携帯2台持ちで月4000円安くする方法

スマートフォンが主流になってきた今、携帯電話の料金って本当に高いですよね。料金プランを考えに考えて最安でうまくやっても6000円代が限界です。

 

今回は

・端末のこだわりがあまりない

・とにかく安くしたい

という方向けへ月々の携帯代を極端に安く抑える方法をご紹介します。

 

 

なんでスマホの料金は高いのか?

 

 

スマホが高い理由は、それ自体が通信端末となり莫大な量の通信をできるようになったからです。

請求書の料金内訳をみると分かりますが

一番値段が高い項目はデータ通信パック、だとか、LTE使い放題プラン、といったものだと思います。

昔のガラケーと違って動画を見たり、音楽をダウンロードして聴いたり、アプリでゲームをしたり、様々なことができるようになった分ものすごく高くなってしまったんですね。

 

 

スマホでできること

 

 

スマホには大きく分けて3つのお仕事があります

 

①固有の電話番号を持ち、電話をかける

②キャリアのメールアドレスでメールのやりとりをする

③インターネット経由でデータの通信をする

 

先述したようにここで一番値段が張ってしまうのは③のお仕事ですね。

 

 

スマホとガラケーの2台持ちで安くする

 

 

簡単にいうとお仕事を分けて分散させましょうというお話です。しかし単純に分散するだけでは持ち物も多くなるし契約が増えるだけなので意味がありません。目的はあくまで③の値段を下げることです。

 

 

格安スマホと格安SIM

 

まず、スマートフォンにはSIMカードという小さな小さなチップが挿入されています。

このSIMカードにはその携帯の大事な情報が全て入っています

 

携帯電話の心臓部分。SIMカードを抜かれた携帯電話は何もすることができない抜け殻になってしまいます。

 

なのでSIMカードが入っていないいわゆる側の部分であるスマートフォン本体だけをまず調達します。

 

安いと1万円代で購入できますが、機能面を考えると満足に使えるのは2〜3万円代のものですね。機能きちんと調べた上で購入することをおすすめします。

 

側を購入した上で今度は心臓であるSIMカードの契約です。通信量が10Gいっちゃうくらいの人でも毎月3000円前後で契約できたりします。

 

 

 

今使ってるスマホを安くする

 

au、docomoのスマートフォンを使っている方は今使ってるスマホからSIMカードを抜いて新しい格安SIMカードを入れることで料金を下げることができます!

 

au、docomoのスマートフォンは他のSIMカードを入れても使えるようになっています。もちろん端末によって使えるSIMの種類があったりする場合もあるので、SIMの契約をする際は持っているスマートフォンの型番などできちんと調べた方が良いですよ。

 

残念ながらsoftbankをお使いの方はSIMカードがsoftbankのものでないと使えないようになっています。

それからiphone!これも他のSIMカードには対応していないので気をつけてください。

ただiphoneに関してはSIMフリーのiphone(どのSIMカードにも対応してるiphone)というのも発売されています。普通に契約すると端末代が毎月分割になるのと違い、

 

これは端末を一括で買わなくてはいけないので相当な出費になってしまいますが。機種にもよりますが安くて6万くらいからです。

 

この方法で注意してほしいことがあります。あくまでSIMカードは心臓部分ですので!電話番号やキャリア(docomo、au、softbank)のメールアドレスなどの情報が全部入ってしまっています!

使っているスマホからSIMカードを抜いてしまってはそのスマホでは今までの電話番号やメールアドレスは使えません。

 

じゃあどうしたらいいのか。

 

今使ってるスマホをガラケーに機種変更

 

 

これです。今使っているスマホを機種変更という形にしてガラケーに戻します。

そうすると機種変更だけなので電話番号もメールアドレスも変わりません。

 

お仕事などで携帯電話を使っていて電話番号やメールアドレスどうしても変えられない方も多いと思います。この方法がぴったり!

ガラケーで通話し放題のプランにしても電話とメールだけなら月1600円〜1800円くらいです。

メールは単価が高いのでLINE並につかってしまうと値段が跳ね上がりますがスマホを同時に持っていたらそういったこともあまりないでしょう。

 

 

いくら安くなるのか?

 

 

・ガラケー通話し放題+メール 約1600円

・格安SIMカード(月10G) 約2000円

で、月々4000円いかない!!!

 

SIMフリー端末を用意するところから始めるならば初期費用が2〜3万かかりますが、毎月今より2000円〜5000円くらい安くなることを鑑みれば最低でも1年これでやっていけばもととれます。

 

 

2台持ちのメリットデメリット

 

 

もちろんデメリットだってありますからね、そこが乗り越えられる方のみ試してみてください。

 

メリット1:とにかく安い

 

なんたってこれです。スマホ1台でオプションや保証やら端末代金合わせると大抵の人は1万円くらい月々いっていると思います。半分以下ですよ。

 

メリット2:ガラケーは電池持ちがいい

スマホに変わった時みんなが思ったことですよね。通話をガラケーでやる、となればさらに電池持ちの良さを活かせると思います。

 

メリット3:契約の2年縛りがない

2台持ちでは端末自体を先に購入してしまうので2年縛り、みたいなものがありません。SIMカードも1ヶ月単位で契約できたりするのでいろんなプランを試したりいろんな会社のものを試したりできるのです。

 

 

 

 

デメリット1:2台持たなきゃいけない

重い!役割分担して使うわけですからね。ちょっと煩わしさはあると思います。安さをとるか利便性をとるか。難しいところです。

ただ実は格安SIMカードが格安スマホと一緒に契約できるプランもあったり、

今回紹介しているSIMカードは電話番号の付与がないものですが、電話番号がついているSIMカードなどもあってそれなら1台で安く使うことも可能です。電話番号変わっても良い!っていう方はぜひこちらを。また今度説明します。

 

デメリット2:契約がややこしい

 

契約が分かれてしまうので請求も別々できます。ガラケーの請求とSIMの請求と。これはちょっとめんどくさいかもしれないです。

 

 

 

今回は一番シンプルに安くする方法をご紹介しましたがこだわりがあったりする場合は安くするにもいくつか方法があるので自分にあった方法で安くするべきだと思います。

またおいおい紹介しますね。

 

今回はこの辺りで。