよね。精神的にも余裕があり、その上で整理整頓しながら仕事を進める事が出来るのであれば、

仕事が早くなるのは当然の事だと思うのです。

 

仕事の早い人の特徴ですね。

関連記事:仕事をしていて信頼できる、と感じる人ってっ共通点がある

 

メールの返信が早い

 

メールの返信が早いのも、仕事が早い人の特徴じゃないかな。私も仕事でメールをする事があるのですが、決まって仕事が早い人ほど、

どんなに忙しくとも「返信が早い」のです。

 

返信が早いのかどうか?なんて、仕事においてはそこまで重要ではないと思っているでしょう。私もそう思っていた時期がありました。

 

でも、なぜか「メールの返信が早い人」は「仕事が早い人」なのです。逆にメールの返信が遅い人とかって、いつまで経っても「重要なメール」に返してくれず、

 

「え、この仕事前に進めたいんだけど…」とこちら側が困惑してしまう事があるのです。

 

私の経験上、仕事が早い人の特徴として「メールの返信が早い」という部分は確かにあったのです。皆さんの周りにいる「仕事の早い人」を観察してみてください。

 

きっと、「メールの返信が早い」と思います。

あれ、そういえばこの前会った新しい担当者からの返信がないなあ……。

関連記事:ダメな上司の特徴?そんな会社辞めた方が良い。

 

 

趣味を持っている

 

 

これも仕事が早い人の特徴だと思うんですよね。

仕事とは直接的には関係のない事なのですが、趣味を持っているということは仕事が早いという事と、関係性があると思うんです。

 

それは、きっと仕事の合間や休みにリフレッシュする手段を持っているからでしょうね。

趣味がない人って、だらだらとずっと同じような日常を過ごしがちなんですよ。

 

仕事が終わったら、都心に出て飲みに行く……。日曜日は仕事に備えて遅くまで寝ている。これの繰り返しだったりするのよね。違う?

でも、これだと、どうしても仕事が早い人にはなれないんですね。

 

なぜなら人間はそんなにロボットのように働けるものではないから。だからこそ、リフレッシュする時間が必要なのです。

 

趣味の時間を作るという事で逆に仕事が早い人になるって不思議ですよね。しかし、実際にある事なのです。

 

私も学生の時からフットサルをやっていたので、休みの日とかはフットサルをしたり、後は釣りに行ったりもしますね。

 

オンとオフをしっかりとわけていく事だって仕事の内なのですよ。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

食べ過ぎない

 

仕事が早い人って、ランチでもディナーでも「食べ過ぎる」という事がないのです。

これはある種、自己管理にもつながってくる部分ではあるのですが、食べ過ぎないという事は違う効果も持っているのです。

まさにセルフマネジメント……。

 

仕事中に集中出来るようになるからやっているんですよね。

私たちは食べ過ぎると、眠くなってしまうものなんですよ。そうすると、どうしても仕事は遅くなってしまう。

人間だから仕方ないのよね。

 

「よし!午後からやる仕事は早くやるぞ!そのためにランチをがっつり食べる!」なんて思っていたのに、いざランチが終わると、

大きな眠気に襲われる事ってあったと思うのです。

 

仕事が早い人になりたいのであれば、食べ過ぎないという事が重要なんですね。

 

腹八分目で抑えるメリットについて書いていこうと思う。でも書いているので、「最近仕事が遅いな」と感じているのであれば、

 

読んでみてください。

 

仕事が早い人の特徴」について書いてきましたが、9つの特徴の中でも「仕事が好きである」という点が非常に重要になってくると思っています。

ランキングをつけるなら「第1位」です。

好きな仕事をしていれば、自然と仕事を効率化し、改善していくので、必然的に仕事が早くなっていくのですよ。

 

リクナビネクストのグッドポイント診断等で調べると、私の場合は「独創性」と「挑戦心」が強いと診断されるのですが、

スクリーンショット 2018-02-24 16.42.16

「自営業」という自分の性格に合った仕事をしているからこそ、私自身も今の仕事のスピードを維持する事が出来ているんですよね。

自分に合っていない「事務」とかやったら、途端に仕事のスピードが落ちます。大学生より遅いかも……。

 

自分に合った仕事をする事が大切なのです。好きな仕事をするべきなのです。

関連記事:これから仕事がどんどんなくなる中でどう生きるのか

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。